巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune95

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  九十五

 男爵はこの様に旅行する事に決し、留守中の取り締まりを初めととして、財産の管理などは、兼ねて夫々係りの人があり、男爵は心を労するに及ばない。唯死人同様な小部石(コブストン)大佐を連れて行くことに就いては、大佐を安楽に乗らせるための、輿(かご)や寝台の類を作らせ、船にも車にも総て寝台の儘(まま)で載せる事とし、数日にして其の用意を調(ととの)いた。

 此の旅行の目的は一身の不幸を忘れる事にありとは云え、男爵はまだ我が留守中に、園枝の予審調べが如何に成り行くかと、それだけは心に掛からずにはいられない。依って予(かね)て雇っている書記の一人に、留守中の事は総て旅行先まで書き送るべしと命じ、甥の永谷礼吉へは幾何(いくら)かの手当てを渡し、我が留守中は天晴れ常磐家の相続人として恥かしくない様、神妙に行いを慎むべしと厳重に言い渡し、愈々(いよいよ)出立の前日とはなった。

 此の日例(いつ)もの様に、諸方から届いた手紙の中に、見慣れない筆跡の一通があった。男爵は打ち続く心労に、神経が穏やかでない時なので、此の手紙が何やら気に掛かり、我が身に此の上不幸を掛ける端緒(いとぐち)の様に思われ、開き読むのさえ気味悪い。依って其の手紙を封の儘(まま)衣嚢(かくし)に納め、外の手紙を悉(ことごと)く読み尽くし、返事すべきは返事をも認(したた)めつくし、夜に入って後、独り寝床に退く頃、封を切って先ず差出人の名はと見ると、果たせるかな無名の手紙である。

 先にも無名の手紙に欺かれ、遊山場から馳せ還(かへ)って、辛い想いをした事がある。夫(それ)と是とは筆の跡も同じでは無い、無論別人の所為とは見えるが、無名の手紙は重きを置くものでは無い。読まずに、火の中に投じようと、揉(も)み丸めて立ち上がったが、否々先の無名の手紙も、満更偽りであるとは云えなかった。家に帰れば、園枝の不義の証拠を、見出すことができるだろう記してあって、果たして其の文の様に不義の証拠を見出す事が出来た。
 此の手紙に何事が認(したた)めてあるとも、読む我が心さえ確かならば、読んで害になる事があるだろうかと、際どくも思い直し、再び其の皺(しわ)を引き延ばして読み下すと、

 「常磐男爵閣下、閣下が今日の不幸は、閣下を知ると知らざるとの別なく、聞く人の皆酸鼻する所である。至福至楽の天国から忽ちにして痛悲痛恨の地獄に落ちた。閣下は之を偶然にこの様に成ったものとお思いでしょうか。閣下は実に誤っています。悪人の為に欺かれているのです。

 閣下の気付かない辺に悪人がいます。陰謀奇詭は遂に閣下の幸福を奪い尽くしました。余は明白に其の次第を知っています。余は実に彼の遊山の当夜ヤルボローの古塔に泊まり合わせ、夫人園枝が如何ほどの辛きを忍んで、一夜を明かしたかを知っているからです。

 夫人園枝は其の操に一点の汚れもありません。今の貴族社会に真の貞女と云い、烈女と云う者を求めれば、余は常磐男爵夫人園枝に比すべき者が無いのを知っています。其の貞烈無比の園枝夫人、今は不義者と疑われて獄に在る。全く悪人が閣下を欺き、此の次第に至らしめたものです。

 閣下の不幸は総て園枝夫人を疑うことから来ています。閣下は園枝を信じ園枝を愛した頃の、一身如何程楽しかったかを忘れたのですか。園枝夫人に何の不義ある、何の証拠ある。閣下が証拠と思うのは総て事情に欺かれたことです。直接の証拠は一も有りません。

 閣下を毒害しようと図ったのも、園枝ではありません。即ち園枝に不義の名を負わした同一の悪人です。閣下は皮林育堂が、如何に巧みに閣下の家に入り、如何に微妙に閣下の心を麻酔させたかを忘れましたか。閣下は幸いにして、毒害を逃れる事が出来ましたが、未だ続く不幸を免れていません。

 そうです閣下自ら、初めから悪人の陰謀に落ちて、徹頭徹尾欺かれた事を悟らなければ、何時までも此の不幸を免れる事は出来ません。閣下の生涯は一生不幸です。旅行をするとも、不幸は更に悪人と共に閣下を追い、閣下の到る所に来るでしょう。

 閣下若し其の陰謀の次第を知り、今迄の不幸を一掃し、元の至福至楽なる境涯に帰ろうと欲すなら、明後日の夜七時を以って、倫敦(ロンドン)にある左の所に来て、「伊国人」に逢い度いと申し込まれよ。余は一々確かな証拠を以って、閣下の疑いを解き尽くしましょう。余は偶然の事柄から深く顛末を知る者です。

 但し閣下よ、余の言葉を聞こうと欲せば、此の手紙を何人にも示す勿(なか)れ、目下閣下の信用している、横山長作にも語る勿れ。他人に語り又他人と共に来る様な事があれば、余は閣下に逢う事は出来ません。」
云々と記し、なお終わりに密会の場所を記してあった。

 男爵は繰り返して幾度か読み直し、殆ど此の手紙に、麻酔せられたかと疑われるほど見詰めた儘(まま)眼を離さず、 
 「本当に此の通りだ。不幸は総て園枝を疑った時から始まったのだ。成るほど直接の証拠は無い。不義と云っても、見届けた訳では無く、証拠と云うものは事情ばかりだ。ヤルボローの古塔とは、園枝も自分で爾(そう)云った。古塔で一夜を苦しみ明かし、フム、爾(そう)すれば操に欠けた所はない、ハテな、貞女、烈女かな」
など、うわ言の様に呟(つぶや)いたが、忽ち憤然として、立ち上がり、

 「アア痴情(ちじょう)、痴情、既(すん)での事で此の手紙に欺かれる所であった。己(おれ)が此の様にまだ痴情を持って居るから、誰かが己を愚弄するのだ。ヤルボローのあの古塔に、泊まり合わす人など有るものか。アア爾(そう)だ、爾だ、園枝に誰か相棒が有って、此の様な手紙を寄越し、未だ己を欺こうとして居るのだ。爾(そう)とも知らず、危(あぶ)なく釣り込まれる所であった。己(おれ)に痴情が残る間は、どうしても不幸は逃れられない筈だ。早く旅行して今迄の事は一切忘れて仕舞わなければ。」
と云い、決然と立って、今度こそは未練も無く火の中に投じ終わり、

 「アア是で蕭然(さっぱり)した。」
と云い、其の儘(まま)寝床に入ったが、果たして此の手紙の事を再び思い出さないほど、蕭然(さっぱり)する事が、出来たのかどうか。


次 後編(九十六)へ



a:197 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花