巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsigairyaku

9.「悪党紳士」概略

since 2014 .6.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

第九作 「悪党紳士」 (明進堂刊より)(転載禁止)

 若い時、フランスに修行に来て居た英国の貴族花房丈次郎と恋に落ち、駆け落ちまでした、フランスの士官の娘の山田蔦江嬢。
 正式に結婚する前にお仙という娘が生まれたが、花房丈次郎は英国に一人で戻ってしまう。
 丈次郎の妹・妹李(まりい)姫は兄に山田蔦江嬢と正式に結婚する事を勧めた。
 丈次郎は妹・妹李(まりい)姫と一緒に蔦江とお仙を迎いに仏国に来るが、丈次郎は途中で何者かに殺されてしまう。
 仕方なく英国に戻って行った妹李(まりい)姫は花房家の家督を継ぎ、兄の遺児お仙を養子に迎えようとするが、回りから反対され、10年が経ってしまう。
 フランスに取り残された山田蔦江は生活苦に、止むに止まれずデミモンド(遊女のようなもの)になってお仙を育てていた。
 或る日、フランス座に芝居を見に行って、桟敷で誰かを探している、イギリスの貴婦人を見かける。
 顔は見えないが、どこか見た事が有る様な気がして、回りの者に、あの貴婦人は誰かと問うが誰も分からない。芝居が終った後、その貴婦人が泊って居ると言う宿屋に行き、あの貴婦人が誰かを問うが矢張り分からないという。自分で確かめろと言われ、英国貴婦人の隣の部屋の覗き穴から、貴婦人の様子を覗いていて、大変なものを見てしまう。 


ボアゴベイ著  黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

[heart]目次に入るには青文字をクリックしてください。

9.1「悪党紳士」(一)~(四十一)はここから目次へ

ボアゴベイの「Bouche couse」(他言無用)英訳「Sealed lips」の翻案小説

1888年(明治21年)新聞「絵入自由新聞」に「似而非(にてひ)」と題して連載

黒岩涙香作品集へ戻る。


a:275 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花