巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hitonotuma30

人の妻(扶桑堂 発行より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

バアサ・エム・クレイ女史の「女のあやまち」の訳です。

since 2021.4. 10


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  人の妻   バアサ・エム・クレイ女史 作  黒岩涙香 訳
         
    (本篇)三十 「竹子と云ふ伯母さん」

 化学が是ほど嫌な者とは思わなかった。瓶から出て来ぬ先から、博士が是ほど蒸騰(むせのぼ)る異様な臭気は、とても風間夫人の耐(こら)える事の出来ない所である。一滴落としてさえ是ほどだから、もし三滴落としたら何の様になるだろう。

 夫人は殆ど勇気が挫け掛けた。けれどここで弱い気を出しては、たった今云った言葉が嘘になるのみか、自然大願の成就にも影響する譯だから、身を大願の犠牲とする程の積りで、先ずハンケチを取り出して、一方の手で口から鼻の邊を確(しっか)と覆(おお)って居て、そうして後の二滴を垂らしたが、本当に息が詰まる様で有る。

 博士は此の様を見て、大いに満足した。口には出さないが、心の底で「爾(そう)、爾」を繰り返して居る。やがて夫人に向かい、
 「実に奇妙では有りませんか。臭気も色も何にも無い、見た所では蒸留水の様に見える液の中へ、他の同じ透明な液を垂らすと、その通り臭気を発して、泥の様な濁った液と為ってしまいます。

 是で見ると昔の人が、泥や鉛などを煉(ねっ)て、金を作る事が出来ると思ったのは無理は有りません。御覧なさい。私の是から試験するのを。是は今のより余ほど強いのですから、爾(そう)、爾、しっかりとハンケチを顔に当ててお出でなさいよ。」
と言って置いて、何か又二種の液を混ぜ合わせたが、今度は実にもっと大変で有った。

 勿論臭気も臭気だが、それよりも、もっと甚(はなは)だしいことには、その立騰(たちのぼ)る煙だか湯気だかが、宛(まる)で咽喉(のど)を抉(えぐ)る様で、是ばかりは、慣れない者には、とても我慢が出来ない。

 夫人は続発する咳に咽(むせ)入って、殆ど死ぬ様な苦しみで、如何なる場合にも、何とか然るべき言譯の言葉を作る、便利至極な口さえも、一語をも発する事が出来ず、そのまま床を匐(は)う様にして、此の部屋を逃げ出したのは、咳込(せきこ)んで、身を伸ばす事さえ出来なかったからだ。云わば必死の苦しみで、野心も大望も思い出す余地が無いのだ。

 博士は声を出して、
 「夫人、モソッと見てお出でなさい。是からが、私の発明し掛けて居る、最も劇(はげ)しいのに成りますから。」
 中々此の様な言葉が、耳に入る所では無い。何所まで逃げて行ったか、多分は庭の外へまで、新しい空気を吸いに出たのだろう。

 博士は後に、殆ど腹を抱えて笑った。善人の様だけれど、此の様な事には中々意地が悪い。イヤ善人だけに悪人へ対しては、少しも容赦を加えないのだ。アア是で好い。是で好い。生憎(あいにく)此の化合は、慣れた人へは太して感じないから、此の次には別の品を用いなければ成らない。

 ナニ私と内山夫人とが婚礼する時まで、毎日新しい品を用いても、種は尽きない。早く之に気が附いて好かった。もう何も夫人の襲撃は恐ろしい事は無い。」

 こう云って静かに窓を開き、部屋の内に満ちて居る瓦斯(ガス)を、外へ出した。
 「併し慣れて居る身にさえ是ほど苦しいのだから、初めての夫人には、非常に利いただろう。事に依ると強過ぎたかも知れないが、ナニ人体に害を残すので無いから、構いはしない。爾(そう)、爾。」

 此の様にして、先ず何事も都合良く(イヤ風間夫人に取っては、都合悪しく。)進んだが、唯だ一事、異様なのは、肝腎の槙子である。何やら深く気に掛かる事が有る様に、日々打ち鬱(ふさ)ぐ事が酷く成って行く。

 尤もその様な状態を見せまいと、母御に向かっても、勉めて機嫌好く自分の心を引き立たせては居るのだけれど、物慣れた母御の目には、その勉めて居る様子が自ずと分かる母御も、実は心配である。ハテな、全体槙子が正式に結婚をして居ないと疑われた時に、痛く驚いたのは何故で有っただろう。

 何しろ私の問を誤解した為で有った事は明白だけれど、誤解する余地の無い言葉を、何の様に誤解したのだろう。寧(いっ)そ問直して見ようかとまで思う事なども有るけれど、まさかそれも出来ないから、果てはそれとは無しにその素性を聞いて見よう。

 素性が分かれば、自ずと何も彼も合点が行くだろうと思案し、四方八方(よもやま)の話に事寄せ、今日又少しと云う様に、豪州に居る時の事を問うた。別に隠す様子も無く、打ち明けては話すけれど、何うも是と云う捕え所が無い。多くその身を恥て居るのは、生計向(くらしむ)きが貧しくて。父が不義理な借金をしたり、人の物を借り倒したり、或いは又詐欺に斉(ひと)しい事をしたり、などした事柄である様だ。

 是だけでは何だか腑に落ちない気がするので、或いは丈夫に聞かせる方が好いだろうと思い、
 「槙子さん、貴女はこの様な身の上の事を、丈夫へは話しましたか。」
 槙子は異様に熱心に、
 「ハイ是非お話し申して置き度いと思いますけれど、丈夫さんが毎(いつ)も聞くに及ばないと云って、推し止めておしまいに成されますので。」

 母御「イヤそれは丈夫の気質です。人を信ずる時は、少しでも疑う様な素振りを示すのさえ嫌うのです。けれど、こう深く信ぜられる丈に、猶更(なおさら)貴女から話さなければ成らないでしょう。折が有ったら改まって、何うか私の身の上を、聞いて下さいと云うのが好いでしょう。」
 槙子は少し考えて、
 「ハイそう致しましょう。」
と受け合った。

 母御がこれ程までに云うのも、一つは一緒に居るに従い、益々槙子の善良な気質が分かり、此の上も無い、好い嫁を得る事になったと喜ぶが為である。此の様な良い嫁だから、婚礼の後に及び、少しも夫婦の間に思い違いなどの無い様に、今から何事をも明るくして置き度いとの、実は親切である。

 そうしてこのような話の後で、
 「貴女は此の国から出て、豪州へ行ったとのお話ですが、誰れか此の国に知った人は有りませんか。」
 槙子の知った人ならば、槙子をも知って居るので、その人から一応聞いて見たいとの念が、此の問の裏には潜んで居るらしい。槙子はそうまでは思わないが、兎に角悲しい問題であるのだから悄然として、

 「ハイ竹子と云う伯母さんが有って、可愛がって呉れた事は薄々、イヤその伯母さんの顔までも覚えては居ますけれど、その外は少しも知れません。」
 母御「ハテな竹子、貴女の姓は春山と云いましたねえ。春山竹子とでも云うのかしら。」

 考えたけれど、此の名だけでは、何事も分かる筈も無い。槙子もそれと見て取ったか、
 「私しは、多分可也な身分の家だろうと思いますけれど、分からない事を幾等思ったとて、無益ですから、自分の元の家柄は、無い者だと断念めて居るのです。」

 云う言葉が如何にも悲しそうである。真実その通りなら、悲しむのも無理は無いと母御は察した。真実だろうか、将(は)た真実で無く、無い家柄を有る様に思わせる為だろうか、その邊までは今は分からない。



次(本篇)三十一

a:30 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花