巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune62

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.12.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 六十二

 皮林が非常に満足気に打ち微笑む物凄い顔の下で、常磐男爵は、何の様な夢を見つつあるのだろう。
 唯だ呼吸の調子が、上がったり下がったりしながら、易々と眠るだけだった。
 皮林は如何にして男爵を殺すのだろう。片手を己(おのれ)の衣嚢(かくし)に入れ、衣嚢の中で、何物をか握り持って、敢えて出さない。

 其の儘(まま)四辺(あたり)を見廻すと、男爵が伏せている卓子(テーブル)の傍に、一個の小棚がある。其の上に二個の硝子製の瓶が載せてある。一瓶は男爵が常に嗜(たしな)んでいる銘酒を盛り、今一瓶は清き冷水を盛ってある。
 皮林は口の中で、

 「フム、今日の様に色々心を動かし、神経を刺激した夜は、愈々寝床へ移る前に、寝酒として、此の銘酒を呑んで行くに違いない。」
と云い、更に暫(しばら)くあちこちに目を配って、男爵が伏せている卓子(テーブル)の隅に、何物か白い布布(ぬのきれ)で蔽(おお)った、一品の在るのを見る。皮林は密(ひそか)に其の衣布(きれ)を取り退けて、其の蔽(おお)われた一品を見て。
 「ウム是だ、是だ。」
と打ち呟(つぶや)く。

 抑(そ)も此の品を何とするか。酒を呑むために備えてある、深い硝盃(コップ)である。きっと寝る際の用意にと、男爵が取り寄せて置いた者に違いない。皮林は之を見て、今まで衣嚢(かくし)に納めて居た、己の片手を引き出すと、其の手の先には、一個の小さい薬瓶を握っていた。是れこそ彼が、日頃数回の試験によって作り上げた、毒薬であることは疑う迄も無い。

 彼は其の口を抜き、静かに件(くだん)の硝盃(コップ)の中に五、六滴垂らし込んだものは、水よりももっと澄んでいて、有るか無いか分らない様な、露の玉である。こうして彼れは、其の硝盃(コップ)を元の様に、布巾(ぬのきれ)の下に蔽(おお)い隠し、

 「フム、斯(こ)うして置けば、暁方(あけがた)までに死んで仕舞う。己(おれ)が斯(こ)うして、毒薬を垂らしたとは、神でも気の附く事では無い。唯だ永谷礼吉だけは、或いは疑うかも知れないが、彼れは己(おれ)と同罪の様な者。幾度疑ったとしても安心だ。

 外の人は唯だ男爵が余り夫人園枝の事で心を痛め、心臓破裂で頓死したと、是くらいに思うだろう。さう思はせるには今夜が最も好機会サ。余り日が経って死ぬと、爾(そう)は思わない。旨(うま)い、旨い。唯だ一口に呑み乾せば、其のまま死んで仕舞うし、少し呑んでグヅグヅして居れば、死に切れずに多少は苦しむかも知れないが、それにしても助かりっこは無い。日の出るまで保(も)ちはしない。」

と呟く中に、彼の身はそろそろと早や窓際に近づいて、何の物音も立てずに、元来た様に、其の儘(まま)窓を潜(くぐ)り抜け、何人にも認められずに、庭の塀をさえ乗り越えることが出来たのは、彼の悪運が、未だ強い所と云うべきだろうか。

 この様にして、彼は悠々と立ち去りながら、町尽(まちはず)れにある、酒店も兼ねている宿屋を叩き起し、矢張り旅商人の姿の儘(まま)で、一夜の宿を求めたが、是からの彼の活動の様子如何(いかん)は、暫(しばら)く後に譲る。

 話は替わって、常磐男爵は彼、皮林が立ち去ってから、凡そ半時も過ぎた後、恐ろしい夢にでも襲はれた様に、突然驚き目覚め、非常に怪しそうに、身辺(みのまわり)を眺め廻して、
 「オオ夢で有ったか。先(ま)ア好かった。」
と云い、額の冷汗を押し拭って、

 「アア本当に殺されたかと思った。アノ園枝めが此の窓から忍び込み、匕首を持って己(おれ)の背(うしろ)に立ち、背(せな)から心臓まで、一突きに己(おれ)を刺し通した様に思った。仕合わせ、仕合わせ。併しナニ幾等妖婦でも真逆(まさか)に己(おれ)を殺す程の度胸は無いだろう。とは云え何とも図り知れない。己(おれ)に追い出されて、死に物狂いになれば、何の様な事をするかも知れない。夢が抑(かえ)って知らせたのかも知れない。

 爾(そう)だ、結局この様な夢を見るのも、先程己(おれ)がアノ園枝を疑いながら眠った所為(せい)だ。園枝め、己(おれ)が未だ遺言を書き直さないうちに、己を殺せば、此の財産が自分の物となり、所天(おっと)が無ければ、自由に情夫を引き入れる事も出来ると、この様な悪い了見から、今夜此の屋敷の何処かに隠れて居て、己を刺しに来るかも知れないと、先程もこの様に疑いながら微睡(まどろむ)んだ。夫だから夢を見たのだ。

 オオ未だ何だか胸騒ぎがする。夢が誠になるかも知れない。この様な時には、用心が肝腎だ。ドレ、斯(こ)う云う中にも、窓の外にでも、潜んでは居はしないか。」
と日頃心の健全な人にも似ず、非常に神経を動かして、将(まさ)に立って、窓の方に検(あらた)めに行こうとする折りしも、入り口の戸の外に足音があった。引き続いて砕ける程に戸を叩き、

 「又来たよ、コレ老友。未だムシャクシャと考えて居て、寝はすまい。茲(ここ)を明けぬか。」
と呼び立てるのは、確かに小部石大佐である。

 先程見た園枝の手紙に、唯一言で自分が不義者では無い事が分る充分の證明(あかり)を、小部石大佐に言残して有る様に記してあった。大佐が来たのは、夫(そ)の為で、夜の明けるまで待ち兼ねた者に相違無い。先には大佐の言葉で、心の重荷の弛むのを覚え、持つ可(べ)き者は老友なりと喜んだ男爵も、今は大佐に顔を合わせるのが、何となく煙たく思ったが、拒んでも拒むことが出来ないことを知っているので、仕方なく、窓の方に行こうとした足を返して、入り口に行き、内よりその戸を引き開くと、大佐は会釈も無く歩み入りながら、

 「老友、己(おれ)はもう、お前の馬鹿さ加減には、呆れて仕舞った。何だって罪も何も無い貞女を追い出した。エ、老友、お前は未だ老耄(もうろく)する年でも無いが。」
と頭紛(あたまごなし)に叱りながら、卓子(テーブル)の横に有る空き椅子にドカッと腰を卸(おろ)し、真に呆れた様に、男爵の顔を見詰めるばかり。男爵は充分な返事も出来ず、唯僅かに、

 「ナニ、自分に不義の覚えが有るから、自分から出て行ったのだ。己(おれ)が追い出した訳でも無い。」
 「オッと云うな、云うな、出て行かなければ成らない様に、お前が仕向けたから出て行ったのだ。立ち去る前に園枝夫人は、己(おれ)の病室へ立ち寄って、己に細々と云い残して行った。己は唯一言でお前の疑いを解き、園枝夫人の清い心を証明するのに充分な證明を得たから、それをお前に聞かせに来た。一層の事、お前と決闘しやうかと思ったけれど、真逆(まさか)に、確かな證明が耳に入らないほどの、お前でもあるまい。」

  不義と極まった彼の園枝に、その様な証明の立つ筈は無いと、男爵は思い込んでは居るが、まだ何となく心に穏やかでない所がある。何事を云うのだろうと、且つ怪しみ且つ気遣い、
 「一言に證明するとは。」

 大佐は武者震いに身を震わせ、
 「待て、待て、嫌な薬を呑んで来たから、変に咽喉が乾く。先ず水を一杯呑んだ上で言って聞かせる。」
と云い、彼の皮林育堂が毒薬を垂らして行った、恐るべき硝盃(コップ)を取り、何の遠慮も思案も無く、小棚から冷水の瓶を取って、大佐は手ずから波々と其の水を、其の硝盃(コップ)に注(そそぎ)入れた。

 アア誰か大佐の手を取り留める人は無いか。悲しい哉、其の人が有ろうとも思われない。


次(六十三)へ



a:229 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花