巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune96

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.1.28

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                 九十六

 日耳曼(ゲルマン)に添(そっ)た瑞西国(スイス)の国境にシャフホーゼンという一駅がある。欧州絶景の一に数えられる、ライン河の瀧から僅(わずか)か数町(数百m)の川上にあって、木茂って水清き山間の村落なので、浮世を忘れて病を養う客などには最も適当な境であるとか。

 茲(ここ)に此の頃建設した宿屋がある。其の一室に男一人、女一人差し向かいで泊まっている客は、是はどうした事か、かつて常磐男爵の許(もと)に客と為り、物持ちの息子株を良人(おっと)に選び定めようと、交際の秘術を尽くし、不幸にして毎(いつ)も失望に終っていた彼の倉濱小浪嬢と、かつては英国武官の端にも列なり、唯無芸無能なるがために、罷役(ひやく)とはなったが、今猶(いまなお)倉濱罷役少佐と人に呼ばれる、小浪嬢の実兄である。

 両人は今しも夕飯を終え、東の峰から差し上る月に浮かされ、散歩にも出るべき刻限なのに、何か気に掛かる事が有るのか、窓外の夜の景色には目をも注がず、物思わしそうに、額(ひたい)と額を突き合して相談している。嬢は殆ど訴える様な声で、

 妹「ダッテ兄さん、払いをせずに此の宿に長く居ると云う事は出来ないから、何うしても至急仏国(フランス)へでも行き、何とか滞在費の算段をして来て下さい。近いうちに催促されるに決まっていますからサ。」
 罷役少佐は殆ど困った面持ちで、
 兄「何とかして常磐男爵の客分と為り、隣の宿へ男爵と一緒に泊まり込む工夫は無いかなア、爾(そう)すれば払いの心配無しに、何時までも逗留されるが。」

 妹「アレサ夫(それ)も出来ない事はないけれど、今客分と成っては拙(まず)いのですよ。男爵が先に宿を取って、後から私等が来た者なら兎に角も、男爵が仏国を旅行して居る間に、ヤッとの事で男爵が此の次には此処へ来ると云う事を聞き出して、此方(こちら)が先に此の宿へ来て、男爵の来るのを待って居て、図らずも落ち合った様に初めからして有るから、何所までも其の形で推し通さなければ了(いけ)ません。

 男爵が此の宿へ泊まらず、隣の宿へ泊まる事に成ったのは、此方の目算違いで仕方も無いが、夫(そ)れだからと云って、先に来た此方が、後から来た先方へ転がり込むのは、余り不見識です。男爵は見識の有る女の外は愛しません。前に園枝なども、乞食の癖に、厭に見識を張って居たから、夫(それ)で男爵が騙(だま)し込まれたのです。」

 兄「けれど逗留の費用が続かない様では、見識も張り通せないぞ。」
 妹「イイエ、それはもう永い事ではありません。毎日私があの小部石(コブストン)大佐を見舞いに行き、其の序(ついで)に男爵に親切を尽くすから、男爵も心淋しい折柄なので、真に好い旅連れを得たと云い、この上も無く喜んで居ます。」
 兄「夫(それ)は己(おれ)も知って居るがーーーー。」
 妹「一月と経たない中に、男爵は私の傍を離れる事が出来なくなります。」

 兄「和女(そなた)の目算は今まで随分外れて居るからなア。」
小浪嬢は少し恨みを現し、
 「貴方が爾(そう)云うならば、もう何も彼も罷(や)めて仕舞い、国へ帰るより外は有りません。私が男爵の妻に成らなければ、兄さんだって、もう世を渡る手段が無いじゃ有りませんか。」

 兄「夫(それ)は爾(そう)だ。和女(そなた)が金満家の妻に成って助けて呉れなければ、己(おれ)は国へ帰っても、借金のため牢に入れられる許かりだ。」
 妹「夫(それ)御覧なさい。夫だから何とか工夫をして来て下さい。それももう永い事では有りません。此の後三月の費用が有れば沢山です。」

 罷役少佐は渋々と考えて、
 「仏国には罷役給の証書や勲章を質に取る所が有るから、一月位の費用なら出来るかも知れないけれどーーー。」
 妹「ナニ妹が瑞西で常磐男爵と一緒に居ると云い、此の後の見込みを旨(うま)く暗示(ほのめ)かせば大丈夫ですよ、借り増しが出来ますよ。貴方は男の癖に本当に意気地が無い。私などは御覧なさい。アレほど借りのある仕立て屋へ、又四季一組の行李を拵(こしら)えさせて来たでは有りませんか。」

 兄「サア夫(それ)よ、仏国へ行くのは、其の仕立屋が恐ろしいのよ。彼奴(きゃつ)は今丁度英国から仕入れの為、仏国へ来ているから、若し己(おれ)が見つけられて見ろ、兄と妹の差別も無く責め立てられる。昨日もアレほどの厳しい催促状をお前の許へ寄越したから、アノ剣幕ではきっと己を捕えて、罵(ののし)らぬとも限らない。」

 仕立て屋の事を聞いては、嬢も心に驚かないわけにはいかない。此の当時は、今の世の様に流行社会の貴婦人が、全財産を使い果たして、借金を踏み倒すなどと云う便法が有る筈はなく、借金の為に他の破廉恥の罪人と共に牢に入れられ、『借金』を払うことが出来ない罪人の裁判廷(インソルベント、デッドルス・コート)に移される例があるので、旨く口先筆先で云延ばしてゆくとは云え、実に仕立て屋の勘定は昼間と云えど、更に恐ろしい夢の様に、常に嬢を魘(うなさ)せて居たのだ。嬢は頓(やが)て、

 「其の払いも、茲(ここ)に此の上幾月か滞留して、目的通り男爵と婚礼しなければ、払う道が有りません。」
 兄「それは爾(そう)だ。仕方が無い、明朝立って、仏国の都合に由っては英国まで行って来る事にしよう。」

 是で漸(ようや)く相談は纏(まとま)ったので、嬢はこの様な心配の為、我が美しき顔に小皺の数が増すのを好まず、直ちに気を変えて、天然の笑みを浮かべるため、独り歩んて庭に出で、世界に並び無い瑞西(すいす)山中の月夜の景を眺めながら、逍遥すると、怪しいことに、何人か樹の間より現れ出て、

 「オオ倉濱小浪嬢ですか。好い所でお目に掛かりました。」
と云う者があった。嬢は驚いて逃げようとしたが、何うやら耳に聞き覚えがある声なので、月に透かして其の顔をよく見ると、今から半年ほど以前、昨年の秋の末に、常磐荘に客として逗留していた頃、親しくしていた、彼の皮林育堂である。


次 後編(九十七)へ



a:177 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花