巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune90

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  九十

 流石に皮林は智慧の捷(はしこ)い男だけに、唯水谷の話を聞いたのみで、早くもその古松と云う悪人が、即ち自分を脅(おびや)かす、彼の十口松三と同人であることを推量することが出来た。彼十口が、常磐家に対して運動しようとする、其の運動の何事なるかは知る事が出来ないが、園枝を種にする見込みである事は、彼の言葉の節々から明らかである。

 彼が園枝の父でなければ、どうして態々(わざわざ)この土地に来て、酒店までも買い求める事があるだろうか。又園枝を種にして、常磐家に運動しようとする、大胆な心を起す事があるだろうか。彼は全く園枝の父古松である。

 今までは彼に我が身の悪事ばかりを知られ、彼の身の上と言っては、少しも知ることが出来なかったため、空しく彼に劫(おびや)かされ、如何ともすることが出来なかったが、既に彼の旧悪が分り、特に彼が多年探偵横山長作に、探索されつつ有る事迄分ったからは、我が一命を彼に握られるのと同じく、彼も又其の一命を我に握られるものである。

 我れ彼を恐れれば、彼も又我を恐れるだろう。阿容阿容(おめおめ)と彼に苦しめられる謂(いわ)れは無しと、少しの間に思案を定め、深くは考へ廻さなくても、早や逆さまに彼を脅(おびや)かす心となったので、永谷礼吉へは言葉短く、二、三の指図を残し、今夜の中に彼十口の住いである「田舎屋」に行き、彼に逢おうと、其の儘(まま)此の場を立ち去って、木々立ち茂る裏手の道を僅(わずか)に四、五間も歩んで来ると、此の時背後から、非常に静かに皮林の肩に手を掛け、

 「大層旨く乞食音楽師の姿に化けましたネ。私より外の人は、とても是が皮林育堂さんだと見破る事は出来ません。」
と云う者あり。皮林は驚いて振り向き見ると、これは抑々(そもそ)も如何したことだろう。彼十口、彼古松当人が、満面に勝ち誇る笑みを浮べて、皮林の後ろに立っていた。天より降ったか地から湧いたかと、皮林は怪しんで、両の眼を見開くばかり。暫(しば)しは言葉も出なかったが、古松は更に笑いながら語を継いで、

 「私の身の上が分かったため貴方はきっと満足でしょう。全く貴方の推量通り私は一頃古松と知られた悪人ですよ。人殺しの罪も二度や三度は犯して居ます。今度来た探偵の横山長作などは、必死に私を探して居ますが、目と鼻の先に居て未だ捕える事が出来ません。」
と云い終わって、四辺(あたり)にも頓着せず、大声で打ち笑った。
 此の大胆な仕打ちに、皮林は再び肝を奪われ、此の古松め、若しかして此処で、我を殺して仕舞う心ではないか。夫(それ)が為、少しも我を恐れない者ではないかと、空しく古松の顔を見るばかり。

 古松は更に平気で、
 「腕力(うで)づくなら到底貴方は私に敵(かな)わないから、茲(ここ)で貴方の咽喉を絞めて置いて立ち去れば、誰も私の仕業だとは知らず、貴方は全くの犬死ですが、併しナニ、安心しなさい、皮林さん、私は貴方の様な貧乏人を殺すのは大嫌いですよ。殺して一文にもならない上に、後で露見を防ぐ丈の心配をしなければならない。夫(それ)では間尺に合いません。何と爾(そう)ぢゃ有りませんか。アハハハハ。」
と再び笑うのは、是も皮林の心の中を見抜いての事のようだ。
 皮林は一語さえも発することが出来ない。

 古松は大胆に、
 「実はネ、昨夜倫敦(ロンドン)から此の屋敷へ、横山長作が来て今日匆々(そうそう)に立ち去ったと云う。其の様子が変だから、店に来る当家の雇い人達に聞いたが、充分には様子が分らず、自分で直々に探って見る外は無いと、毎(いつ)になく当人自ら酒や肉類の御用を聞きに、此の勝手口へ出かけて来たのです。

 そして余所ながら様々の事を聞いたが未だ分らず、殆ど困って居る中に貴方の相棒、アノ永谷礼吉が欝(ふさ)ぎながら裏庭に出た様だから、丁度猟犬が獲物の匂いを嗅ぎ知るのと同じように、私も風の匂いで何か獲物が有るだろうと、横合いから先へ廻り、アノ裏門の片隅に隠れて居ると、思った通り貴方と永谷の密会です。

 永谷の言葉で、アノ横山長作が私を尋ねて居る事も分り、其の外知りたいと思う事も大抵は分りました。私は貴方の様に姿を変える事は出来ないが、永年悪事に苦労する丈、人目を忍んで身を隠す事は人並み優れて心得て居ますから、貴方にも永谷にも悟られずに、今の問答を聞いたばかりか、貴方が私の旧悪を聞いて、嬉しそうに目を光らせた有様迄見て取りました。如何です、私が古松と云ふ悪人と分かった為に、貴方は何とか私を取りおさえる、旨い筋書きでも思い付きましたか。」
と図星を指す様に問うた。

 皮林は一句毎に驚いて、此の男実に古今の大悪人にして、到底我が力の及ぶ所ではないと迄に思ったが、弱味を見せてはならない場合と、殊更に大胆な彼古松と同じ口調で、
 「何も筋書きと云うようなものは有りません。唯折を見て、横山長作に向い、お前の尋ねる古松と云うのは、十口松三と名乗って、「田舎屋」の主人と成って居ると密告する丈の事ですワ。」

 冷然と言い放つと、古松は心の底から、可笑しさに我慢が出来ないと言った様に又噴出し、
 「貴方は悪人に似合わない浅墓な人ですよ。その様な浅い智慧で何うして今までの仕事が出来たのでしょう。」
と云い、更に何事をか語り出そうとする。悪人と悪人との駆引きは到底通常人の想像し得る所ではない。


次 後編(九十一)へ



a:180 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花