巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune61

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 六十一

 皮林が窓の外に忍び出るや否や、引き違いに家扶(かふ)
と従者を連れ、此の部屋へ帰って来た常磐男爵は、今まで皮林が茲(ここ)に居て、遺言の全文を読み去ったなどとは、思い寄る筈もなく、言葉短かに家扶と従者に、遺言を書き改めたことを告げ、夫(それ)に就いては、両人も立会人として新遺言書の終りに、銘々其の名を記す可(べ)しと命じると、両人は畏(かしこ)まって、各々筆を取り、名を認(しる)し終わった。男爵は吸い取り紙で其の濡れた墨を拭いながら、両人に向い、

 「この様に遺言書を書き改めた事に就いては、中の事柄を其の方達にも知らせて置こう。今までは夫人園枝を相続人として置いたが、此の新遺言書では又甥の永谷礼吉を相続人に復(もど)してやった。明日から永谷を此の家の後取として尊敬し、更に召使一同にも、心得違いの無い様に言い聞かせて置け。」

 両人は、
 「唯々《はい、分りました》」
と畏(かしこ)まって退いたが、後に男爵は更に其の遺言書を巻きも収めず、又も幾度か読み返して考えて見て、今までは唯腹立しい一方で、傍目(わきめ)も振らず、この様には運んでみたものの、運び終わって、彼れ是れ思い廻わすと、まだ心に穏やかで無い所がある。今宵の我が所業は、後で再び悔い恨む事は無いだろうか。一旦勘当す可(べ)き理由があって勘当した我が甥を、再び相続人に引き直すのは、不相当の所為ではないかなど、留度(とめど)無く考えて、終に決定的な確信が持てなかった。

 「イヤ先(ま)ア今夜は是で置こう。斯(こ)うして置いて、他日心の落ち着いた時、緩々(ゆるゆる)と考え直せば、其の時に又何とでも改められる。」
と呟(つぶや)いて、漸(ようや)く其の心を落ち着けた。
 此の時まで、まだ窓の外に控えて居た皮林は、最早や男爵が遺言書に立会人の記名まで済ませた事を見、是で先ず目的の一段は達したと云うもの。非常手段実行は、夜の更けるまで延ばすとして、此の上茲(ここ)に長居するのは危険の元、ドレ後ほどまで勝手へ廻り、待って居ようかと、其の儘(まま)ここを立ち去って、下男下女の寄り集う当家の台所へと廻ったが、

 下女下男一同は、此の旅商人の品物は、今まで来た幾多の商人より、価(あたい)が安いだけでなく、更に後々の愛顧を得る為と称し、数多の景品まで添えてある為、此の旅商人を喜ぶことは並大抵でなかった。
 夜の十時頃までに、彼の荷物の大半を買い尽くしてしまった。

 其の中に一同が寝に就く刻限となったので、彼旅商人は立ち上がって女中の一人に向い、
 「未だ裏の戸は開いて居ましょうネ、此の頃は世の中が物騒だから、私の立ち去り次第、厳重に戸締りをしなければ了(いけ)ませんよ。」
 尤(もっと)もらしい言葉を残し、裏門の方を指して去ると見せ掛け、其の実裏門に到らずに、再び男爵の居間の窓に行き、中の様子を覗いて見ると、男爵が先ほどから今までの間に、何をしていたのかは知る由も無かったが、彼の書き改めた遺言書も、其の他の書類もそれぞれ収め終わったと見え、卓子(テーブル)の上も片附いていたが、男爵の姿は以前の儘(まま)であった。

 依然として灯火の下に卓子(テーブル)に向い、前に延展(のべひら)いて熟々(つくづく)と眺めつつ有る一通は、遺言書では無い。古い書類では無い。先程夫人が此の家から立ち去る時、男爵に宛てて書き残した、一通の手紙である。男爵は読み終わっては又読み返し、無言で其の文句を味わうに従い、非常に心を動かされ無い訳には行かなかった。

 文句は実に罪深い女が、殊更憐れそうに書いたものでは無く、何も彼も是までと悟り尽くし、身の不運と諦めて、一切の望みを断った貞女の手紙である。泣きもせず訴えもしない所に、却(かえ)って悲しく打ち萎(しお)れた様子さえ思い遣られる。其の文には、

 「今となって思い当ります。私が貴方様と婚礼したのは、身の程を越えたもので、この様な不釣合いの縁が永く結ばれる筈はありません。私を名も無く身分も無い、乞食同様の有様から御救い下され、貴族の妻とまで御取立て下されました事は、有難過ぎた思し召しで、此の御恩に対し、私から貴方様に酬(むく)いる事は一つも無く、過ぎた身の上の恥、身の上の汚れ、並びに素性など、総て不釣合いの事ばかりで、一度(ひとたび)少しの行き違いから、深く深く疑われて、言い開きさえお聞き取り下さらないまでに、賤(いや)しめられました事も、全く私の不運に御座いました。

 過ぎた事は申しても仕方が無く、私は再び貴方様のご気色を損じない様、人知れず世を送りますので、かって園枝と云う女が、此の家に居たと云う事さえ御忘れの上、此の後を幸福に御送り下さって頂ければ、私の切(せめ)てもの心休めとなるでしょう。此の上は後々までも、貴方様の御立腹が私の身に掛りますようでは、私も甚(はなは)だ心苦しく思う所です。私の此の後の暮らし方は、聊(いささ)かもご心配下さるには及びません。

 貴方様のお蔭で、充分相受けることが出来ました音楽の教育は、身を助ける芸と相成り、何れに行くとも、糊口の道に差し支えは有りません。唯心残りは不義者の名を負い、貴方様の御疑いを解くことが出来ずに、立ち去る一条に御座いますが、是も晴れる時には、自ずから晴れる事だと、我が身に覚えの無い頼みとして、更に私の不義でない充分な證(あかし)は、貴方様の老友、病中にある小部石(コブストン)大佐へ申して置きました。

 明日は大佐から貴方様の御耳に入るかと存じます。大佐から唯一言お聞き取りの上、不義者では無い事だけは御合点頂ければ、私は人知らない所から出て、人知らない所に帰るのも、少しも恨みは有りません。誰一人、人の知らない所から、蔭ながら貴方様の幸福を祈るばかりで御座います。」
と有る。

 男爵は読むに従い、益々心が動いて来て、唯一言で不義者でない證(あかし)を小部石大佐に言い残して有りとは、如何なる証明だろうなどと、益々思い惑ったが、
 「イヤイヤ、斯(こ)う云う手紙を書くのが、偽りの旨(うま)い所だ。泣いたり訴えたりする様な、一通りの手管ある女では、己(おれ)を今まで欺く事は出来ない訳だ。悪女め、手管の上の手管を以って、未だ己(おれ)に後悔させようと、殊更らこの様な清げな手紙を書いたのだ。斯(こ)うして立ち去ると見せて、まだ此の近辺に忍んで居て、己(おれ)が此の手紙に動かされて、迎えに行くのを待って居るかも知れない。誰が此の上に欺かれるものか。」

と云い、其の儘(まま)手紙を畳たんだが、昨夜から数十時間に引き続いた心配に、流石男爵も疲れて、根が尽きたものか、頓(やが)て其の卓子(テーブル)に俯(うつむ)き、そのまま他愛も無く眠り始めた。
 窓の外に居た彼れ皮林育堂は、凡そ三十分間が程も男爵の寝息を伺い、

 「最(も)う大丈夫だ。今夜殺して仕舞わなければ、又何の様に気が変わって、再び遺言を書替える事になるかも知れない。」
と打ち呟(つぶや)き、以前の様に窓の中に忍び入り、抜き足で、眠っている男爵の背後に廻った。アア彼れ愈々(いよいよ)大目的を達する時が来た事を喜ぶ様に、背(うしろ)から男爵の姿を見て、ニヤリと満足の笑みを洩らす。

 是鬼、是魔、心ある人間とは思われない。


次(六十二)へ



a:258 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花