巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune84

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  八十四

 警察と云う物は、最近二十年来に著しく進歩し、今の世に在っては、専ら一個人の権利と名誉と安寧(あんねい)《安泰》とを保護することのみに勉め、たとえ探偵吏であると言えども、出し抜けに名刺を出して、名誉ある家の主人に面会を求める様な無作法な事はなさず、職務の為、萬止むを得ない場合ならば、職務を隠して唯、
 「差し迫った大切な用務で、面会を乞い度い。」
と申し込み、さて面会した上で、四辺(あたり)に他人の無いのを見済まして、初めて職名を名乗るとか言う。

 しかしながら、三十年前の探偵は、それ程迄に人の身分と安寧を重んぜず、
 「探偵」
と銘打った己が名刺は、誰の家にも無遠慮に入り込むことが出来る、切手と心得て居たのである。だから探偵何某が、出し抜けに職名を傘に着て、汀(みぎわ)夫人に面会を求めたのも、其の頃に在っては怪しむに足りないと云える。

 此の時夫人は、宛(あたか)も教場の用事を終え、園枝の機嫌を見て、其の何故に良人(おっと)の家から出て来たのかを、徐(おもむ)ろに尋ねようと、今宛も園枝を呼び、我が居間に差し向かいになり、先ず序開きの雑話を試みて居る最中だったが、取次ぎ女の持って来た探偵の名刺を見て、最初は何かの間違いとばかり思い、

 「多分門違いだろう、茲(ここ)は探偵などの入り込む家ではないとそう云ってお返しよ。」
と命じると、
 女「イエ、もう私がそう申しましたけれども、先は門違いでない、是非とも汀夫人にお目に掛かり度いと云うのです。」

 此の時園枝も傍らに在って、此の言葉を聞いたけれども、勿論我が身が探偵吏に尋ねらるだろうとは、少しも思わなかったので、余所事(よそごと)の様に聞き流していた。下女は更に夫人の耳に口を寄せ、
 「夫(それ)に昨日から、此の家に怪しい男が見張って居る所などと思い合わせますと、何か警察で用事が有るのかも知れません。」
と細語(ささや)いた。

 夫人は忽(たちま)ち顔色が青くなるほど怒りを催し、
 「幾等警察でも、名誉ある此の家に目を付けるとは余り失礼だ。宜(よろ)しい、私がその人に逢い、矯(たし)なめて追い返して遣ります。」
と云い、其の儘(まま)立って、玄関の方に出ると、探偵は早や応接の間に入って、我が家の様に悠然と腰を下ろして控えて居た。

 成程その筋の探偵らしく、垢摺れて光る様な黒羅紗(らしゃ)の服を着け、片手に一冊の手帳を持っている。夫人はこの姿を見るやいなや、
 「オオ警察の犬とやら云う人はお前かエ。」
と一言に挫(ひし)ごうとすると、探偵は澄まし切って、
 「唯今差し上げた名刺に或る通りです。貴女が汀夫人でしょうか。」

 夫人は突っ立ったまま返事もせず、何と云って懲らしめて呉れようかと、暫(しば)し忙しく考えた末、
 「此の家は犬などの入って来る所でないから、早く帰って長官に、生憎垣根が破れて居なくて、潜(もぐ)り込む事が出来ませんでしたとそうお言い。」

 無礼な言葉を聞き捨てならないと、探偵は火の如く怒るかと思いの外、この様な扱いは到る所で受け、慣れて今は何とも思わないと見え、夫人の言葉も耳には入らない様に平気で聞き流し、
 「イヤ夫人、貴女に唯伺う事が有って参ったのです。当家に園枝夫人と云う方が居ましょうか。」
  
 汀夫人は此の語を聞き、名刺の表に刑事探偵と有ったのを打ち忘れ、さては常磐男爵が妻の行方を気遣って、探偵を頼み捜させているものとばかり思い込み、ガラリとその調子を変え、
 「オオ貴方は常磐家から夫人を迎へに、イエ昨日からもう来るか、もうお出で有るかと心待ちにお待ち申し、余りお出でが遅いから変だと思い、今園枝夫人に、様子を尋ねようとして居た所です。誠に何(ど)うもご苦労様。」

 探偵は以前の嘲(あざけ)りに動じなかった様に、此の愛想にも少しも動ぜず、殆ど機械的な声を発し、
 「何うか其の園枝夫人を是へお寄越しを願います。」
 汀夫人は良く聞かず、
 「では直ぐに寄越します、迎えの馬車も来て居ましょうネ。」

 探偵が、
 「ハイ」
と厳かに答えたのは、果たして如何なる迎えの馬車だろう。
 夫人は直ぐ元の部屋へ退き、非常に嬉しそうに園枝に向い、
 「サア私も是で安心だ。到頭来ましたよ、常磐家から馬車を持って和女(そなた)を迎えに、イエ余り遅いから、私も心配して居たが、是で先ア波風も収まった。迎えの者が和女に逢い度いと云うから、先ア逢ってお遣り。きっと男爵からの詫び同様の言伝(ことづて)も有るだろう。」

 園枝は合点が行かず、
 「只今の探偵は何(ど)うしました。」
 汀「其の探偵が男爵に頼まれ、和女(そなた)の居所を捜して居たのだよ。馬車を持って迎えに来たのだよ。」

 園枝は落ち着いて、物に騒がない質(たち)なので、この様な際にも、真逆(まさか)に警察の刑事探偵吏が、常磐男爵の為に、妻の行方を捜すだろうとは思わず、又常磐男爵に於いても、探偵などに我が行方を尋ねさせるだろうとは思わず、是には仔細の有る事だろうと腹の中にて早くも思案し、
 「其の探偵が私に逢い度いと云いましたか。」
 汀「云ったドコロか待って居るよ。」

 園枝は自ら刑事の被嫌疑者であるとは思わず、身に暗い所一は点も無いとは云え、此の頃、根も無い疑いばかり蒙(こうむ)って、家出する迄に立ち到った事を思い廻すと、更に又如何なる無根の疑いが、我が身に降り掛かかっているかも知れないと思い、

 「分りました、夫人、暫(しばら)く茲(ここ)にお待ち下さい。私が唯独りで逢って見ましょう。」
と云い、非常に鷹揚に応接の間を指して行ったっが、これが更にこの上の、不幸の淵に沈む本になることだと、露ほども知らないことは、仕方のないことであった。



次 後編(八十五)へ



a:183 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花