巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune79

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.11

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                 七十九

  松「今考えれば、成程私より先を越す人が有る筈です。私は男爵が婚礼した時、初めて目を附け、其の皮林育堂と云う人は、夫(それ)より幾年の以前から目を附けて居たのです。併し私は夫等(それら)の事情を知らず、自分の外に何の敵もない事と思い詰、安心して緩々(ゆるゆる)探りを入れて見ると、何だか様子がが怪しいのです。

 第一数年前に勘当せられた甥の永谷とか言う者が、急に勘当を許(ゆ)るされたばかりか、大分男爵に気に入られる様子などを、聞き込みましたから、早それを疑って、先ず永谷に目を付けると、永谷は悪人には相違ないが、自分で仕事をする程の悪人とも見えません。却って永谷の友達と称し、男爵家の客として逗留して居る、皮林育堂と云う人が、中々捷(はし)っこ相に見えるから、敵の張本は此の人だろうと、其の来歴を聞き糺(ただ)すと、彼が常磐家へ入り込んだのは、唯男爵夫婦が永谷と共に領地の景色を見に行った時、絶景の場所で絵を描いて居て、夫(それ)で男爵の気に入られたと言う事です。

 私は是だけで、その皮林が大変な食わせ者だと見破りました。勿論、世の中には田舎の風景を写し廻る画工の雛子(ひよっこ)も有りますけれど、外科医が丁度永谷礼吉の友達で、宛(あたか)も男爵夫婦の出先で出会(でくわ)すなど、余り物事が旨(うま)過ぎるから、私は充分に疑いを固め、それからと云うものは、其の外科医者の一挙一動、残らず私の耳に入りましたが、入る度(たび)に私も感心し、之は中々一通りの敵ではないと思いましたから、直ぐにロンドンへ出張し、今言う通り、貴方の化学試験所まで突き止めて来たのです。

 其の時の考えでは、貴方のもくろみは、多分園枝夫人を毒殺するのにあるのだろうと、私は斯(こ)う思いました。けれども園枝夫人の毒殺ならば、今と言って今直ぐにも出来る事。何も悠々と時日を過す筈もない。夫(それ)に貴方が急に夫人を毒殺する様子も無いから、さて変だと思っているうち、さしも親しかった夫人と男爵の間が、何と無く遠ざかって来るとの噂さ、此の噂を聞き、初めて貴方の企(たくら)みが私の思ったより、もっと深い事を知り、私は貴方の技量にも殆ど感服して仕舞いました。

 爾(そう)して見ると、園枝夫人に不義の名を負わせ、男爵を怒らせて、怒りの余りに遺言を書き替えさせ、爾(そう)して置いて、男爵を毒殺し、常磐家の財産を丸々手に入れる積りで居るのか、若いのに似合わない大望を企(くわだ)てる医者殿だと、実に肝の潰れるほど驚きました。

 併しナニ、其の様な大望が一年や二年で急に運ぶものではない。其の中己(おれ)が手を出し、大望を打ち破る時が来るワと、私は安心していましたところ、アノ遊山の日になって、又驚きました。聞けば男爵と夫人とが別々の馬車に乗ったと言う事。是は実に非常事態の現象だ。

 もう男爵の心では、夫人を不義者と疑いかけて居る。皮林の企みが、早やここまで進んだか。是では一刻の油断も出来ないと、私は自分で密(ひそか)に貴方の行動を見張るため、遊山場まで出かけて行きました。貴方ならば別当に化けるとか、乞食に化けるとか、顔をしかるべく絵の具を塗り、姿を変える所でしたが、悲しい哉、私は不調法で、姿を変えることが出来ない。何の様な危ない場合へ臨むにも、持って生まれた此の不束(ふつつか)な顔を、露出(むきだ)しです。

 その代り私には手下がある。多年法律を潜(くぐ)って飯を食うだけに、倫敦(ロンドン)に巴里にアメリカに、手紙一本で、どんな用でも代わりに行って呉れる、手下と言えば手下、相棒と云えば相棒、共に助け合う仲間が居る。

 特に此の土地には、私が『田舎屋』を買受た事を知り、何か目的があるのだろうと嗅ぎ知った仲間の者が、二、三人来ていますから、私は夫(それ)らの者に言い含め、自分で遊山場の近辺まで出張し、余所ながら見張っていると、食事のまだ済まない頃に、男爵が急に遊山場を引き上げるなど、追々合点の行かない事が出て来るのです。

 夫(それ)から暫くすると、手下の一人が注進《事件を急いで報告》して、貴方が隣村で一人の子供を雇い、沢山金を遣って、何かヤルボロー塔の事を細語(ささや)いて居たと申します。悉(くわし)くは分らないけれど、私は是を聞き、何でも今夜アノ古塔で、何かの活劇が有るだらうと、直ぐに古塔へ其の者を遣って置きました。所が果たせる哉、翌朝になり其の者から、恐ろしい報告が有りました。

 私は益々事の切迫を知り、何とか表面の運動を始めなければならないと思ったが、真逆(まさか)に、未だ其の夜の中に、男爵が遺言を書き替えようとも思わず、又その夜の中に、貴方が男爵を毒殺しようとも思わず、夫(それ)に又、私の仕方は貴方の様に功を急がず、なるべく天然自然に好い機会の現れるのを待ち、機会が有れば取り掛かるし、機会がなければ未だ時節の来ないものと諦めて、気永く待ち、なる丈露見を避けることに在りますから、その夜も敢えて騒がず、何か好機会が現れさうなものと、唯心で待って居るばかりでした。

 所がその夜も更けてから、貴方が旅商人に化けて私の家へ宿を借りに来ましたから、私はさては早や貴方が目的を達したか、何たる悪運の強い悪智慧に長(た)けた男だろうと、余りの事に呆れ返り、その夜は悔しいやら残念さに、私は少しも眠らずに明かしました。

 夜の明けるまで段々と考えて見るに、貴方の目的が旨(うま)く達して居たならば、貴方の秘密を知って居る事を種に、後々貴方を強請(ゆす)り、貴方の奪(と)った常磐家の財産を、幾分か食い取ろうし、若し貴方の目的が旨く行かずにいれば、矢張り自分の運動を始めよう。どっちへ転んでも只は起きないと、斯(こ)う思案を定め、今朝は毎(いつ)もより早く店を開け、独り戸口に見張っていますと、常磐家の下僕が通りました。

 其の者を呼び止めて聞くと、昨夜小部石大佐が男爵の硝盃(コップ)で水を呑み、毒に中(あた)って死人同様に成ったと言いますから、夫(それ)では天が未だ、貴方の様な悪人を勝たせないのかと、漸(ようや)く安心はしたけれども、夫でも下僕らの言う事は一々当てにも成りませんから、兎に角も、貴方の部屋に行き、貴方の胸へ一本釘だけ刺して置いたのです。

 爾(そう)して置いて、追々に探って見ると、全く下僕の言った通りですから、最早貴方の企(たくらみ)は全く是で破れた。これからが私の運動する番、夫にしても貴方の様な者が、まだ戦場の近辺を徘徊しては、少しの油断もならないので、今夜の中に是非貴方と充分に話しをつけて置こうと思い、夫で此の家へ来たのです。何うです、是で私の苦心も大抵は分かりましたでしょう。」


次 後編(八十)へ



a:205 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花