巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi35

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第三十五回

 決闘とは命の取り遣りである。安易に行う可き事では無い。しかしながら今、綾部安道と蘭樽伯の心を察すれば、二人とも後へは引かれず、潔く決闘する外は無い。
 蘭樽は傍に居る有浦に打ち向い、
 「此の決闘は僕から言い込んだ者だから、僕は先ず介添人を定めなければなら無い。夫(それ)までの所、此の喧嘩は先ず君に預けて置く。」
と言うと、有浦は深く蘭樽を信じるの一念から、綾部の仕打ちを悪し様に思う者なので、

 「イヤ、君の介添人には僕が成る。兎に角、此の人込みでは話も出来無いから、少し静かな所へ行こう。」
と言って三人は群がる人を潜(くぐ)り潜って、四、五町(四から五百m)も離れた所に出たが、四辺(あたり)に人が無いのを幸い、有浦は蘭樽を此所へ立たせて置いて、綾部を物陰に連れて行って、
 「君の仕業は実に合点が行か無い。何の積りで蘭樽を、彼(あ)の様な目に逢わせたか知ら無いが、僕から見れば全く嫉妬としか思われ無い。」

 (綾)イヤ、決して嫉妬では無い。彼奴(きゃつ)は大悪人だから、懲らしめて遣るのだ。君は未だ彼奴に欺かれて居るから分から無いだろうが、良く考えて見給え。彼奴の使って居る家令は、即ち丸池のお瀧の所へ行き、お蓮の身の上を探って居た曲者だぜ。僕はもうお瀧の口から聞いたのだから大丈夫だ。

 有浦は頭(こうべ)を振り、
 「お瀧などの言う事が当てになる者か。悪人、善人は其の行いで分かる。併し此の争いは茲(ここ)です可(べ)き事では無い。夫よりは君、介添人を定め給(たま)え。」

 (綾)僕は此の巴里には、君より外に知る者は無いから、君の見立てで然る可き介添人を頼んで呉れ給え。介添人などは誰でも好い。僕は唯彼(あ)の蘭樽を殺すか、さもなければ、彼に殺されれば気が済むのだから、後は何とも君に任す。

 (有)好し好し、夫では介添人は僕が選んで遣ろう。幸い僕と一緒に田舎の鎮台に勤め、一緒に休暇を貰って帰って居る、町田と言う中尉が有る。其の中尉が大の決闘好きだから、夫を君の介添人と定めよう。君は是から直ぐに、倶楽部の受付へ行って待って居たまえ。爾(そう)すれば僕は後から其の中尉を連れて行くから。

 (綾)承知した。
と云い置いて綾部は其の儘(まま)倶楽部の方へ分かれて行った。後に残った有浦は、様々に蘭樽を慰めたが、是も打ち連れて何れにか去って行った。
 是から綾部は彼の倶楽部に行き、一時間ほど待って居たが、有浦の来る様子が無いので、待ち兼ねて外に出、一度我が宿に立ち帰ろうとする丁度その時、有浦は一人の軍人を伴い、息を切らして馳せ附けたが、此の軍人は即ち町田中尉と言う者で、有浦が綾部の介添人にと見立てた人である。

 綾部は唯蘭樽を悪(にく)いと思う一心で、介添えは誰でも好いと思うので、町田に厚く礼を述べ、委細の事を之に打ち任せたので、町田と有浦は相談の上、左の條々を定めた。
  
 第一 此度の決闘は双方ともサーベルを以って闘う事。
 第二 事を公にしては世間の噂と為り、お仙嬢の名前にも関する故、介添人の外には、何人にも知られ無い様に蘭樽家の庭で立ち合うこと。
 第三 明朝六時までに蘭樽家に集まる事。
 第四 サーベルは介添人二人に於いて之を選び、蘭樽と綾部に渡すこと。

 斯(こ)の様に約束を定めたので、綾部は分かれを告げ、我が宿を差して帰って来たが、其の道々で考えて見ると、一つ心に掛ることが有った。
 「我が運が若し拙(つたな)くて、彼の為めに殺されるのは厭(いと)わ無いが、我が若し死んだら、誰が又、我が後で彼の正体を見破ることが出来るだろう。彼が悪人である事を知っているのは、唯我一人であるので、我が死んだら、人は皆彼を善人と思い、お仙嬢までも彼が為に汚されるだろう。」

とこの様に思うので、我が身が唯丸池お瀧の言葉を聞いただけで、外に何の証拠をも集めることが出来ない先に、早くも決闘を開くに至った事を悔いた。有浦、町田の両介添人に蘭樽が悪人である事を、悟らせる工夫は無いか。二人に此の事を悟らせた上は、我死すとも恨み無しと、様々に思ひ廻しながら、漸く我が宿近く来くると、此の時後ろから綾部を引き留めようとする者があった。

 綾部は誰だろうと振り返えると、日の暮れのことで、定かには分から無かったが、大道で人の憐れみを乞う乞食に似ていたので、エエ、蒼蝿(うるさ)いと思って、振り払うと、乞食は綾部の顔をつくづく見て、 「アア人違いかと思って、非常に心配したが、矢張り人違いでは無い。旦那、貴方は綾部さんで御座いやしょう。」

 我が名を指されて綾部は驚き、俺の名を知る手前は誰だ。
 (乞食)私しァ今まで人に頼まれ、お前さんの様子を探って居た者ですから、名前を言っても、お前さんにァ分かりやすめェ。旦那貴方に知らせ度(て)ェ事が有りやす。騙されたと思って、其首(そこ)へまで一緒に来てお呉(くん)なせエ。

 此の薄気味悪い言葉を聞き、綾部は未だ怪しみが解けなかったので、無言の儘(まま)で、其の顔を見て居ると、彼はカラカラと打ち笑い、 「旦那が私を怪しい者と思うのア無理エ無エが、旦那、貴方は明日蘭樽と決闘するなら、其の前に私の話をお聞きなせエ。貴方の為になりやすぜ。」

 綾部は愈々(いよいよ)不審でしかたが無かったが、今は聞き捨てにも出来なかったので、
 「俺に何の話が有る。幸い辺りに人も無いからサア言え、聞こう。」
 (乞食)イヤ此処じゃ話も出来やせん。私と共にツイ其首(そこ)の公園まで来てお呉(く)んなせエ。

 此の者若しや蘭樽の廻し者で、我を公園地に誘(おび)き出し、闇討ちにでもする積りでは無いかと考えたが、真の夜中と云うでは無く、此の宵の中に、よもやその様な事が有ろうとも思はれ無い。それに綾部は我が腕に充分武芸の覚えも有るので、彼が若し蘭樽の回し者であったら、我の方から先に彼を捕え、充分に白状させて、蘭樽の正体を暴露する便りにもして呉れようと、早くも思案を定めて、

 「何かは知ら無いが聞いて遣ろう。サア行け。」
と言って乞食の後に追従(つきした)がい、公園地に入って行った其の後の物語は、長いので次回に譲る。

次(第三十六回)へ

a:260 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花