巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune9

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                   九

 甥の永谷礼吉は真に鉄をも溶かす程の愛嬌ある笑みを浮かべ、手を差し延べて進み寄ったが、伯父である常磐(ときわ)男爵は石をも凍らせる程の余所(よそ)余所しさで、彼に我が手を握らせようともせず、却(かえ)って一歩背(うし)ろに退き、冷ややかに永谷の顔を眺め、親身の甥に云う様な打ち解けた言葉は用いず、全くの他人に向う様に、恐ろしいほど丁寧に、

 「イヤ、永谷さん、男爵常磐幹雄は唯だ正直な紳士とだけ握手の礼をするのです。貴方は紳士でも無く、正直な人でも有りません。」
と言い渡した。今迄幾度も伯父に叱られ、伯父の意見を受けたけれど、この様に落ち着き、この様に余所余所しい言葉を聞いた事は無い。

 しかしながら彼、未だ今迄の轍(てつ)を思い、伯父の怒りは我が弁巧で解き得る者と思い込んでいるので、驚きは驚いたけれど、敢えて恐れず、懐かしさに耐えられない様な音調で、
 「エ、伯父さん、貴方はまアー。」
と呼び掛けたが、厳重なる男爵の顔は弛(ゆる)みも動きもせず、依然として落ち着き澄まして、

 「イヤ、今迄私を伯父などと呼んだ事は、全然忘れて頂かねばなりません。伯父甥の関係は消えました。」
と云い、更に、
 「併し、話が多少長くなるかも知れませんから、先ず腰を卸(おろ)しなさい。」
と殆ど恭(うやうや)しいまでに腕椅子を指し示した。

 何というその仕向けの丁寧なことか。怒れる声は平気で聞き流す永谷も、怒らないこの声には、恐れを催さない訳けには行かなかった。さては今までの小言とは小言の質(たち)が違うのかも知れない、漸(ようや)く不安の想いを醸(かも)し、命の儘(まま)その椅子に寄りながらも、窃(ひそ)かに伯父の顔色を卜(うらな)うと、底の底まで唯我が身を賤しむばかりで、親身の愛と云う分子は一点も無い。

 男爵は迫(せ)かず、騒がず、
 「イヤ、今日貴方を呼び迎えましたのは、意見でも無く、立腹でも無く、真面目に言い渡し度い事が有ります。小事ならば貴方の行いが直れば許しもしましょう。立腹ならば心が治まれば解けもしますが、今日云う事は、生涯唯一度の言い渡しで、充分に考えた上の事で、解けても許しも致しません。」
と一寸の抜け道も無い様に断り置き、男爵は更に沈痛にして、しかも明白な音調で、徐々(そろそろ)と、

 「ハイ、今日限り、私と貴方とは全くの他人です。路傍(みちばた)に寝て居る乞食でも、私に取って貴方ほどの他人は有りません。分かりましたか。」
と念を押す。永谷は余りの事に、
 「エ」
と一言。

 常「イヤ永谷さん、今迄私は随分堪(こ)らへて居たのです。貴方の不身持ちが、何れほど私の耳に入っても、ナニ貴族の血筋だから、止む時は止むだろうとこう思って、大目に見ましたが、今と云う今。初めて貴方の本性が分かりました。最も確かな筋、ハイ、争うにも争われない、最も正直な親友から、貴方の卑劣な行いを、悉(ことごと)く知らせて呉れまして、初めて目が覚めたのです。兼ねて御存知の通り、私は充分に考えた上でなければ、物事を決しませんが、一旦決した上は、何事が有っても、その決心を動かしません。ハイ、今度は充分に考えて充分に決しました。貴方と私は今日限り、本当の他人です。」

 この伯父に他人とせられ、何を便(たよ)りに世を渡り、何を食らいて命を繋(つな)ごう。男爵はこの所まで察したと見え、
 「併し、貴方は今迄乞食としては育てられず、貴族として育てられた丈に、乞食の仕方は知らないでしょう。依って、乞食丈はせずに済む様に、一年二百金の割りで、月々貴方に支払うよう、銀行に言い付けて有りますから、一ヶ月十六金余り銀行から受け取って、乞食の苦痛だけはお逃れなさい。尤も、月々十六金を受け取る外、前借も何も出来ないようにして有ります。」

 アア、一年に二百金、貧民の身に取っては、命を繋(つな)ぐには足りるが、今迄の永谷の身としては、一月の小遣いにも足りない。交際の為には、一日、否一時間に幾百金入用の場合すら有り、一年二百金とは、殆ど無いにも劣る程なので、永谷は是で我が身が、再び世間に顔さえも出す方法が無い零落の谷底に、深く深く沈み込み終わるのを知り、躍起となって、

 「エ、伯父さん、何の罪で私をこの様に邪険に成されます。」
 常「何の罪、ハハ、何の罪が有ると問うよりも、貴方の身の何所に罪の無い所が有ると問いなさい。まだ合点が行かないとならば、ここに二通の手紙が有ります。その手紙を見れば、貴方は何れほど不義非道で、何れほど残忍酷薄かと云う事が分かります。」

 永谷は伯父に隠れてする振る舞いが、悉(ことごと)く伯父に分かるべき筈が無いと頼み、更に仔細に聞けば、何の様にしても弁解の道は有るだろうと頼んでか、
 「手紙とは、何の様な手紙です。」
と勢い強く問掛る。

 常「イヤそうお問に成らなくても、唯今貴方にお目に掛けます。二通とも貴方に宛てた手紙ですが、貴方は気に留める必要も無いと思ったか、読んでそのまま放って有ったのを、ある人が拾い上げ、種々(いろいろ)の事情で、私の手に渡りました。何うも悪い事は出来ない者です。」

と云いながら、衣嚢(かくし)から古い手紙二通を取り出し、これを渡すと、永谷は先ず上の一通の上書きを見、顔を火の様に赤くしたけれど、まだ服罪する様子は見えなかった。


次(十)へ

a:229 t:1 y:1
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花