巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hitonotuma18

人の妻(扶桑堂書店 発行より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

バアサ・エム・クレイ女史の「女のあやまち」の訳です。

since 2021.3.29


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  人の妻   バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香 訳
         
    (本篇)十八 「何にも知らぬ」

 槙子の隠して居る「悪事」は何で有ろう。余ほど気に掛かる事柄と見え、槙子は部屋に籠って唯だ泣くのみである。
 隠したままで丈夫の妻になるのも辛く、と云って今更打ち明ける勇気も無い。丈夫の様な厳重な人に、若し打ち明ければ、許し難い罪の様に云われ、まとまる者が破れるかも知れない。思案が決し兼ねて居る所へ、道子が入って来た。そうして槙子の尋常(ただ)ならない様を見て、

 「丈夫さんは貴女に何事を云って来ました。」
と聞いた。隠す譯にも行かないから、実は結婚の申し込みで有った旨を答えると、道子は驚きもし喜びもし、
 「それは貴女に取って、此の上も無い仕合わせです。何も考えたり泣いたりすることは有りません。そうして貴女は何と返事したのです。」

 槙子「明朝返事すると申しました。」
 道子は惜しむ様に、
 「何故明朝です。何故直ぐにその席で返事しませんでした。丈夫さんを失うのは、大げさに云えば生涯を失う様な者ですよ。」

 それは云われ無くても知って居る。全く丈夫は槙子が此の国に上陸した抑(そもそ)もの時から、槙子の心にこの世に又と無い人の様に写って居る。丈夫が槙子を思う心よりも、槙子が丈夫を思う心の方が、更に一層強いかも知れない。それだから泣きもするのだ。

 断っても好い人なら泣きはしない。何もこの様に途方に暮れもしない。道子は充分に槙子の心中を察した積りで、
 「貴女は波太郎の為に泣くのでしょうが。」
と言掛けた。

 その言葉の終らないうちに、槙子は殆ど腹立たしい様に、
 「イイエ、波太郎の為では有りません。」
と言い切った。何故だか知ら無いけれど、波太郎の名が出ると、直ぐに槙子の顔に忌まわしさに耐えられない様な色が見える。之は今始まった事では無い。多分は波太郎から、非常な虐待を受けた為でも有ろうか。

 この様な所へ鈴子も来た。そうして事の次第を聞いて、
「槙子さん。貴女は御自分の身に、少しでも落度が有れば、丈夫さんに隠しに隠してはいけませんよ。アノ方は厳重だと云う評判で、誰を見ても自分と同じ正直な者と思い。少しでも人の間違いを許す事が出来ないのです。

 私の姉輪子なども、何か落ち度を見附けられ、それが為に愛想を尽かされたに違い有りません。毛ほどの嘘でも、露見すれば非常な詐欺に逢った様に立腹すると、波太郎などが常に云いました。」

 鈴子は敢えて槙子の身に、隠して居る事が有るだろうと察して云っている譯では無い。唯だ思うままの事を、単に無邪気に云って居るのだ。けれど此の一語が、槙子の胸に少しばかり残って居る勇気を、挫折(へし)折ってしまった。是を聞かなければ、槙子は或いは打ち明けたかも知れない。是を聞いてはとても打ち明ける心は出ない。

 若し自分の身に、少しでも暗い所が無い者なら、その様な厳重な人を、夫とするのが何れ程か嬉しいだろう。向こうの厳重に連れて、益々此方の形見が広くなるのだ。此の身とても初めから家庭らしい家庭に育ったなら、必ず夫の厳重を此の上も無く喜ぶだろうにと、今更恨めしくも思われる。

 此の夜一夜を、槙子は殆ど考え明かした。そうして夜の明けた頃、ヤッと一先ず何も彼も天に任せて置いて、成るたけ丈夫が覚(さと)る様に仕向けよう。それで丈夫が覚れば好し。覚らなければ覚らないままにして置く事にしよう。詰まる所、丈夫の裁判で定まるので、自分から隠すと云う事は決してしない。向うから問われれば打ち明けるのだ。問われなければそのままにして置くのだ。

 実は此の様な、何方(どちら)とも附かずの思案が、一番悪い。隠すなら何所までも隠す。白状するなら何所までも白状するのが、禍の根を断つと云う者で、槙子としても、それを知らないでは無い。知って居てその二つに一つを選ぶ事が出来ないのだ。出来ない様な場合に成り来たって居るのだ。

 それで翌朝、丈夫が来て、昨日の返事はと聞かれた時、槙子は答えた。
 「何方でも私は貴方の言葉通りに致します。その代わり貴方から、約束を得て置かなければ成りません。」
 
 丈夫は早や嬉しそうに、
 「約束、ハイ、約束なら何の様な約束でも結びます。一言も聞かないうちに。」
 槙子「長い話では有りませんから、先ずお聞き下さい。何時かもお話申した通り、私の身は、イヤ私は、決して貴方の思う様な善人では有りません。」

 云い掛けるのを丈夫は遮り、
 「イヤ善人で有るか無いかは私が知って居ますから、その様な事なら今言うに及びません。」
 槙子「イイエ、言わなければ成りません。多分私は悪人と云う事が露見する時がーーーハイ貴方に分かる時がーーー来ようかと思います。その時に私の罪を許して下されましょうか。」

 許す事の出来ない様な罪悪が、此の女に在ろうと思う程なら、頭(てん)から縁談を申し込みはしない。。
 「勿論許しますとも。それは固く約束して置きます。」

 殆ど無益な約束の様に思った。実際に此の約束を思い出す様な場合が出ようとは、少しも思わない。唯だ槙子の気を休める為に、約束するのだ。けれど、若し丈夫にして、槙子の言葉が如何に心配そうに、その様子の如何に打ち萎(しお)れて居るかに気が附けば、こう軽い事柄の様には思わなかっただろう。

 槙子「イイエ、許して下さいとの約束では有りません。許さないと仰有(おっしゃ)られても、それは致し方が有りませんが。ーーー自分の落ち度だと断念(あきら)めますがーーー何うか荒々しくお叱り為さらない様にさえして下されば、私はアア此の身の罪を、お責めなさるのだと覚り、そのまま立ち去ってしまいます。貴方に叱られたり、恨まれたりして分かれますのは、何よりも辛いのです。それは耐(こら)える力が有りません。」

 何の様な悪事かは知らないが、実に女らしい心根では有る。許す事が出来ないなら、無言で傍へ寄らない様にせよ。そうすれば気が附いて、静かに去ると。妻たる者の心持ちは、総てこう有り度いものだ。丈夫は勿論感心した。そうして答えた。

 「実に夫婦はその様で有り度いと、兼ねて私は思って居ます。生涯を共にする誓いを立てて、そうして争ったり、恨み合ったりすることは、有るべき事では無いのです。萬が一にも、貴女の云う様な場合が来れば、貴女の今仰有っる通りにします。ハイ屹度(きっと)約束しました。」

 是だけ云い、是れだけ聞いて、槙子の胸は少し軽くなった。自然と浮かぶ安心の色を見て丈夫は熱心に、
 「では成る丈早く婚礼の日を取決めましょう。」
と云った。

 何者と婚礼するのか、何者に向かって丈夫は、婚礼を申し込んで居るのか。唯だ「我が愛する女」と云うより外は、何にも知らないのだ。



次(本篇)十九

a:24 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花