巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune60

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.23

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

              六十

 アア新夫人園枝は良人(おっと)の疑いを言い開く方法も無く、家を捨て栄華を捨て、再び浅ましい石畳の上に帰ろうとして、着の身着のまま立ち去って、何処かに行った。男爵は唯だ情夫皮林の許へ行った者とばかり思って、深くは探そうともしない。却(かえ)って益々打ち腹立ち、一室に退いて、全く園枝を寄る辺無い者に仕果(しおお)せ、再び此の家に帰ることが出来る手掛かりも、無い境遇に貶(おと)す為め、今までの遺言状から、園枝の名を削り捨て、更に永谷礼吉を相続人と定めた新遺言状を作ろうとする。

 是で夫婦の仲は全く破れ尽くし、憎むべき皮林育堂の深い企計(たくらみ)は、全く思う通りに運んだ者と云える。
 男爵がこの様にして、一室に退いて新遺言書を作ろうとするうちにも、彼れ皮林育堂は穢(むさ)くるしく旅商人に身を窶(やつ)し、窓の外から男爵の様子を瞬没(またた)きもせずに覗(のぞ)いていた。しかしながら男爵は、そうとは知らない。

 先ず今まで園枝を相続人と定めていた旧遺言書を取り出し、幾度と無く読み返して、つくづくと自分の身の鈍(おぞ)ましさ《愚かさ》を感じた様に、
 「アア、馬鹿な事をした。アノ様な女に此の財産をーーー、夫(それ)でも今気が付いたのが未だしも幸いだ。再び心が迷わない中に、早く新遺言書を作って仕舞おう。」
と言い、墨筆を取り出し、厚い紙を延べ開いて、其の文句を考えながら、徐々(そろそろ)と書き始めたが、何さま打ち続く心の激動に、非常に逆上した際なので、思う事も後や先に混雑し、文句も容易に出て来ず、唯だ其の赤く充血した前額に、点々と脂汗が伝わるばかり。

 頃は早や秋も末近く、汗が出てくる時ではないのに、男爵は幾度と無く前額を拭い、自らも煩悶《悩み苦しむ》するばかりだったが、
 「イヤ窓でも開ければ少し気持ちが好くなるだろう。」
と云い、立ち上がって彼の皮林が覗いて居る窓に行き、其の戸を開くと、皮林は早くも身を避けたので、其の姿は勿論男爵の目には留まらない。

 男爵は暫(しば)し前額(ひたい)を窓の空気に晒(さら)したが、吹き来る風も無いので、窓は閉めずに唯垂れ帳(まく)だけを引き、再び元の席に復(もど)り、又も遺言書を書き始めたが、凡そ一時間ほどにして、漸(ようや)く認(したた)め終わった様に筆を置いて、初めから読み直し、

 「アア是で好い。斯(こ)うして置けば、何時己(おれ)が死んでも、此の家の財産は安全だから、己は安心して仕事が出来る。爾(そう)さ、アノ皮林と云う奴を探し出し、犬猫同様に射殺すのが己の仕事だ。ドレ奥へ行き家扶と従者を呼んで来て、此の新遺言書が、全く己の正直な中に出来たと言う証拠に、二人を立会いに定め、己の名の後へ二人に記名させて置こう。」

 この様に言って、男爵は家扶と従者を呼ぶ為と覚しく、立ち上がって奥の間へ退いたが、今まで窓の外で息を凝らして待って居た皮林は、男爵の姿が次の間に隠れるや否や、直ぐにヒラリと身を躍らせ、窓を飛び越して部屋の中に身を入れながら、男爵が向っていた卓子(テーブル)を指して忍び寄ると、足音は深い絨毯に埋まって、少しも聞こえない。それに彼は身が軽い男なので、この様な忍びの業は慣れているのか、まるで泥棒猫が、人目を偸(ぬす)んで窺(うかが)い寄る様子に似ていた。

 やがて彼は静かに卓子(テーブル)に寄り添って、墨も未だ乾かない遺言状に向い、先ず其の初めと終わりを一目見て、
 「フム、是ならば正式だ。」
と満足そうに打ち呟(つぶや)き、更に其の本文を読み取ると、全く自分が推量したものと違わず、彼の永谷礼吉を相続人と定め、耕地、鉱山、家、庭園を初めとして、正金、証書、株券などの動産に到るまで、総て永谷に譲る旨(むね)を認(したた)め、夫人園枝の事は少しも記してなかった。

 又、男爵が他日如何なる有様で死するとも、其の死んだ日から、永谷礼吉を当家の主人とし、男爵と云う爵位まで継がせる事に定めて有る。
 皮林は嬉しさに、作った顔が頽(くず)れるほど打ち頬笑(ほほえ)み、

 「何も彼も総て己(おれ)の思う通りに成った。今夜の中に男爵を殺して仕舞えば、明朝から永谷が当家の主人で、数限り無い財産が己(おれ)の自由、イヤサ永谷の自由だから、己の自由も同じ事だ。善は急げと云う通り、悪事も矢張り急ぐに限る。今夜、爾(そう)だ。今夜の十二時か一時頃には男爵は冥土(あのよ)の人だ。」
と云い、更に何か考える様子だったが、

 「イヤ、斯(こ)う云う中にも、男爵が家扶と従者を連れて来て、己を捕えれば夫(それ)までだ。遺言さえ読んで仕舞えば、先ず差し当たりの用事は済んだ。危うい所に長居は無用、大事な仕事は人々が寝静まる刻限として、ドレ茲(ここ)を立ち退(の)こう。」

と云い、初めの様に窓を潜(くぐ)り、ヒラリと外に飛び出たが、彼若し一歩遅かったならば、其の自ら呟(つっぶや)いた様に、男爵に捕らわれたことだろう。
 男爵は実に彼が窓を飛び出るや否や、僅か毛抜きの隙間ほどの違いで、家扶と従者を引き連れて此の部屋に返って来た。


次(六十一)へ



a:216 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花