巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune86

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.18

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                 八十六

 園枝は馬車に乗せられて、何の所に連れて行かれるのか、自分では知らなかったが、かつて父となって我が身を養って居た、悪人古松の罪の為に、今我が身が拘引(こういん)《逮捕》して行かれるもので有る事を知った。

 初めは昔の汚らわしい境遇を思い出す、其の腹立たしさと、是から如何なる事に成って行くのだろうという、其の心配から、唯震え戦(おのの)くばかりだったが、如何ほど辛い目に逢うとも、我が身の今迄の辛さより辛い事の有る筈はない、今迄の辛さにさえ耐え忍んで、良く一身を支えて来たのに、此の後の辛さに耐える事が出来ない事があるだろうか。

 我が身は良人(おっと)とした常磐(ときわ)男爵から、女の身に有ってはならない、不義の疑いを受け、生涯の力を唯其の汚名を雪(そそ)ぐ為にだけ尽くそうと決心して家を出たのだ。茲(ここ)で自ら挫(くじ)け、其の決心を果たす事が出来ずに終わるべきでは無い。

 不義の疑いも人殺しの疑いも、受ける身は一つである。同じ決心を以って雪(そそぎ)ぎ尽し、再び此の身を、後ろ指さえも指す人の無い、清い地位に引き上げる迄は、死すとも気力を落としてはならないと、漸(ようや)く思い直して自ら励まし、毒虫の様な探偵と相乗りした儘(まま)、物をも云わず、泰然と落ち着いて馬車の行くが儘(まま)に任せて置くと、半時間も馳せた後、馬車は「ボウ、ストリート警察署」と札を掛けた、厳しい構(かまえ)の中に入り、石を敷き詰めた、冷たい廊下の入り口に留まった。

 茲(ここ)で馬車から引き降ろされ、総て被嫌疑人を入れて置く為に設けられたと覚しき、薄暗い一室に投ぜられたが、頓(やが)て彼の探偵は、同僚と見える一人を連れて来て、之に園枝の顔を示した。

 園枝は知らない人に、顔を見られるのも厭(いと)わしかったが、徒(いたずら)に顔を隠して、我が身に罪の覚えが有るため、他人に顔を見られる気力も無いかなどと思われるのは、更に辛いので、冷然として我が顔を其の人の方に向けると、何と愚かだったことだろう、その人は先の日、園枝が義侠心ある探偵と聞き、不義のの汚名を払う為、皮林の悪事を探偵して貰おうと思って、頼って行った、彼の横山長作と云う人であった。横山は園枝の顔を見、非常に満足そうに、

 「アア是だ、是だ、好く早く逮捕して来て呉れた。」
と以前の刑事探偵を褒めそやす様に云い、共々に立ち去った。
 園枝は我が身の為に、幾分の力にと思った横山が、却(かえ)って我が身を逮捕させた本人で有る事を知り、多少の失望をしないわけには行かなかった。

 しかしながら、今更其の仔細を怪しみ考えようともせず、総て我が身の不運不幸のため、一たび相接する人が、皆我が身の敵になるのだろうと、断念(あきら)め、何も彼も成り行きに任せて待つと、此の日は何の調べも無く終わり、長い一夜も漸(ようや)く明けて、
 「嫌疑のため逮捕した者は、遅くも二十四時間以内に調べを始めなければならない。」
と云う英国警察の掟の刻限が、将に尽きようとする、翌日の同じ頃に至り、初めて審問の場所に呼び出された。

 何事を調べられるのだろうと思うと、今は覚悟を決めた身も、今更の様に、多少の恐れは無いわけではないが、宛(あたか)も常磐男爵夫人として、常磐家の応接の間に歩み入った時と同じほど、威儀を正し、悠然として歩み行き、審問官に面すると、審問官は先ず、

 「其の方はかつてラトクリフと云う所に住し、古松と云う父に養われた園枝と同人であるか。」
と問い、
 「父の家を出たのは、何年何月であるか。」
と問い、園枝が有るがままに答えるのを待ち、更に、
 「其の方が家出する前に、父古松の家に於いて、船長立田と云う者が殺された事が有る、其の方は知って居るか。」
と問うた。

 園枝は当夜の恐ろしかった有様を思い出し、静かな顔の面に、我知らず血色を騒がせて、
 「ハイ、古松の家へ其の船長が来た事は知っています。」
と答えると、審問官は唯是だけで、
 「夫(それ)で好し。」
と頷(うなず)き、直ちに裁判の予審に移す旨を言い渡した。

 勿論、既に船長立田殺害の共犯として、令状まで発したものなので、委細は既に横山長作から、夫々手続きを尽くし、係官に書類を備えさせ、警察においては、唯人違いで無い事を調べる丈で、事足りるまでに運んで有る物に違いない。

 園枝はこの様な事迄は考える事が出来ず、唯命ぜられる儘(まま)に、此の日再び馬車に乗せられ、裁判所付属の未決監へと移された。


次 後編(八十七)へ



a:168 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花