巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune80

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                 八十

  十口松三の一語一句、皮林育堂の身に取っては、一として驚きの種にならないものは無い。我より外に、誰一人知る者なしと思い込み、秘密に秘密を加えた我が企(たくら)みを、始めから終わり迄、残らず見張っていて、特に倫敦(ロンドン)の化学研究所まで調べた人があるとは、実に思いもよらなかった。

 然も此の人の身の上に就いては、我に於いて、毛頭《少しも》知る所なく、唯、『多年法律を潜(くぐ)って世を渡たって来た。』と云い、『三週間以前に「田舎屋」を買って、此の地に来た。』と云う丈は分ったが、其の外の事は更に分らない、天から降ったか、地から湧いたのか、其の素性、其の来歴、少しも知る方法が無い。

 我は彼の一点の弱味さえも握っていないのに、我が弱味は悉(ことごと)く彼に握られている。如何にして彼と戦うことが出来るだろう。
 流石の皮林育堂も、松三の話の終る頃は、唯ブルブルと身を震わすばかりであったが、漸く其の終わるのを待ち、

 「シタが貴方の目的は何処にあります。夫(それ)だけの事を私に話し聞かせて、私を如何するのです。」
 松三は又も煙草を燻(くゆ)らせながら、
 「イヤ、唯私の命令に従えば好いのです。この後にしても、貴方の一挙一動は総て私に分りますから、私の目を忍んで、未だ常磐家を付け狙うと云う様な了見を捨てて仕舞い、今までの深い企みは総て水の泡になったものと諦めなさい。

 此の土地に居た所で、貴方は此の上何の仕事をする事も出来ません。強いて仕事をしようと思えば、私が貴方の罪を発(あば)きます。夫(それ)だから音なしく倫敦(ロンドン)へ帰り、静かに私の指図をお待ちなさい。静かに倫敦で隠れて居て、再び常磐家へ近づきさえしなければ、私も無事に貴方を助けて置き、其の中に私の運動がよく運べば、又貴方を道具に使う場合も有りましょうから、其の時には私から第二の命令を発します。

 詰まる所は、全く私の道具になり、少しも私の言い付けに背かない様にしろと云う丈です。サア何うです、おとなしく私の道具になりますか。夫(それ)とも私の敵になり、今までの罪を発かれますか。二つに一つ、貴方の好きな方を選び、ご返事を願います。」

と非常に落ち着いて言い聞かせたが、皮林はどちらとも返事をすることが出来ない。此の人の道具ならば、生涯我が頭の挙がる時は無い。若し道具にならないと云えば、この様な非常な悪人なので、如何なる手段を以って、我を滅ぼそうとするか分らない、唯一思いに此の者を殺す外には、一も逃れることが出来る道はない。

 皮林は衣嚢(かくし)の中に、小刀を収めて来た事を思い出し、何とかして、少しの間此の者を油断させ、隙に乗じて、咄嗟の間に襲おうと、窃(ひそか)に度胸を定めて、其の言葉を曖昧にし、
 「貴方の道具になるとは、何の様な事をするのです。」

 松三は其の言葉に由り、早皮林が幾分か折れて来たと安心したのか、口の当りに勝ち誇る様な笑みを現し、
 「道具と云えば、無言(だま)って私に遣(つか)われる丈の事です。私の此の後の運動は、益々秘密を要しますから、自分の道具とも言うべき人に向い、一々説明(ときあか)す事は出来ません。

 私には数人の手下が有りますが、其の手下は皆私の目的を知らず、唯私の指図を待ち、指図通りに働いています。貴方も其の通り、此の後私から、何(ど)の様な指図を受けても、唯その指図の儘(まま)に運動すると言う覚悟で、静かに待っている丈の事です。」

 益々図に乗る様な言い分に、皮林は愈々此の者を、一刻も早く刺し殺さなければならないと思うが、松三は更に悠々と、
 「何(いず)れにしても、貴方はもう私を殺すより外に、助かる道は有りません。私を殺しますか、夫(それ)とも私の道具に成りますか。殺すなら今夜ですよ。今茲(ここ)ですよ。」

と非常に大胆な言葉を放ち、自ら皮林に背を向け、窓の方に立って行った。此の振る舞いに、皮林は気を奪われ、殆ど茫然として、自失する程だったが、真に彼を殺すのは今である。彼が我に背を向け、窓際に立つ今こそ、彼を背後から刺し殺す、唯一無二の機会なので、忽ち手に小刀を握って立つと、

 「今夜私を殺さなければ、此の後、決して私を殺す場合は有りません。オオ、是は不思議、斯(こ)うして硝子(ガラス)戸に向って居ると、丁度背後に目の有る様に、其処で貴方の立ち上がる姿が、好く硝子戸に写ります。」

 皮林はドキリとし、さては此の者に図られたか、何処まで悪事に長けているか知れない男よと、只管(ひたすら)に呆れながらも、
 「ドレ、葉巻きを一本頂きます。」
と言いながら手を延べ、宛(あたか)も煙草を取る為に、立ち上がったように紛らすと、松三は更に硝子戸を推し開き、窓の外に首を出し、下の方を眺め見て、

 「皮林さん、御覧なさい、此の壁には窓まで蔦葛(つたかずら)が這い上がって、丁度縄梯子の様になって居ます。今夜私が殺されたら、此の蔦葛から、外の曲者が這い上がったと思い、誰も貴方を疑いません。」

 皮林は今度こそと、再び小刀を握って立ち、忍び足で、二足三足松三の方にそっと近付いた。


次 後編(八十一)へ



a:194 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花