巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune57

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.20

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                五十七

 永谷は皮林育堂の声に打ち驚き、跳ね退(の)いて、暫(しば)らく旅商人の老いた顔を、つくづくと眺めると、旅商人は何か満足の様子で、
 「オオ、永谷君、君さえも此の旅商人を、皮林育堂と容易に見破ることが出来ない程なら、此の姿で此の屋敷に入っても、誰にも皮林育堂と悟られる気遣いは無い、先(ま)ア安心だ。」
と云った。

 永谷は又一層驚いて、
 「エ、皮林君」
と叫んだが、真に是れ皮林である。彼れ皮林育堂が、この様な旅商人に、其の姿を変えて来た者である。皮林は笑いながら、其の帽子を取り、
 「良く先ア僕の顔を見て呉れ給え。」
と云って、其の前額を撫でたが、見ると彼れ、其の白い顔を、日に焼けた鳶色(とびいろ)に染めて、幾筋と無く皺を描き、手の先に至るまで、非常に萎(しな)びた老人の手の様に作ってある。

 能々(よくよ)く見ると、彼であることは見間違えるはずは無いが、誰でも一目で、此の穢(むさ)くるしい老人の事を、昨日まで常磐(ときわ)家の客室に、賓客の一人として扱われて居た、社交界の人であろうとは、思いもよらないだろう。彼は更に呆れている永谷の顔を眺めて、

 「何も君、夫(それ)ほど驚く事はナイよ。是くらいに姿を変える事は、誰にも出来る事だ。君でも絵の具を買って来て、顔を黒く塗って見給え、皺(しわ)などは描かなくても、又衣服は其の儘(まま)で居ても、見違える様になる。まして日頃と全く違う風をして、見すぼらしく構えて居れば、誰でも看破する人は無い。難しいのは声を変えることだが、幸い僕は声を変える術を知って居るから安心だ。」

 永谷は聞くうちに漸(ようや)く心も落ち着いて来た。唯だ何故に皮林がこの様に姿を変えて来たのだろうかと、其の用向きが理解出来なかったので、
 「だけれど君は何だって姿を変え、此の屋敷へ忍び返った。」
 皮「新夫人と駆け落ちして、不義者と見做(みな)されて居る皮林育堂が、姿を変えずに此の屋敷に、寄り付かれる者か。」
 永「イヤ姿を変える必要は分かって居るが、此の屋敷へ帰って来た必要が分らないよ。何も危険を冒して、返らなければならない様な用事は、無いじゃ無いか。」

 皮林は独り呑み込んだような口調で、
 「イヤ有るよ。未だ肝腎の用事を残して有る。仏だけは作ったが未だ魂を入れずに置いて有るから、其の魂を入れに来たのだ。」
 是れは抑(そもそ)も何の意味だろうか。彼の企計(たくらみ)は、実に恐ろしい迄に良く行われ、唯だ不思議と思われる程だが、彼れはまだ肝腎の魂を入れずに有ると云う。

 彼れがこれ程までに云うからは、今までよりも、もっと恐ろるべき企計(たくらみ)を持ち、それを成し遂げる為ではないかと、永谷は急に身震いが催して来るのを覚え、強いて自ら我が身を落ち着けようと藻掻くばかり。皮林はそうと見て、

 「ナニ驚くにも恐れるにも及ばないよ。無言(だま)って僕に任せて置きたまえ。今にも召使いの者か誰か、茲(ここ)へ来るだろうから、僕は旨(うま)く其の者を欺(だま)して、此の屋敷の勝手口へ入り、今夜一夜、召使いの部屋か台所の隅へ寝かして貰う。君はもう男爵から勘当を許されて、此の財産の相続人と定(き)まったから、唯だ音なしく無言(だま)って控えて居たまえ。」

 彼の云う所は益々薄気味が悪い。彼召使いの部屋に泊り込み、如何(どの)様な企計(たくらみ)を施そうとする積りなのだろうか。永谷は聞くのさえも恐ろしい気がするので、敢えて聞こうとははしない。
 「夫(それ)にしても、僕の勘当が許された事が、何うして分かった。」
 「夫(それ)は君の顔色に浮んで居るよ。君が嬉し相に庭の景色を眺めながら出て来る様は、何うしても此の家の相続人取り立てられた人の様だ。此の庭も此の木も総て後々は己(おれ)の物かと心に数えながら来たじゃ無いか、エ、君、僕にはそこまで君の心が分るから、此の後も、君が僕を跳ね退けて、独りで旨い事を仕様としても爾(そう)は行かないぜ。」
と実に星を指す様に云う。

 永谷は何と答えて好いか分からない。暫(しばら)くして、皮林は又も永谷の顔を見詰めて、
 「だが君、君も良く考えて見給え。茲(ここ)まで仕事は旨(うま)く行ったが、未だ肝腎の事がし忘れて有ると気が付くだろう。」
 永谷は少しも悟らず、
 「ナニ、し忘れては居無い。僕は此の家の相続人に取り立てられて、夫で一切の本望を達した。」

 皮「君も本当に智慧が無いよ。名前ばかりの相続人が何で有難い。相続人と定まった上で、真に伯父から此の財産を譲られ、此の財産が全く自分の物に成って、初めて本当に目的を達したと云う者だろう。相続人と云う名を貰っても、一銭も自分で此の財産を自由にする事が出来なければ、名前倒れで仕方が無い。」
 永「其れは爾(そう)だけれども、財産が自由になるのは、伯父が死んだ後で無ければ。」

 皮「爾(そう)サ、君の伯父は何時死ぬ。今年が四十八,九だろう。未だ容易に死にはしない。取り分け身体も健康だから、僕の見受けた所では、八十か九十頃までも生きて居そうだ。そうすれば其の財産が君の物になるのは、今から三十年か四十年も後の事だよ。君が五十以上、そうだな、六十か七十の年に成って初めて当家の本当の主人になるのだが、君は六十になるまで部屋住みの儘(まま)で待つ積りか。」

 アア、此の言葉から察すれば、彼皮林育堂の意は充分に明白で有る事が分かる。永谷は未だ察する事が出来ないが、彼育堂は永谷が此の家の相続人と定まって、遺言状に其の名前の書き込まれるや否や、直ちに男爵を殺そうと云う積りなのだ。
 彼れが、「仏作って魂入れず。」とは、相続の権は永谷に移っても、更に男爵をも殺そうとの謂(いい)なのだ。


次(五十八)へ



a:198 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花