巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune73

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.5

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 七十三

 人の心ほど迷い易く、変わり易いものはない。若し男爵が、園枝の日頃の振る舞いが、如何ほど優しく、其の心掛けは、如何ほど美しかったかを思い廻せば、是ほどまでに園枝を疑い、是ほどまでに、園枝を憎む事は無い筈なのに、今は唯様々の事情に迷わされ、其の優しかったことも、美しかったことも、総て男爵を欺く為の企計(たくらみ)であり、偽りであったと思い、益々憎しみが募るばかりだった。

 横山長作の方も、初めて牧島園枝と称する婦人が、我が許に尋ねて来て、悪人の企計(たくらみ)に罹(かか)って、無実の罪に沈んだ一婦人を、救ってくれと請い願った、其の言葉に如何ほど真情が籠っているかを考え起せば、彼の婦人に、何の罪も無い事を察する事は、難かしい事ではなかったのに、彼は幾年の昔から、園枝の名前を耳に蓄え、此の女こそ船長立田を欺いて、迷わせた毒婦であると思い込み、唯恨みの一念を以って捜して居たので、園枝の名を聞くやいなや、外の事は思い廻す暇も無く、園枝の言葉が、如何ほど誠しやかであっても耳には入らず、只管(ひたすら)に憎い敵が我が手に落ちた事を打ち喜び、果ては此の婦人が、若し其の身に罪があったら、何の為に、故々(わざわざ)探偵人を尋ねて来ることが有るだろうかと云う事まで、打ち忘れていた。

 凡(すべ)て探偵を頼もうとするのは、自ら悪事働いた人ではなくて、必ず他人の悪事に罹(かか)った人で有る事は非常に明白な道理であるけれども、横山は探偵の身として、此の道理すら思い出す事ができなかった。

 園枝が情夫を作ったと云い、此の家の財産を奪おうと企計(たくら)んだと云い、男爵に毒を盛ったと云う言葉は、一々明白な事実の様に其の心に染み入り、最後に自分の主人とも言うべき、小部石大佐が、其の毒薬に罹(かか)ったと云うのに至って、彼は宛(あたか)も荒馬に鞭を当てた様に騒ぎ初め、園枝を法廷に引き出し、其の罪を発(あば)こうとする一念となった。

 「いや、是が若し世間へ洩れない前ならば、私は何の様な事をしても園枝の不埒(ふらち)を包み隠し、成る丈此の常磐家が、人の口端に掛からない様にするけれど、丁度此の屋敷へ、四方の客が集まって居る際に出来たことなので、園枝の不埒は、既に交際社会へ知れ渡ってしまった。多分、もう法廷まで知られたであらう。一週間と経たないうちに、仏蘭西(フランス)へまで響き渡るに違いない。

 ここまで人に知られた上で、何うして其の儘(まま)に、捨てて置かれよう。茲(ここ)で明らかにしなければ、常磐男爵は妻に不義をせられて、夫(それ)を罰する気力も無いのか、大事な親友を自分の妻に毒害せられ、其の親友の為、仇を復する義理をも知らないのか、去った夫人をそれほどまでに曲庇(かば)うのは、まだ未練が捨て切れないのではないかと、この様に笑われることは確実だ。

 こうなっては、此の私は生きて世間へ顔向けする事も出来ない。何うかお前の言う通り、アノ園枝めを、間逆(まさか)に、首切り台に引き上げると云うまでには行かなくても、早速捕えて、法廷に出して貰おう。夫(それ)にしても、園枝の居所が分るだらうか。何でも当分は、深く身を潜めて居るに違い無いが。」

 横山は嬉しそうに、
 「男爵、其の園枝は、既に私の手の中の捕えてあるのも同様です。居所が明らかに分かっています。と申しても、私の力では無く、全く天が此の毒婦の罪を憎み、私の手の中へ投げ込んで呉れたのです。明日私がロンドンへ立ち返れば、其の夜の中に捕縛します。」

 男「オオ、其れは有難い。」
っと男爵は喜んだが、心に又一種の恐れを持たないわけにはいかなかった。
 毒婦園枝は、唯我を欺いただけでは無く、我が妻となる前に、二度まで人殺しの大罪に連類せるかと思うと、其の悪事まで、法廷で発(あば)き立てられ、自分は、この様な大罪人を妻にした不名誉に、又世間から此の上にも笑われ、恥かしめられはしないかと、茲(ここ)に至って、殆ど心を平静に保つ事は出来なかった。

 又言葉を柔(やわ)らげて、
 「だけれど、私と婚礼する其の以前に在った園枝の罪は、もう発(あば)かずに置いては貰えないだろうか。」
と云うと、横山は皆まで聞かず、
 「男爵、其のご心配は無益です。良人(おっと)を殺そうと云う程の毒婦ですもの、其の前に人殺しの罪が有る位は当然です。前の罪を隠しては、後の罪が証明し難い事になります。」
 男「でも夫(それ)では余り私が、乞食女に騙され過ぎたように見えてーーーー。」

 横「御尤もでは有りますが、夫(それ)こそ五十歩百歩です。園枝を法廷に引き出す上は、有りたけの悪事を残らず発(あば)くのがかえって男らしく、目の有る人は結局貴方の磊落(らいらく)な所に感心します。」
 男爵はまだ何となく此の言葉に服し兼ねる所も有ったが、夫(そ)れもそうかと思い直し、是から更に幾時間か相談の上、万事を総て横山長作に打ち任せた。

 長作は、この様に手筈が定まった上は、此の夜の中に倫敦(ロンドン)に引き返し、一刻も早く園枝を捕縛する事にしようと云って、此の屋敷から出発するに臨み、まだ死人同様である小部石大佐に、暇を告げる為め、男爵と共に再び其の病室に入って行った。

 大佐は以前の儘(まま)の容体で、天上を眺めて寝台の上に横たはるのみだったが、其の気配から、何うやら横山長作の来た事丈は、感じて知っているように思われる。長作は非常に残念そうに、大佐の力無い寝姿を眺めた末、其の顔に己(おのれ)の顔を俯向け翳(かざ)して、

 「旦那様、横山長作です。貴方のお手紙を得て急いで参った長作です。私の顔が分りますか。此の声が聞こえませんか。」
 大佐は何の返事も無い。此の声が聞こえたのか、聞こえないのかすら、知る方法がないが、暫(しばら)くして、其の太い眼を動かした。

 長作は叫び声で、
 「オオ、有難い、私の声が通じたと見えて、此の顔をお眺めなさる。旦那様、私の声が聞こえるなら申し上げますが、もう御心配はいりません。貴方をこの様な全身不具者にした、毒害者が分りました。不義の為め、此の家を去った男爵の妻園枝です。」

 アア、此の語真に大佐の耳に入ったならば、飽くまで園枝夫人の清きを知り、夫(それ)が為に此の横山長作をまで呼び迎えた、大佐は如何ほどか立腹し、如何ほどか悔しく思う事だろう。きっと腹の中は、張り裂けるほどに辛らだろうが、大佐は泣く事も出来ず、叱ることも出来ない。其の悔しさ、其の腹立たしさを、外に現すことが出来ないのだ。

 横山は更に声を継ぎ、
 「旦那様、其の園枝と云う奴は、恐ろしい毒婦で、貴方の敵と云うばかりでなく、矢張り船長立田様の敵です。今は証拠も揃い、其の居る所も分かりましたから、直ぐに私が捕縛して、首切り台へ載せ、充分に仇を復して上げますから、ご安心なさい。」
と云うと、何の身動きもする事が出来ない大佐の目に、涙が殆ど泉の様に流れ出で、其の頬を伝い下った。横山も泣き声で、

 「オオ旦那様は嬉し泣きに泣いて御座る。オオ勿体ない、旦那様敵(かたき)は屹度(きっと)長作が取ります。」


次(七十四)へ



a:210 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花