巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

burosyouroku641

今までのブログ抄録 641

since 2023.3.5

今までのブログ抄録2

写真上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

拡大した写真の上でマウスを左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

ピンクのこぶし、久しぶりのミヤマホオジロ、ヤドリギのヒレンジャク、3年ぶりのヒレンジャク、川柳のベニマシコ、地面のイカル、青空のコミミズク

3月11日(土)晴れ 朝の気温 21.5℃

今日の出会い ピンクのこぶし

kobusi3.10


kobusi3.10


kobusi3.10


kobusi3.10


kobusi3.10

 
 こぶしの花が満開になっている。
 花の色、花の形状も数種類ある。
 白いこぶし、ピンクのこぶし。
 ラッパ状の花、細いササラ状の花弁の花といろいろだ。

 コブシ
 ・モクレン目モクレン科モクレン属コブシ種
 ・九州、本州、北海道および済州島に分布
 ・果実は集合果であり、握りこぶし状であることから「コブシ」の名が付いた

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ピンクのこぶし」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/252bfadce545884f44bd451db97ded39

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「ピンクのこぶし」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/09e807745c01bee0b399f6da8e99861f


3月10日(金)晴れ 朝の気温 21℃

今日の出会い 久しぶりのミヤマホオジロ

miyamahoojiro3.7


miyamahoojiro3.7


miyamahoojiro3.7


miyamahoojiro3.7


miyamahoojiro3.7


 ヒレンジャクを撮った序(つい)でに、ミヤマホオジロが出るという所に寄って見た。
 シジュウカラやハト、カラスは頻繁に来るが、ミヤマホオジロはなかなか姿を現さなかった。
 二時間近く待ったら、一羽のミヤマホオジロが草むらに来て枯れ草の実を啄み始めた。
 数年ぶりに見るミヤマホオジロだ。
 枯れ草に見え隠れに動いてなかなか全身が見えなかった。

 ミヤマホオジロ
  ・ホオジロ科ホオジロ属ミヤマホオジロ種
  ・ユーラシア大陸東部の中国、朝鮮半島、ロシア南東部、日本に分布
  ・夏季に中国、朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖
  ・冬季には中国、台湾、日本に南下し越冬
    (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「久しぶりのミヤマホオジロ」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/371ef182bd177d30708399f062d7c141

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「久しぶりのミヤマホオジロ」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/4d99a6220633d4d2ec1072c1f9ab6b79


3月 9日(木)晴れ 朝の気温 20℃

今日の出会い ヤドリギのヒレンジャク

hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


 ヤドリギの実を食べに来るヒレンジャク。
 ヤドリギの枝の中に入って黄色い実を食べている。
 ヤドリギの実はヒレンジャクしか食べないようだ。
 ツグミやハトが食べたのは見たことがない。

 ヒレンジャク
 ・スズメ目レンジャク科レンジャク属ヒレンジャク種
 ・シベリア東部、中国北東部のアムール川、ウスリー川流域で繁殖
 ・森林の減少と環境の悪化により絶滅が危惧されている
 ・日本には沖縄中部より北の地域に11月から5月にかけて滞在する 
   (Wikipediaより)

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ヤドリギのヒレンジャク」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/63208c66844ef7a2922d3fc1793cc362

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「ヤドリギのヒレンジャク」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/7e895a2d1e63297f37b3143a68fb447f


3月 8日(水)晴れ 朝の気温 19℃

今日の出会い 3年ぶりのヒレンジャク

hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


hirenjyaku3.7


 3年ぶりで電車に乗ってヒレンジャクを撮りに出かけた。
 コロナ騒動で、自転車で行ける所にしか行っていなかった。
 ヒレンジャクが来ているという所に行って見た。
 ヤドリギに顔つきの異なる二羽のヒレンジャクが来ていた。

 ヒレンジャク
 ・スズメ目レンジャク科レンジャク属ヒレンジャク種
 ・シベリア東部、中国北東部のアムール川、ウスリー川流域で繁殖
 ・森林の減少と環境の悪化により絶滅が危惧されている
 ・日本には沖縄中部より北の地域に11月から5月にかけて滞在する 
   (Wikipediaより)

ブログ「atakaの趣味悠久」の「3年ぶりのヒレンジャク」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/60451a4d9276d1d76294f79228072c0f

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「3年ぶりのヒレンジャク」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/41baee14234ebecc32912a9d8fc9c5a7


3月 7日(火)晴れ 朝の気温 19℃

今日の出会い 川柳のベニマシコ

benimasiko1.31


benimasiko1.31


benimasiko1.31


benimasiko1.31


benimasiko1.31


benimasiko1.31


benimasiko1.26


 なかなか姿を見せない赤いベニマシコ。
 川柳の木に芽を食べに来た。
 午後だったので逆光方向だ。
 イノコズチやセイタカアワダチソウの実も食べるが
 今の時期は川柳の少し膨らんだ芽も好んで食べる。

 &size(18){ベニマシコ
 ・スズメ目アトリ科ヒワ亜科ベニマシコ属ベニマシコ種
 ・日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、ロシアに生息
 ・日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖
 ・冬鳥として本州以南へ渡り越冬する

ブログ「atakaの趣味悠久」の「川柳のベニマシコ」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/52b93afd08a772b13a4035492c5791cb

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「川柳のベニマシコ」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/329ad906a253b2ad7b89a3b276b9075d


3月 6日(月)曇り 朝の気温 18℃

今日の出会い 地面のイカル

ikaru2.22


ikaru2.22


ikaru2.22


ikaru2.22


 イカルが地面に降りて何か啄んでいた。
 この森に三日間くらい居るイカルだ。
 樹上で辺りの様子を眺めては、枯れ葉の積もる地面に降りていた。

 イカル
  ・アトリ科イカル属イカル種
  ・全長は23cm、太くて黄色い嘴を持つ
  ・ロシア東部の沿海州、日本で繁殖する
  ・北日本の個体は冬季、本州以南の団地に移動する
  ・斑鳩(いかるが)の地名のもとになったとされる
     (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「地面のイカル」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/bd7dd80000e4a198178f73fdf6560768

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「地面のイカル」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/52cbc05cb190c21a53a41901f2244d84


3月 5日(日)曇り 朝の気温 18.5℃

今日の出会い 青空のコミミズク

komimizuku2.16


komimi2.16


komimi2.16


komimizuku2.16


komimizuku2.16


 明るいうちに飛ぶようになったコミミズク。
 フクロウの仲間が青空を飛ぶとは思わなかった。
 暗くなりかけた時には、ざらざらの絵になってしまう。
 青空のもとではすっきりとした絵になる。
 カラスが直ぐに追いかけ回した。

コミミズク
 ・フクロウ目フクロウ科トラフズク属コミミズク種
 ・アフリカ大陸北部、南北アメリカ、ユーラシア大陸、西インド諸島、ガラパゴス諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシアに分布
 ・日本では冬季に越冬のため、全国に飛来
 ・全長38.5cm
 ・外耳状の羽毛が小さいことが和名の由来
 ・食性は動物職で昆虫類、小型の鳥類、哺乳類を食べる
      (Wikipedia)より 

ブログ「atakaの趣味悠久」の「青空のコミミズク」のURLから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/644290fc4262a3f497d47945504bb0c5

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「青空のコミミズク」は下のURLから入れます。(「atakaの趣味悠久Ⅱ」は「atakaの趣味悠久」が満杯のため写真保管庫として増築したものです。)  

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/94012745025a977d6eebea0a0d49e325 



今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
a:109 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花