巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune76

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                 七十六

 この様な所へ又も主人が入って来たので、二人は今迄の話しを止め、何気なく食事を続けることとなったが、其の中にも十口松三(まつぞう)は絶えず心が浮き立つ様に、口任せに様々の事を言い、自ら面白そうに打ち笑いながら、話の中には、時々皮林の犯罪を、他の事に托して持ち出し、皮林を窘(いじ)める様に仄(ほの)めしたが、皮林は此の剛敵に、我が命まで握られて居るのも同様な事態になったかと思うと、食も殆ど咽喉を通らず、勿論此の敵と負けず劣らず雑話を闘わせる勇気は無く、益々静かに沈みこむばかりであった。

 頓(やが)て食事が終わりに至ったので、十口松三は此の上も無い上機嫌で、
 「皮林さん、折角久し振りに逢ったのを、此の儘(まま)別れるとは少し惜しい事です。幸い私の部屋には最上等の葉巻煙草が有りますから、私と一緒にお出でなさい。寝る刻限まで二人でそれを燻(くゆ)らせながら、昔話でもしましょうよ。」
と云う。

 皮林は辞退もする事が出来ず、且つは恐れる中にも、彼が何故この様に、我に逢おうとして、この宿に来たのだろうと、怪しさにも耐えられなかったので、緩々(ゆるゆる)彼の心の底をも探る積りで、早速此の言葉に応じ、
 「では貴方の部屋へ行きましょう。」

 この様に言う中も、更に思うに、此の十口松三は、到底生かして置くべき奴では無い。我を其の部屋に招いて行こうとするのは、大胆不敵な振る舞いで、あくまでも我を侮(あなど)り、部屋の中で差し向かいになったからと言って、何事をも仕出かす事は出来ないと、嵩(たか)を括(くく)ってする事に相違無いけれど、彼が我を侮るだけ、我に取っては幸いである。

 充分侮らせ、安心させ、其の隙にこそする事があるだろうと、窮鼠却(かえ)って猫を食む譬えに洩れず、その決心を固めると、此の時松三は早や廊下に出て、

 「サア、主人、一寸其の手燭(てしょく)を見せて呉れ。大層暗い廊下だぞ。」
と云った。皮林は其の後に続いて出たが、心の中に一物あるので、
 「オオ、手袋を忘れて来た。」
と言って独り廊下から我が部屋に引き返し、荷物の中から鋭い小刀を取り出して、之を衣嚢(かくし)の底に収め、再び廊下に出ると、松三は主人と共に、遥(はる)か廊下の彼方で皮林を待っていた。

 松三の部屋は廊下の突き当たりにあり、是から主人を去らせて、皮林は松三と共に是に入り、彼の指し出す椅子に座ったが、松三は悠々と落ち着いて、急に話を始めようともせず、皮林は憎いと思う我が心を包みもせず、
 「貴方は何で私を此の部屋へ連れて来たのです。イヤサ私に逢う為に、故々(わざわざ)此の宿に来たと仰ったが、私に何の用事があるのです。」

 松三は依然として好機嫌で、
 「問わなくても大抵は、分かっていましょう。貴方の一命は既に私に握られて居るのだから、以後私の言葉に、充分従わなければならないと言う事を、承知させる為ですよ。何うです、貴方の様な悪人に、イヤサ何もかも好く知って居る人に、管々しく説法する迄も無い。是からは私の言う事に一々従いますか。」

 実に松三の言う事に一々従う外はない。彼に如何なる難題を出されるとも、之に従わなければ、覿面(てきめん)に其の罰を受ける事は確実である。しかしながら皮林は心に決する所があるので、
 「とんでもない、貴方の言葉に一々従うなぞとは、どの様な訳だか、少しも私には合点が行きません。」

 松三は相も変わらず笑い顔で、
 「それは素人に言う言葉です。私に言う事では有りますまい。常磐男爵が無事に生きて居て見れば、私の一言で貴方は、身の置き所も無い人です。第一男爵が園枝夫人と貴方の間に、少しの不義も無い事を知れば、今まで園枝を疑った事は済まなんだと思い、以前に輪を掛けて園枝を愛しーーー。」

 皮「イヤ、皆まで仰るな。男爵の心は、もう何事が有っても、再び園枝を愛する事が出来ないほど、恨みの極点まで達しています。」
 松「左様サ、園枝夫人を再び愛する事は出来ないにしても、貴方を恨む事は出来ましょう。私の考えでは、男爵が再び園枝を愛し、夫(それ)が為に又遺言書を書き直し、永谷を勘当して、貴方の今までの企計(たくらみ)を、水の泡にする時が来るだろうと思いますが。

 併し夫(それ)は他日の事、貴方が決してそうならないと仰(おっしゃ)れば、随分爾(そう)してお目に掛けますけれど、今云い争そうには及びません。唯茲(ここ)で貴方に好く承知させたいのは、毒薬の事柄です。小部石大佐を生涯の不具者にした、アノ毒薬が、貴方の手から出たばかりか、貴方が自ずから旅商人に化け、常磐家へ忍び込んで、男爵の硝盃(コップ)へ垂らし込んだと云う事が分れば、貴方の身は何うなります。」

 皮林は空とぼけて、
 「毒薬は全く園枝夫人の仕業でしょう。」
 松「フム、貴方は証拠が無いと思い、その様な事を云うが、私の手には確かな証拠が有りますよ。」
 証拠のあるべき筈はないとは思えども、猶(なお)不安心に耐えられず、
 「証拠とは何の様な品です。」
と何気ない振りをして問返した。


次(七十七)へ



a:208 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花