巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune93

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  九十三

 園枝は実に判事を忘れ、法廷を忘れ、唯憤然として、其の所から立ち去さるばかりの、身構えだったが、咄嗟(とっさ)の間に脳髄は稲妻の様に働いて、忙しく考えて見ると、判事が、「恐ろしい毒薬」と云ったからには、我が立ち去った後で、男爵が毒害に罹(かか)ったのに相違無い。アア、男爵は死んだかと、驚き騒ぐ事は大変なものだった。

 良人(おっと)に非(あら)ず妻に非ずと言い合った末とは言え、園枝の身に取り、男爵は忘れようとして、忘れることが出来ない終生の大恩人である。それに、園枝が清き女の心情を以って、後にも先にも唯一人の良人として、熱心に愛した其の人である。如何(どの)様な不和が隔てたからと云って、その人が劇毒に罹(かか)って死んだと思うと、心が紊(みだ)れ無い訳にはいかない。

 園枝は実に狂乱した人の様な人の声で、一言非常に高く打ち叫び、
 「シテ男爵は其の毒薬を呑みましたか。呑んで一命を落としましたか。」
と問うた。判事は心の中で、此の女、見掛けに寄らない真の毒婦にして、自分が盛った其の毒が、真に男爵を殺したか否かを知ろうとする為、この様に打ち叫ぶ者に違いないと思い、更に此の次には、必ず、「男爵の遺言は如何したか、常磐家の財産は何人に伝わるか」を問うに違いないと、窃(ひそか)に期して待ちながら、非常に静かに、

 「ハイ、貴女は其の毒殺の本人である嫌疑を以って調べられるのです。」
 毒殺の本人であるとして。
 さては男爵早や既に毒殺せられ了(おわ)ったことは明らかである。園枝は又一層の悲鳴を発し、
 「早や男爵は死にましたか。エエ悪人の企みがここまで運ぼうとは、エエ、悪人め、早く私を常磐家へ帰して下さい、男爵が死んだのに、茲(ここ)に斯(こ)うしては居られません。」
と我知らず打ち叫んだが、判事の益々厳かな顔を見て、更に何事をか思い出した様に、絶望に身を震わせ、

 「オオ、恐ろしい、男爵は私を毒殺の本人と思って死にましたか。ハイ、死ぬ時迄園枝に毒害せられた者と思い詰めて死にましたか。死際の人にまで爾(そ)う思われ、もう私の身は浮ぶ瀬が有りません。此の世に生き存(なが)らえる甲斐もない。」
と云い終わるか終らないうち、荒れ狂って法廷から駆け出だそうとし、出口の方に走り去った。事に慣れた判事の目は、早くも此の狂い方が、偽りでは無いのを見てか、

 「ヤ、大変だ、発狂した。」
と云い、更に又大声に、
 「早く其の女を取り押さえよ。」
と叫ぶと、一方から現れ出た二人の獄丁は、飛鳥の様に飛び掛って、園枝が未だ閾(しきい)の外に、一歩も踏み出ない間に、ひしひしと押さえ付け、判事の前に連れて来ると、園枝は更に悶掻(もが)いて止まない。アア真に園枝は狂人と為ったのだろうか。判事は暫らくの間、悶(もだ)え掻(あが)く園枝を、打ち眺めるばかりであったが、狂人を取り調べるのは、法の許さない所なので、

 「直ぐに医者を呼んで来い。」
と命じた。
 命に従い、獄丁の一人は立ち去ったが、ややあって、監獄医が其の獄丁の先に立って入って来て、非常に簡単に園枝の様子を見た上、判事に向い、
 「なに、ヒステリーでしょう。発狂では無いでしょうが、余ほど神経が惑乱していますから、引き続いて熱でも発しなければ好いが。」
と云った。

 判「病室に送るほどでしょうか。」
 医「夫(それ)は勿論です。兎に角も病室に入れなければ成りますせん。未だ少し合点の行かない所も有りますから、病室に送った上で、良く診察して見ましょう。其の上で改めて申し上げます。」
 医師と判事がこの様に問答する間にも、園枝は身外(しんがい)一切の事が、其の心に移り行かないかの様に、取り押さえて居る獄丁の手にも余る程の力を出して悶掻くばかり。医師は獄丁に向い、
 「その様に酷(ひど)く押し付けてはならない。自由に悶掻(もがか)して置け。」

 獄丁「自由にすれば外へ走り出て仕舞います。」
 医師「何その様な事は無い。」
 この様に言って、医師は夢中の様な園枝の身を、獄丁の肩に扶(たす)けて連れ去ったが、是から一時間ほど経て、此の医師は更に此の判事を控え室に訪い来て、
 「早速病室に入れ、良く同僚と共に診察致しましたが、そう軽くは見られない病症です。熱も多少は発しましたが、特に神経が余ほど乱れて居ましてーーー。」

 判事は腹の中にて、
 「フム、良人(おっと)を毒殺する程の罪を犯せば、自然神経が安まらないテ。」
と呟(つぶや)きつつ、更に後の言葉を聞くと、
 「口の中に絶えず『悪人め、悪人め』などと言っています。尤も病気はナニ一命に拘わりませんが、夫(それ)にしても、事に由ると随分長引きます。此の後、七、八ヶ月は取調べる事は出来ないでしょう。」

 判事は怪しみ、
 「その様な病気だろうか。」
 医{ハイ}、病気は兎に角、アノ婦人は確かに懐妊しています。」
 判「エ、エ、何だと。」
 医「腹に子供が宿っています。」
 判「夫(それ)は厄介な被告だなア、仕方が無い。アア分かった、アノ女が常磐家を立ち去る時、小部石(コブストン)大佐に話したと云うのは其の事だ。大佐に懐妊の気持ちだと打ち明けたから、大佐が懐妊と云えば、一言で男の心が解けるだろうと思い、男爵の部屋へ行って過って毒に罹ったのだ。」
と判事は独り語の様に云った。


次 後編(九十四)へ



a:174 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花