巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune91

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.23

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  九十一

 古松は漸(ようや)く笑いを鎮(しず)め、殆(ほとん)ど親切に説き諭(さと)す様な調子で、皮林に打ち向い、
 「皮林さん、貴方は私の身の上と旧悪を聞き込んだ嬉し紛れに、深く考えずに私を威(おど)すのです。先ず私の事を、其の探偵横山長作に、密告するとして御覧なさい。私は直ぐに捕らわれます。

 ハイ捕らわれますが、貴方の身はどうでしょう。私が貴方の悪事を言い立てずに居ましょうか。私も未だ夫(そ)れほど耄碌(もうろく)はしていない積りです。貴方に密告されたと思えば、そのお返しに、貴方の悪事を述べ立てるのは勿論のことです。

 貴方が永谷礼吉と腹を合わせ、種々の悪事を働いた事から、男爵を毒殺しようと企てた事。其の毒殺の為に、毒薬を製造した手続きまで、残らず言い立てて仕舞います。爾(そう)すれば貴方の身は破滅です。貴方は自分の身を安全に仕度いならば、成るべく此の古松が、その筋の手に捕われない様、心に祈って居なければ成りません。

 古松が捕らわれれば、翌日は貴方が捕らわれます。斯(この)様な訳であってみれば、貴方が私を訴えると云うのは、唯脅(おど)しに極まって居る。決して本当に密告する事は出来ません。私は探偵横山長作を恐れるけれど、少しも貴方を恐れません。貴方が何の様に威しても平気です。何と爾(そう)では有りませんか。サア密告するなら、今直に密告して下さいと斯(こ)う云い度くなって来ます。」

 云われて見ればなるほど其の通りである。皮林の身として古松を密告するのは、真に自分の破滅を招く基である。この様な見易い事柄さえ考えず、嬉し紛れに古松を脅かし、却(かえ)って我が虚喝を見破られたことは、不覚の上の不覚だったと、皮林は窃(ひそか)に我が心の到らなかったことを悔やむと、古松は更に語を継ぎ、

 「サア、貴方は私を密告すれば自分の身が亡びますが、私は貴方の悪事を訴えても、決して自分の身が亡びません。何故ならば、私が捕まれば、即ちその筋へ、貴方の犯罪の証拠が手に入るのも同じですから、貴方は何うしても、言い抜けの道が無い事となって仕舞います。貴方は幾等悔しくても、私が其の筋へ捕縛されない様、即ち自分の悪事の証拠が、その筋の手に入らない様にする外は有りません。

 夫(それ)ですから、私はたとえ貴方の悪事を、其の筋へ密告した所で、貴方から私の旧悪を述べ立てられる恐れはないと見て、何時でも気の向いた時に、貴方の悪事を訴えます。何と皮林さん、貴方と私は互いに悪事を知り合って居るけれど、天地の違いが有りましょう。私は少しも貴方を恐れるには及ばず、貴方は私を恐れなければ命は有りません。

 斯(こ)う道理がが分かって見れば、貴方は矢張り私の言葉に従わなければならない者。サア私が言い附けた通り、此の土地をお去りなさい。三日の猶予は明日で尽きますから、明後日、未だ貴方の姿が此の近辺に見えたなら、私は直ぐに訴えます。古松は、口先ばかりで人を威す様な、けちな悪人では有りません。云う丈の事はきっと果たしてお目に掛けます。」
といつもの笑顔とは打って変わり、殆ど恐ろしいほど厳かな顔色で言い渡した。

 既に彼に度胸を呑まれた皮林なので、恐れまいとしても、何やら恐ろしく、直には返事も出来ないでいると、折りしも男爵家から、誰やら出て来る足音がしたので、古松は我が家を指し、皮林は木の陰へと、各々左右に別れた。

 後に残って皮林は、熟々(つくづく)と考えて見ると、古松の様な邪魔者が現われては、到底此の地に長居して、自由に活動することは出来ない。残念ながらも、暫く何処かに身を潜めるのが安全であろう。夫(それ)にしても、我が立ち去ったその後で、彼古松は如何なる行動を試みる積りだろう。彼は園枝の父なので、園枝を種とする事は確実である。

 皮林は更に木の陰に身を隠したまま、推量に推量を重ねると、古松の企みは、大方は分って来た。
 彼と我とは火と水との様に、全く反対の活動を試み様とする者である。我は園枝を罪に落とし、男爵の愛想を尽かせたが、彼は必ず園枝の無罪を証明して、再び男爵の愛を得させ、園枝を男爵家の主人同様の地位に直し、其の上園枝から、何とか利益を得ようとする手段に違いない。此の外には全く手立ては無い。

 そうだとすると、彼は遠くない中に、何とか口実を設けて常磐男爵に面会し、園枝が不義者では無いことを云い開き、あの遊山場の事からして、ヤルボローの古塔に一夜を明かした様子を初め、毒薬の一条まで、総て罪を我皮林育堂に帰し、全く園枝の冤罪(えんざい)を雪(そそ)ぎ、男爵の心を、昔の愛に返らせようと努めるに違いない。

 彼はこの様な企みを持つからこそ、我を此の土地に置いては、何時常磐男爵を殺すかも知れないと気遣い、しばらく我を取り除ける者だろう。彼がこの様な心ならば、我は何事が有っても、此の土地を立ち去るべきではない。立ち去れば、今迄の骨折りを全く彼に奪われる事になる。爾(そう)とは云え、此の土地に止まれば、彼が怒って、我を如何(いか)なる目に合わせるか、分らない。如何したら好いだろうと、思案に暮れるばかりだったが、犯罪に慣れた皮林の事なので、其の工夫は少しの間に湧いて来た。

 「そうだ、如何しても彼の家に忍び入り、彼を殺して仕舞う一方だ。」
と呟(つぶや)いて、目を物凄く光らせながら、木の陰から立ち上がった。


次 後編(九十二)へ



a:189 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花