巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hitonotuma13

人の妻(扶桑堂書店 発行より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

バアサ・エム・クレイ女史の「女のあやまち」の訳です。

since 2021.3.24


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  人の妻   バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香 訳
         
    (本篇)十三 「一種の悟りを開いた」

 丈夫は、槙子を送って行く道よりも、その帰る時がより一層物思わしげである。耳には輪子の咆(ほ)えた怒りの声が尚残って居る。実に何たる恐ろしい女だろう。それとも知らずに此の身が、妻にも仕たいとまでに思ったのは、何たる過ちで有ったろう。

 早くその過ちが分かったのは先ア好かったと、此の様に思うと我知らず身震いも出る。しかし物思いの本当の種と云うのは、輪子の恐ろしさでは無く、槙子の不憫さに在るのだ。不憫さは即ち懐かしさである。そして即ち恋しさで有る。自分の心の中に強い愛と云う念が兆した事は、最早や自覚しない譯には行かない。

 何だって此の様な辛い愛が出ただろう。相手も有ろうに、一旦波太郎の妻で有った女が慕わしいとは、何たる情け無い事だろう。何しても此の愛を、誰にも知らせては成らない。知らさない中に、自分で揉み消さなければ成らないと、此の様にも思うけれど、何うすれ消えるかそれが分からない。

 のみならず、その消し度い心の又一層底に、之を消すのは惜しいと云う念が有る。又考えると、槙子は何が何でも真に愛するに足る女である。厳しい我が母でさえも同情を表して居る。

 誰が見ても全く憐れむべき境遇に沈んで居る者を、此の身が愛しながらにその愛を隠し、故(わざ)と疎々(うとうと)しくするのは意地悪ではないだろうか。卑怯と云う者ではないだろうかと、腹の中から自分の薄情を責める声が聞こえる様にも思う。

 それに続いて又、汝が愛するのみでなく、先方(さき)も汝を愛して居るのにとの声が、何所からか聞こえる様に思う。
 真に腹の中が掻き乱れるとは、此の様な状(さま)を謂(い)うので有ろう。掻き乱れて歩みも進まなかったが、暫(しばら)くして奮然と思い定めた。全く槙子の傍に近づかない事だ。近づけばこそ此の様な妄念も起こるのだ。

 博士の家へも、もう行かない事にしよう。イヤ此の土地にさえも、成る丈帰らない事にしよう。
 思い定めて忽ち走り出して、一散に我が家へ帰った。此の翌日は直ぐにロンドンへ立った。そうして四週間ほど帰らなかった。けれど無益である。日を経れば経るに従い、思いが募る許り。一刻でも槙子を忘れると云う事が出来ない。

 やがて又一種の悟りを開いた。アア是と云うのも、自分で槙子を愛しては成らないと思うから、却って心が募るのだ。恐それれば恐れる丈け、その恐れが増長するのは常の事だ。自分の心さえ確かならば、何も槙子を恐れる事は無い。

 平気でその傍へ接近もし、平気でその姿を見もし、槙子と他の人々へ、少しも区別を附けない様にすれば、心も自然と静かになり、槙子を見ても誰を見ても、同じ様にしか感じない事に成るのだと、誠に賢い考えが出た。

 此の考えで家に帰った。帰るその嬉しさは並大抵では無い。全く世界が広くなった様な気がする。何故だろう。再び槙子を見る事が出来る為ではないだろうか。自分ではそうは思わない。唯だ悟りを開いたが為だと思って居る。

 先ず母に留守中の事を問うて見ると、母と槙子との間は案外親密に成って居る様子である。母は他の事よりも多く槙子の事を話し、
 「逢う度に値打ちの上がるのは彼女だよ。何して波太郎の様な者の妻に成ったのか、私は合点が行かない。」
と言って、甚(ひど)く残念に思う様子である。

 波太郎の未亡人でさえ無ければ、其方(そなた)の妻に出来るのにとの心は、自然に言葉に籠って居る。ナニ籠って居たとしても、嬉しいとも何とも無いと、丈夫は先ず自分の胸に呟(つぶや)いて置いて、そうして、
 「そうですか。」
と全く平気の様に答えた。

 母御「其方(そなた)は大層冷淡にお成りだねえ。」
 丈夫「別に冷淡でも有りませんのさ。初めも今も同じ事です。」
 母御は又誰れか他の女をでも、見初めたのだろうかと、怪訝(けげん)に思ったが、勿論冷淡に成った者を、熱心へ引き戻すには及ばない事だから、そのまま口を噤(つぐ)んだ。

 母さえ冷淡と云う程だから、もう槙子の傍へ寄っても大丈夫だ。何も勉めて遠ざかるには及ばないと、愈々(いよいよ)こう思って心が確かになって、翌日は博士の許を尋ね、先ず例(いつも)の化学室へ入った。博士はここに居て非常に喜び、

 「長く見えませんでしたね。爾(そう)、爾、爾」
と云い、近々槙子がロンドンへ行ってしまう事に成ったので、此の家が淋しくなるとの旨を語った。槙子が何でロンドンへ行くのだろうと、少し怪しむと共に、冷淡と思って居た丈夫の心が、異様に騒いだ。

 此の様な筈では無い。何か室内の空気の中に、脳へ感ずる異分子でも有るのかと思い、直ぐに立って窓から顔を出した。生憎此の時目に留まったのは、庭に子供を遊ばせて居る槙子の姿である。 
四週間見ない間に、百倍も美しく成ったと疑われた。



次(本篇)十四

a:36 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花