巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

今日の散歩

今日の散歩

since2009.6.29

月20日1回14,000歩10kmを歩くのが目標

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

a:12090 t:2 y:2

途中の出会い(花・鳥・虫等)

写真の上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

写真の上にカーソルを置き、左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

10月21日(月曜日)曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い 赤紫のクコの花

kuko10/20


kuko10.20

 
kuko10.20


kuko10.20


kuko10.20


 今の時期、場所によっては赤い実を付けているクコ。
 長く伸びて絡まり合った枝に赤紫の花が咲いている。
 堤防では実がなっても赤く熟す前に刈られてしまう。
 この後霜枯れするまで花が咲き続ける道端のクコ。

クコ

  •   ・ナス目ナス科クコ属クコ種
  •   ・細いとげのある枝が何本も垂直に伸びる
  •   ・9月初旬頃紫の花を付ける
  •   ・9月中旬には花が未だ残っているが実は赤く色ずく
  •   ・食べてみるとほんのりと甘いが少しエゴイ感じがする

ブログ「atakaの趣味悠久」の「赤紫のクコの花」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/1099c0f9beb02f18645882ecc019f780


10月20日(日曜日)曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い  台風後のノビタキ(3)

BORG89ED & Pentax Kp キャッチイン フォーカスで撮影

nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16
nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


 台風後の堤防のノビタキ。
 修理後のレンズの性能テストに撮った。
 キャッチインフォカスやAFアダプターで
 修理前の解像が出るか試した。
 修理前に戻ったかはっきりしない。

ブログ「atakaの趣味悠久」の「台風後のノビタキ(3)」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/577fe296e2571041373a5488a3b9a161


10月19日(土曜日)曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い 台風後のノビタキ(2)

BORG89ED & Pentax Kp キャッチイン フォーカスで撮影

nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


 台風が去った次の日の昼過ぎ、河川敷の高い木も見えないほど増水していた。
 水が堤防の半分くらいまで来ていた。
 台風が去った二日目、堤防下の道を水が流れていた。
 台風の去った三日目、まだ堤防下の道を水が流れていた。
 堤防にノビタキが一、二羽来ていた。
 台風が去って四日目、やっと堤防下の道が現れていた。
 数羽のノビタキが残された枯れ枝の山に留まって居た。

 ノビタキ
 ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種
 ・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る
 ・東南アジア、インドでは周年見られる
 ・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する
 ・本州中部以南では春、秋の渡りの時期に見られる
 ・雄の夏羽は頭部から背中に掛けて真っ黒になる
 ・雌は雄に比べて小さい

ブログ「atakaの趣味悠久」の「台風後のノビタキ(2)」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/31caadc4b334fbdcd25b03250b6265d5


10月18日(金曜日)雨のち曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い 匂い漂うキンモクセイ

kinmokusei10.15


kinmokusei10.15


kinmokusei10.15


kinmokusei10.15

 あちらこちらからキンンモクセイの匂いが漂ってくる。
 道端の生垣にこじんまりと咲くキンモクセイ。
 こんなに大きな木になるのかと思わせるほど大きな木に咲くキンモクセイ。
 道を行くとこんなに沢山キンモクセイが植えられていたかと思わされる。

キンモクセイ

  •  ・モクセイ科オリーブ連モクセイ属ギンモクセイ種キンモクセイ変種
  •  ・中国南部原産
  •  ・日本には江戸時代に入った。
  •  ・雌雄異株
  •  ・日本には雄株しか入っていない
  •  ・雄株の花には雄しべが二本と不完全な雌しべがあるが実は結ばない
         (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「匂い漂うキンモクセイ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/82d0447228ed9ccbe850371c78896813


10月17日(木曜日)曇り 朝の室温 25°C

今日の出会い 台風後のノビタキ

nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10.16


nobitaki10


 台風で流されて来た堤防の枯れ木にノビタキが数羽留まって居た。
 今回の台風で河川敷から堤防の半分まで水に浸かった。
 水に浸からなかった堤防の半分の草にしか虫は居ないと思われる。
 ノビタキも水に浸からなかった上半分の草の虫を探していた。
 ノビタキで修理から戻ったレンズの試し撮りをした。

ノビタキ

  •  ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種
  •  ・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る
  •  ・東南アジア、インドでは周年見られる
  •  ・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する
  •  ・本州中部以南では春、秋の渡りの時期に見られる
  •  ・雄の夏羽は頭部から背中に掛けて真っ黒になる
  •  ・雌は雄に比べて小さい

ブログ「atakaの趣味悠久」の「台風後のノビタキ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/9f197535f657dfe965fb988fa13ec712


10月16日(水曜日)曇り 朝の室温 26°C

今日の出会い 真っ赤なハゴロモルコウソウ

hagoromorukousou10.15


hagoromorukousou10.15


hagoromorukousou10.15


hagoromorukousou10.15


 台風前にハゴロモルコウソウが咲いていた所を通って見た。
 台風に負けず真っ赤なハゴロモルコウソウが咲いていた。
 台風で大抵の花は散ってしまった。
 台風で残った数少ない花だ。

羽衣ルコウ草

  •   ・葉にモミジのような切れ込みがある
  •   ・アメリカでルコウソウと丸葉ルコウソウの交配によって作られた園芸品種

ブログ「atakaの趣味悠久」の「真っ赤なハゴロモルコウソウ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/3183c3b52e6b8d9c0e602453ec6dfa33


10月15日(火曜日)曇り 朝の室温 26°C

今日の出会い 赤とんぼを捕ったモズ

mozu10.10


mozu10.10


mozu10.10


mozu10.10


mozu10.10


 モズが赤とんぼを捕った。
 青虫、トカゲ、バッタ、トンボと
 モズの食性は多彩だ。
 見たことは無いが、いよいよになるとスズメなども捕るらしい。

ブログ「atakaの趣味悠久」の「赤とんぼを捕ったモズ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/de6cbee5718acb7534545a5b52d1f2e3


10月14日(月曜日)雨 朝の室温 25°C

今日の出会い ススキのスズメ

suzume10.10


suzume10.10


suzume10.10


suzume10.10


suzume10.10


 ススキにスズメが来て留まった。
 ススキの穂をついばんでいる。
 しばらくススキの穂をついばんで飛び去った。
 スズメはイネ科の実を初め、桑の実、
 柿の実など何でも食べるようだ。

スズメ

  •  ・スズメ目スズメ科スズメ属スズメ種
  •  ・西はポルトガルから東は日本までユーラシア大陸に広く分布
  •  ・インドにはほとんど居ない
  •  ・典型的なシナントロープで人間が住んでいる所には定着するが、人間が住まなくなるとスズメも居なくなる傾向がある。
           (Wikipediaより)

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ススキのスズメ」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/fbc539e1abd4f64c4e8c7d974edf1c65


10月13日(日曜日)晴れ 朝の室温 27°C

今日の出会い キジの親子

kiji10.10


kijiw10.10


kiji10.10


kiji10.10


kiji10.10


 数日前河川敷にキジの親子連れが居た。
 二羽の子を連れた親子キジだ。
 二羽の子ははしゃぐ様に飛び回っていた。
 親キジは心配で仕方がないと言った様子で子を守っていた。
 堤防の真ん中くらいの高さまで水が来ていたので、キジの親子はうまく逃げられたかどうか。
 水から逃げても野良猫も沢山いるので。

ブログ「atakaの趣味悠久」の「キジの親子」へはここから入れます。 

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/467df57c818f8d54ba55b5098796ea5f


今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
今までの途中の出会いはここをクリックすると見られます

9月のウォーキングは19日歩き、115Kmだった。

9月は雨模様の日が多く、出かけた日は19日だった。

9月は森でツツドリ、サンコウチョウ、コサメビタキ、キビタキ、エゾビタキ、カケス、ノビタキを撮った。

ツツドリも年々訪れる数が減っている。

花はシコンノボタン、木立朝鮮朝顔、ジンジャーリリー、タマスダレ、鍾馗水仙、ヒガンバナなど。

a:12090 t:2 y:2

散歩コース・・・自宅ー江戸川遊歩道ー自宅

第一ルート  幸房の渡し(流山市)<--->日大歯学部近辺(松戸市)

第二ルート  幸房の渡し<--丹後の渡し-->矢河原の渡し

今日の散歩歩数 2019年(10月)・・・1400歩/km

回数 月 日曜日歩数キロ数
11015,4003.9
21035,7004.1
31055,8004.1
41075,8004.1
51084,4003.1
61095,5003.9
710105,4003.9
810118,8006.3
910132,2001.6
1010157,8005.0
1110167,8005.6
1210174,2003.0
1310182,3001.6
14101913,1009.4
15102013,8009.9

前月の散歩状況はここをクリックすると見られます

月別散歩日数と総歩数  2019年度

日数総歩数キロ数
25211,680151
23211,680151
18189,000135
21238,700171
17154,420110

前年度の散歩状況はここをクリックすると見られます

''今までの途中での出会の写真は下のスライドショウでご覧ください。"

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックすると全画面表示になります

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックして全画面表示にした時は元に戻すにはEscキーを押す

BORG89EDレンズで撮ったキクイタダキ(2015年)のスライドショウ (1)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2015年)のスライドショウ (2)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ (2)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ(1)



松戸市「21世紀の森」で出会った野鳥(2013年)のスライドショウ

江戸川周辺の野鳥3 のスライドショウ


江戸川周辺の野鳥2 のスライドショウ

途中の花6(2012年)のスライドショウ


途中の花5(2012年)のスライドショウ


途中の花4(2012年)のスライドショウ


途中の花3(2012年)のスライドショウ


途中の花2(2011年)のスライドショウ


途中の花1(2011年) のスライドショウ




ウォーキング集計

2018年度のウォーキングの集計  総距離1,795km

2017年度のウォーキングの集計  総距離1,636km

2016年度のウォーキングの集計  総距離1,735km

2015年度のウォーキングの集計  総距離1,955km

2014年度のウォーキングの集計  総距離2,483km

2013年度のウォーキングの集計  総距離2,537km

2012年度のウォーキングの集計  総距離2,706km

2011年度のウォーキングの集計  総距離2,662km

2010年度のウォーキングの集計  総距離2,433km

2009年度のウォーキングの集計  総距離2,687km

2008年度のウォーキングの集計  総距離2,500km


       11年間の総計       25,129km

北海道北端宗谷岬~鹿児島南端佐多岬地図上直線距離

                     1,888km

北海道北端宗谷岬~鹿児島南端佐多岬 道路+フェリー距離

                     2,960km

地球の赤道の周りの距離   40,054km 

まだ14,925Km残っている。

この11年間のウォーキング距離は大体北海道~鹿児島を6.7 往復した感 じ


a:12090 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花