巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku35

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.10.10

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

            第三十五回

 身に覚の無い冤罪(えんざい)は、何時までその人を苦しめるのだろうか。十余年の間、在(あ)らゆる艱難辛苦を重ねて来た雪子は、遂に潔白の身と成った。天罰から逃れられなくて、大海の藻屑と成り果ててから、世に言い囃された安部丸子嬢は、本当に無実の罪を言い掛けられた、不幸の婦人で有る事を明らかにした。

 夫の有田伯に見捨てられて、看護婦とまで落ちぶれた、漢田蟻子は、その真心が天に伝わって、年久しく自分の幸福を傷付けた仇敵を見付け出し、穢れのない身体となって蘇生した。欧米各国の新聞雑誌は既に長文の雑報を綴(つづ)って、梅林安雅を毒殺した下手人の白状を記載し、雪子の潔白、丸子の清廉と合わせて、蟻子の不幸を世に告げ知らし、世の人の迷妄(まよい)を解いた。

 之れを読む者は誰一人として涙を流してその薄命《不幸》を哀しまない者は無く、誰一人冬村凍烟の悪逆を憎まない者も無かったが、中でも有田益美(ますとみ)伯は先きの日、蟻子に離縁を告げて、吾が邸(やしき)を追い出した後、世の風説が様々で、蟻子は死んだと言い、又伊太利(イタリア)に行ったなど、人の伝えるのを聞く毎に、蟻子の美しい姿が、幻現(まぼろし)に見えて、之を愛する心と、又之を恐れる感情に惑わされて、常に気分の悪い日を送って居たが、

或る日、図らずも新聞紙を読んで、蟻子が清い心を持ちながら、是まで世の中に悪婦と評判され、伯爵自身も共に之を信じ、吾が家の名を傷付け、吾が祖先の威権を穢す恐れに我慢がならないと思い定めて、宛(さしも)に愛情の深かかった蟻子を、酷く取り扱った事は、全く自分の誤(あやま)ちで、蟻子は自分を愛する人の毒手によって、思いも寄らない大罪を言い掛けられ、世に稀な美貌(きりょう)を持ちつつ、世に比類(たぐい)無い不幸に陥った婦人で有る事が明らかに成ったので、

 一は悦び、一は驚き、遂には、その過ちを後悔し、暫らくは言葉も無かったが、既に蟻子が心濁らぬ婦人である事を知るに至っては、有田伯の恋慕の情は、以前に勝って愈々(いよいよ)深く、どの様にしても、之を連れ帰り、再び妻としていつくしみ愛さなければと、急に吾が屋敷を立ち出でて病院に赴き、取次ぎを求め、蟻子に面会を求めて、応接所に待っていると、程無く蟻子は入って来た。

 今までその身に纏(まと)っていた禍を払い、心が全く澄み渡ると共に、蟻子の容貌も一際その艶を増して美しくなっていたので、有田伯は見るより突然(いきなり)蟻子に抱き付き、
 有田伯「先達(せんだ)っての事は、全く私の過ちだった・・・・。」
と言うと、蟻子はもとより有田伯を嫌っていたのでは無く、伯が離縁を命じたからこそ、涙ながらに袂(たもと)を別ったもので、蟻子の心中では、有田伯をこの上も無い夫と思っていて、充分之を愛恋していたので、今この様子を見て、喜びの余り涙を浮かべ、

 蟻「貴方は私を悪人と思し召したで有りましょう。併しこの上も未だ貴方は疑いますか。」
と詰(なじ)ると、伯爵は声を和らげ、
 伯「アア、汝(おまえ)にそう言われると、何とも答える言葉が無い。この上は汝(おまえ)を疑うどころか、しみじみ離縁を後悔した。罪も科(とが)も無い不仕合わせな汝(おまえ)を疑って、種々な事を言い立てて、汝を辱しめたのは皆私が悪かった。思えば私が愚かで有った。何卒(どうか)堪忍(かんにん)しておくれ。そして堪忍した上は、元に戻って・・・・・。」

 蟻「私はあの時、貴方のお言葉を実に残酷だと思いました。所詮あの様に仰せあそばすからは、どのように言い訳致しても、お用いの無いことと諦めまして、屋敷を出ました後は唯一心に神に祈って救助(すくい)を願いましたが、間も無く、冬村凍烟に運(めぐ)り逢って、思いも寄らない懺悔を聞きまして、私の疑いが解けました時は、吃驚(びっくり)いたしたのと、嬉しかったのとで、一時は茫然(ぼんやり)いたしましたが、段々正気に回(かえ)りましてからは、第一に貴方の事を思い出しまして、何時か折を見て貴方にお目通りした上、私の心中をお話致そうと考えて居りました。貴方も愈々(いよいよ)お心が打ち解けて、私を不憫と思し召したら」

 伯「元へ・・・・・。」
すると莞爾(にっこり)と笑いながら、
 蟻「それは貴方のご随意に遊ばして・・・・・・、」
と意外に打ち解けた蟻子の言葉を聞いて、躍り上がるまでに喜んで、
 有田伯「アアそう言ってくれようとは、実に意外であった。汝(おまえ)が多少恨みを言い張って、容易に元に戻って呉れないだろうと、道々私は心配しながら来たのに、今汝(おまえ)の言葉を聞いて、この上も無く満足に思う。善は急げと言うことも有るから、不都合でなければ、只今から同道して帰り度いものだ。」

 蟻「私も嬉しゅう御座います。今から直ぐにお伴をして帰りたいのは山々で有りますが、御存知の通り、この病院には私共を取り締まる上役が有りますから、一応の話しを致して、暇を貰わなければ、何だか可笑しな事に思われや為(し)まいかと存じますから、お嫌ながら、今日一日伸ばしまして、明日お屋敷へ帰る事と致しましょう。」

 伯「それならそうして・・・・・。」
と相慕う伯爵と蟻子は、暫(しば)らく手を握って喜び合ったが、その日は有田伯も別れを告げて、一旦自邸に引き取ったので、蟻子は早速取り締まりの上役に、事の始終を物語って、快く暇を取り、翌朝有田伯が儀式も厳かに迎かいに来たのに伴われて、有田邸に帰り、再び伯爵夫人として栄誉の身の上と成り、その後は雪子の事を口にも出さず、楽しい月日を送ったと言う。
(完)


a:164 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花