巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

今日の散歩

今日の散歩

since2009.6.29

月20日1回14,000歩10kmを歩くのが目標

今迄にウォーキングで歩いた距離 36,485Km

赤道の周の長さ         40,054Km

残りの距離            3,569Km

あと2年で赤道を一周出来そう。         

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

a:28824 t:10 y:12

写真上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

拡大した写真の上でマウスを左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

5月22日(水)晴れ 朝の気温(室温)25℃

今日の出 会い オオキンケイギク

ookinkeigiku5.17


ookinkeiguku5.17


ookinkeigiku5.17


ookinkeigiku5.17


ookinkeigiku5.17

 遊歩道沿いに咲くオオキンケイギク。
 初めは数本だったが、今は数十メートルに渡って密集して咲いている。
 鮮やかな黄色がまぶしいほどだ。
 あまり増えすぎるので、駆除の対象にしている市もある。

 オオキンケイギク
  ・キク科キンケイギク属オオキンケイギク種
  ・北アメリカ原産
  ・花期は初夏
  ・明治中期に導入されたものが広く野生化
  ・河川敷や道路沿いに大群落を作る
  ・特定外来生物
    (松江の花図鑑)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「オオキンケイギク」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/aac0cd7d8bcabb1de61c17be8044110d

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「オオキンケイギク」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/f02eb009b5ea0e9bc6ac863c69fd47e7


5月21日(火)晴れ 朝の気温(室温)25.5℃

今日の出 会い 久し振りのサシバ

sasiba5.17


sasiba5.17


sasiba5.18


sasiba4.14


sasiba4.14


 田植えの準備で、人が田んぼに出るようになったからか、
 4月の中旬過ぎから、田んぼ近辺に姿を見せなかったサシバ。
 一か月振りで、堤防そばの、田んぼ近くの電柱に姿を現した。
 堤防の除草が行われ、堤防の地面が現れ、野ネズミなどが見えやすくなった為のようだ。
 毎年、堤防の除草が行われた後、姿を現して居る。

  サシバ
  ・タカ科サシバ属サシバ種
  ・中国北部、朝鮮半島、日本で繁殖
  ・日本では4月に夏鳥として九州、四国、本州に飛来し繁殖
  ・冬は東南アジア、ニューギニアで越冬
  ・オスは47cm、メスは51cm、翼開長105cm~115cm
      (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「赤いブラシノキの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/69489c5423203238f7667e2febc0b6bd

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「赤いブラシノキの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/3a7c26dd66016edbb6a28133e3679262


5月20日(月)雨後曇り 朝の気温(室温)24.5℃

今日の出 会い 赤いブラシノキの花

burasinoki5.14


burasinoki5.14


burasinoki5.14


burasinoki5.14


burasinoki5.14


 ブラシノキの赤いが咲いている。
 試験管や瓶(ビン)を洗う時のブラシの形の花だ。
 木にブラシが成っているような感じだ。
 奇抜な形の花だが、花が美しいので、最近はあちこちで見かける。

 ブラシノキ
 ・フトモモ目フトモモ科マキバブラシノキ属(カリステモン属)
 ・オーストラリア、ニューカレドニア原産
 ・穂状花序をなし、花序全体がブラシのように見える。
 ・花序の先から枝が出る。
 ・開花期 5月
    (みんなの趣味の園芸)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「赤いブラシノキの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/30857e6df1b2c1187ef9d3f49082adb8

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「赤いブラシノキの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/23c36fa2b51892c03bbe0382d3a6ed30


5月19日(日)曇り 朝の気温(室温)25℃

今日の出 会い 田んぼのホシゴイ

hosigoi5.19


hosigoi5.19


hosigoi5.19


goisagi5.15


goisagi5.15


 田植えの済んだ田んぼに、ホシゴイが居た。
 ゴイサギの幼鳥だ。
 ゴイサギはペンギンに似た鳥だが、ホシゴイは茶色の鳥だ。
 ホシゴイが成長すると、ペンギンの様な形の鳥に変身する。
 ホシゴイとゴイサギが同じ田んぼに居るのは初めて見た。
 田んぼでカエルやザリガニ、フナなどが出て来るのをじっと待って居る。

  ゴイサギ
  ・サギ科サギ亜科ゴイサギ属ゴイサギ種
  ・虹彩は赤い
  ・後肢の色彩は黄色
  ・食性は動物食
  ・夜行性だが昼間もみられる
  ・ペンギンに似ている
  ・日本全国の動物園や水族館のペンギン等のコーナーに侵入し、飼育員が与えた餌の魚を掠め取る様子も度々目撃されている。
      (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「田んぼのホシゴイ」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/8e6117ac8eaaaa07dbc5d55771601ada

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「田んぼのホシゴイ」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/c9576d56632b1ccc6f8dd302f86091c4


5月18日(土)晴れ 朝の気温(室温)24℃

今日の出 会い ポピー畑のポピー

popy5.15


popy5.15


popy5.15


popy5.15


popy5.15


popy5.15


 毎年咲く、ポピー畑のポピーが満開だ。
 早く咲いたポピーは盛りを過ぎている。
 赤、白、ピンクと様々な花が咲いている。

 ポピー(ヒナゲシー)
  ・ケシ目ケシ科ケシ属ヒナゲシ種
  ・ヨーロッパ原産のケシ科の一年草
  ・葉は根生葉で羽状の切れ込みがあり無毛
  ・初夏に花茎を出し上の方で良く分枝し、茎の先の方へ4弁花を開く
    (Wikipedia 参照)

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ポピー畑のポピー」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/1a5df39dc1d3e3d98db90f8e454a8fcc

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「ポピー畑のポピー」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/915bfead63a7bf39dab2cbc96e5f47c3


5月17日(金)晴れ 朝の気温(室温)23℃

今日の出 会い 田んぼのゴイサギ

goisagi5.15


goisagi5.15


goisagi5.15


goisagi5.15


goisagi5.15

 田んぼ道を行ったら、田植えの済んだ田にアオサギが居た。
 傍に同じような鳥がもう二羽じっとしていた。
 アオサギだろうと思い通り過ぎたが、思い直してもう一度見直した。
 ジッと一か所を見つめているゴイサギだった。
 近辺の田んぼでは、最近はあまり見かけなかった鳥だ。

 ゴイサギ
  ・サギ科サギ亜科ゴイサギ属ゴイサギ種
  ・虹彩は赤い
  ・後肢の色彩は黄色
  ・食性は動物食
  ・夜行性だが昼間もみられる
  ・ペンギンに似ている
  ・日本全国の動物園や水族館のペンギン等のコーナーに侵入し、飼育員が与えた餌の魚を掠め取る様子も度々目撃されている。
      (Wikipedia)より 

ブログ「atakaの趣味悠久」の「田んぼのゴイサギ」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/f3f0ac24b59745ef2ad32978b49eadcf

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「田んぼのゴイサギ」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/54ed4b6c2bd6bb1dc78e30f0ab6f6472  


5月16日(水)雨後曇り 朝の気温(室温)23℃

今日の出 会い スイカズラの花

suikazura5.6


suikazura5.6


suikazura5.6


suikazura5.6


suikazura5.6


 道端の藪でスイカズラが咲いている。
 スイカズラの花を見ると、毎回「ゲゲの鬼太郎」の「一反木綿(いったんもめん)」を思ってしまう。
 花は萼(がく)から細い管が伸び先端が「一反木綿」の様に開く。
 花を引き抜いてちぎれた管の先を吸うと甘い蜜が口に広がる。
 花は咲き出しが白で、次第に黄色から褐色に変色する。

 スイカズラ
 ・マツムシソウ目スイカズラ科スイカズラ属スイカズラ種
 ・日本全国、東アジア一体に分布
 ・別名 忍冬(にんどう)
 ・名は古くは花を口にくわえて甘い蜜を吸ったことに因(ちな)む
 ・秋から冬に掛けての茎、葉は忍冬(ニンドウ)という生薬で、共に抗菌作用、解熱作用があるとされる
   (Wikipediaより)

ブログ「atakaの趣味悠久」の「スイカズラの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/5517818b0d5de6ce6e2a875d9677afdb

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「スイカズラの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/4a0083225f50f164e8d7ee04ea94f370


5月15日(水)晴れ 朝の気温(室温)23℃

今日の出 会い 葦原のオオヨシキリ

ooyosikiri4.28


ooyosikiri5.14


ooyosikiri5.14


ooyosikiri5.14


ooyosikiri5.14


 4月の下旬から葦原で囀り出したオオヨシキリ。
 ギョシ、ギョシ、ギョシ、キキキとオオヨシキリの到来を告げていた。
 此の頃は、葦の先端に姿を現し、姦(かしま)しく囀っている。
 自分の縄張であることを主張して、境界から境界を移動しては、大声で囀っている。

 オオヨシキリ
  ・スズメ目ウグイス上科ヨシキリ科ヨシキリ属オオヨシキリ種
  ・夏季はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季はアフリカ中部以南やユーラシア大陸南部で越冬する
  ・日本では夏季に亜種オオヨシキリが繁殖のため全国に飛来する

ブログ「atakaの趣味悠久」の「葦原のオオヨシキリ」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/6ae9de77f05579f86491d3775c88bfca

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「葦原のオオヨシキリ」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/03e9c61f000c7218bcb4723e6c6d571b


5月14日(火)曇り後晴れ 朝の気温(室温)23℃

今日の出 会い ハコネウツギの花

hakoneutugi5.6


hakoneutugi5.6


hakoneutugi5.6


hakoneutugi5.6


hakoneutugi5.6


hakoneutugi5.6

 ハコネウツギが咲いている。
 深紅に近い花もある。
 だいぶ前から咲き出して居た様だ。
 咲き出しは純白で、日が経つに従って、ピンクから赤へと、花の色が変化して行くからだ。

 ハコネウツギ(箱根空木)
  ・マツムシソウ目スイカズラ科タニウツギ属ウコンウツギ種
  ・日本各地に自生する
  ・花期は5月から6月
  ・かつて箱根地方に多く見られたので命名された
    (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ハコネウツギの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/3d80ba7dabc9ff7af68b54c38df35ae6

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「ハコネウツギの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/c3768b2c7864d0a9e584694fbb2406dc


5月13日(月)雨 朝の気温(室温)23.5℃

今日の出 会い キジの幌打(ほろう)ち

kiji4.28


kiji4.28


kiji4.28


&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);


kiji4.28


kiji4.28


kiji4.28


kiji4.28


 田んぼの傍の道を、キジが歩き出した。
 時々道脇の草むらに入っては、又出て来る。
 道を歩いている時、立ち止まって、ケンケーンと雄叫(おたけ)びを上げながら、体を大きく震わせて、羽ばたきをした。
 キジの幌打(ほろう)ちだ。
 近くで、子育てをしていて、縄張り主張の様だ。

 キジ
 ・キジ目キジ科キジ属キジ種
 ・日本の国鳥
 ・日本では北海道、対馬を除く本州、四国、九州に留鳥として分布
 ・主に草の種子、芽、葉など植物性のものを食べるが、昆虫やクモなども食べる
 ・夜間は樹上で眠る

ブログ「atakaの趣味悠久」の「キジの幌打(ほろう)ち」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/1425cd8fc38dde066511bd3f9043b30b

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「キジの幌打(ほろう)ち」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/bbefd0ada9692c4271997f438bcbbe3c


5月12日(日)晴れ 朝の気温(室温)23℃

今日の出 会い ユリノキの花

yurinoki5.10


yuriniki5.10


yurinoki5.10


yurinoki5.10


yurinoki5.10


 近くの小さな公園のユリノキに、花が咲いていた。
 以前は6月に咲いていたが、最近は5月の初めに咲き出すようになった。
 ユリノキと言う名だが、花はチューリップのような花だ。
 花が咲き出すのはある程度大きくなった木だ。
 花が咲き出して数年すると、たいていは切られてしまう。
 小さな公園では、木が大きくなり過ぎる為だ。
 風が少し強かったため、Tシャツの様な形の葉が、花を隠して撮るのに苦労した。

 ユリノキ
  ・モクレン科ユリノキ属
  ・学名 Liriodendron tulipifera
  ・北米原産の落葉樹、高さ20m~30m、胸高径50cm~100cmになる
  ・原産地では樹高45m~60mに達するとの報告もある
  ・学名のtulipiferaは「チューリップの様な花をつける」と言う意味であるが、本種が渡来した時、まだチューリップがポピュラーでは無かったため、ギリシャ語由来の属名Liriodendron「Lirionユリ∔dendron木」をユリノキと訳し、これが標準名となった
    (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ユリノキの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/955172a9f25f5e012dc024057c837bd9

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「ユリノキの花」は下のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/f3b30e01eb38ac8088c51531e49b6a2c


今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
今までの途中の出会いはここをクリックすると見られます

今日の散歩歩数 2024年(5月)・・・1400歩/km

歩く歩数は足の関節に7000歩がベストと聞いたので、関節を磨り減らさない為、一日7000歩までにすることに心掛けることにしました。 

回数 月 日曜日歩数歩行キロ数自転車走行距離Km
1513,7002.6
2525,2003.726
35312,7009.112
45412,6009.0
5557,3005.2
6568,7006.2
7593,6002.5
85105,3003.8
95119,8007.0
105125,1003.6
115133,4002.4
125145,2003.730
135158,8006.312
145174,4003.126
1551811,0007.926
165216,9004.930

前月の散歩状況はここをクリックすると見られます

月別散歩日数と総歩数  2024年度

日数総歩数キロ数自転車走行キロ数
18121,80087160

前年度の散歩状況はここをクリックすると見られます

2023年度の歩き状況

この一年で1,484km歩いた。

歩く歩数は一日7000歩までで十分とのことなので、膝の関節を磨り減らさない為、7000歩に変更することにしました。 

この1年もコロナウィルスの関係で東京都の水元公園には行かなかったので、出会った野鳥の種類は少なかった。

この一年も地元の河川敷や田んぼ、公園が多く、歩きプラス自転車というパターンが定着した。

野鳥撮影は片道10km以上の所が多く、強風だと片道10km近く歩かなければ成らなくなるので、お休みの日が多くなった。

この1年の月平均の歩く距離は124Kmだった。

2023年度の歩いたペースでは地球一周には後4.6年かかる予定

2024年度の歩き状況

今日の散歩歩数 2024年(4月)・・・1400歩/km

4月の歩いた距離は87Kmだった。

歩く歩数は足の関節に7000歩がベストと聞いたので、関節を磨り減らさない為、一日7000歩までに変更した。 

4月は野鳥関係で走った自転車の走行距離は160Kmだった。

4月は野鳥はジョウビタキ、ベニマシコ、カンムリカイツブリ、キジ、クイナ、サシバ、オシドリ、カワセミ、ムナグロを撮りに出かけた。

花は椿、ムスカリ、カタクリ、芝桜、ヒヤシンソイデス、タツナミソウ、ダッチアイリス、ハナズオウ、オニグルミなどだった。

a:28824 t:10 y:12

散歩コース・・・自宅ー江戸川遊歩道ー自宅

''今までの途中での出会の写真は下のスライドショウでご覧ください。"

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックすると全画面表示になります

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックして全画面表示にした時は元に戻すにはEscキーを押す

BORG89EDレンズで撮ったキクイタダキ(2015年)のスライドショウ (1)

https://blog.goo.ne.jp/photo/368592?fm=usch


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2015年)のスライドショウ (2)

https://blog.goo.ne.jp/photo/320356


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ (2)

ベニマシコ、ウグイス、コゲラ、ハチジョウツグミ、カワセミ、ミコアイサなどの写真

https://blog.goo.ne.jp/photo/320356?fm=pchnx


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ(1)

https://blog.goo.ne.jp/photo/315309



松戸市「21世紀の森」で出会った野鳥(2013年)のスライドショウ

https://blog.goo.ne.jp/photo/211135

江戸川周辺の野鳥3 のスライドショウ


江戸川周辺の野鳥2 (2012年)のスライドショウ

https://blog.goo.ne.jp/photo/165648

途中の花6(2012年)のスライドショウ


途中の花5(2012年)のスライドショウ


途中の花4(2012年)のスライドショウ


途中の花3(2012年)のスライドショウ


途中の花2(2011年)のスライドショウ


途中の花1(2011年) のスライドショウ




ウォーキング集計

2023年度のウォーキングの集計  総距離1,484km

2022年度のウォーキングの集計  総距離1,607km

2021年度のウォーキングの集計  総距離2,019km

2020年度のウォーキングの集計  総距離1,977km

2019年度のウォーキングの集計  総距離1,650km

2018年度のウォーキングの集計  総距離1,795km

2017年度のウォーキングの集計  総距離1,636km

2016年度のウォーキングの集計  総距離1,735km

2015年度のウォーキングの集計  総距離1,955km

2014年度のウォーキングの集計  総距離2,483km

2013年度のウォーキングの集計  総距離2,537km

2012年度のウォーキングの集計  総距離2,706km

2011年度のウォーキングの集計  総距離2,662km

2010年度のウォーキングの集計  総距離2,433km

2009年度のウォーキングの集計  総距離2,687km

2008年度のウォーキングの集計  総距離2,500km


       16年間の総計   36,485Km

地球の赤道の長さ        40,054Km

今迄にウォーキングで歩いた距離 36、485Km

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花