巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu28

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.3

今までの訪問者数807人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (二十八)

 ああギドウ、今から六ヶ月後に結婚すると言い、もうそのことが決まったように思っているようだが、その6ヶ月の間には、どれほど恐ろしい大珍事が起こるかも分からないのだ。珍味佳肴(ちんみかこう)《うまい料理》も皿から口に入る間に、箸を取り落として滑り落ちる失敗もあることを知らないのか。彼が楽しむ6ヶ月は私の復讐の熟する時だ。

 彼は今にも鼻歌でも歌いだすかと思われるほど機嫌がいい顔をしていたが、その身のそばに自分をのろう白髪鬼がつきまとっているのを知ったら、これほどまで気持ちが軽く、心浮き立っていられるだろうか。私はこのように思って、そっと彼の顔を見ると、彼は見られていると気が付いたのか私の方を振り向き、「ですが伯爵、貴方は世界を旅行しただけあって、きっと美人を沢山ご覧になったでしょう。」

 私は非常によそよそしく、
 「え、美人、なあに美人でも愛情でも金さえあれば買い取れる一種の商品だと思いますから、私はただ金を稼ぐだけで美人などに振り向く暇は無かったのです。美人を美人だと思わなければ、美人と不美人の見分けさえ私にはできません。」

 ギドウは笑って
 「ああ、丁度ハピョもその通り美人には冷淡でしたよ。最も貴方は十分な経験を積んだ後のこと、ハピョは経験も何もなく、自分の愚かさでそう思っていたのですから、美人を見るとその意見が変わり気が狂ったようになって結婚しました。」

 「ではよほどの美人と見えますね。」
 「はい、美人と不美人の見分けがつかないと言う貴方でも、一目見れば、なるほど世界中の女は皆不美人だと思います。勿論貴方は夫人にお会いなさるでしょう。」
 「ハピョの未亡人にですか。」
 「そうです。」

 「いえいえ、そればかりは遠慮させてもらいます。ご覧の通りむさ苦しい老人で女の前ではうまく口をきくこともできません。ましてや夫を亡くして泣いているばかりいる女は大嫌いです。」
 大嫌いと聞いてはますます会わせたがることは間違いない。彼は少し小声で、
 「ところがですね、そう嘆き悲しんでは居ませんよ、ぜひ私が紹介しましょう。」

 姦夫が真の夫に向かい、その妻を紹介するなどとは、古来聞いた事がない。この時ちょうど、私の宿の入り口まで歩いて来たので、ギドウが立ち止まるのを待って、
 「そうですか、嘆き悲しんでは居ませんか。」
 「真の美人はそう愚痴っぽいものではありません。それに、悲しむほどハピョを愛して居たわけでもありませんし、むしろ、嫌がっていましたから。」私は宿の石段を登りながら、

 「さあ、立ち寄って少し話をしておいでなさい。幸い自慢の葡萄酒も有りますから。一瓶口を開けましょう。はあ、そうですか、むしろ嫌っていたのですか。」
 ギドウは私に引かれて中に入り、一緒に廊下を進みながら、
 「よっぽどの才子でなければ、あのような美人には愛せられませんよ。」と暗に自らはよっぽどの才子で有るかのような口振り。本当に座の白ける思いだった。

 やがて、部屋に着き、私はドアを開いて招き入れると、ギドウは批評するような目で、まず部屋の飾り付けを見回した。私は独り言のように
「才子で無ければ愛せられませんかなあ。私はまた金さえ有れば馬鹿でも愛せられるかと思いましたが。」と答えながら立って行って、葡萄酒を抜いて持ってくると、ギドウは私の後ろ姿を眺めていたが、やがて一口に飲み、

 「伯爵、貴方は本当に皇族の贅沢です。部屋と言い、飲み物と言い」
 「いや、私の今までの苦労と財産に比べたら、まだこれだけのぜいたくでは足りません、」
 貴方とナイナの命まで貰わなければとの心を暗に込めて言うと、彼は、悟るわけもないのだが、なぜか少し不安の様子で、眉の間を曇らして、

 「伯爵、他人の空似と言うものか、貴方の立ち居振る舞い、後ろ姿はハピョと生き写しですよ」
 私は驚かない訳ではなかったが、しかし、じっくり落ち着いて、
 「背の高い人同士はたいてい後ろ姿が似ているものですよ、しかし、貴方の親友に似ていれば私も満足です。」紛らわせたが、彼はまだ納得できないようで私の顔を眺めたが、私はここだと思って、少しもひるまず、彼を見返し、

 「顔まで似ていますか。ははあ、私と似た顔ではハピョが妻に嫌われても無理はない。」と冗談を言った。勿論似ているところは有るはずだが、ハピョの時はさっぱりと剃った顎(あご)にも頬(ほお)にも今は一面に髭を生やし、しかも、その髭が雪のように白くて、ただ顔の中の商標である目は濃いサングラスで隠してあるので、ハピョだとは疑うはずはない。

 特に、私の大胆な振る舞いは全く彼をごまかすことができた。彼は始めてうち解けながら、これから酒が無くなるまで笑い興じて話をしていたが、9時半を打つ時計の音に驚き、帰らなければと立ち上がり、
「では又お目にかかりますが、とにかく貴方のことを伯爵夫人(すなわち私の妻)に話しても良いでしょう。夫人は必ず喜んでお目にかかりますよ。」

 私は面倒だという顔を見せ、
「いや、私は女のつまらない話などを聞くのは好きではありません。どこの婦人でもまるで子供の言うような、まとまりのない事ばかり話しますから、私などはほとんど返事に困ります。」と言い掛けて、少し考え、「ですが、ああそうだ、貴方にお願いして言付けをしていただきましょうか。」
 「いや、もう貴方のお言付けならなんなりと」
 「それでも貴方はいつ夫人にお会いなさるか分からないでしょう。」

 ギドウは少し顔を赤らめながらも、畜生め、
 「いや、実は今夜これから夫人の所に行く用事がありますから」と言い切った。
 読者よ、私が言付けてと言ったのは、もとより、今思いついた事ではない。これも、前から決めて置いた私の計略の一つだった。私はその計略に似つかわしい心の広い口調で、

 「実はですね、昔私が当地を出発するとき、ハピョの父に旅費までもやっかいになったのです。恩も恨みも十分に返すまで忘れないのが私の気質ですので(と言って、特に恨みに力をこめて)、どうか世界に今までにない報いかたををしたいと思い、自分で褒めるのも変な話ですが、20年間、注意して目を配り、最上の珠玉宝石類を集めました。

 金では値段が付けられないほどの品物ですが、残念な事にはその恩ある父は死に、ハピョの代になったのを聞きましたから、せめて、ハピョに贈りたいとわざわざ持ってきましたところ、ハピョもすでにあの世の人。私の恩返しはすでに相手が居なくなりました。けれども、又考えてみると、ハピョが生きていたら勿論装飾品ですから、その妻伯爵夫人のものになるでしょう。そうしてみると、ハピョが死んだとしても、やはり、夫人に贈るのが順序かと思いますので、夫人が受け納めてくださるかどうか、貴方から、そっと夫人の意見を伺ってはいただけませんか。」

 勿論ぼた餅でほっぺたと言う東洋のことわざよりもっと有り難い事なので、聞くまでもないことなのだが、これを聞くのは紳士の虚礼、ギドウは一言一言に頬(ほお)をゆるませ、
 「いや、そんなお使いなら何度でも仰せつかりたいものです。特に夫人は珠石がその姿に似合いますから、どんなに喜ぶか分かりません。しかし、折角のおことづけですから、十分貴方の真心が通じるように聞いてみましょう。」

 このように答えながら、夫人を一刻も早く喜ばせたいと欲するのか、尻をもじもじと落ち着かないので、私は思いやりよく、
「では、花里さん、明日にもそのお返事をお聞かせください」と言い(これこれさあ、お帰りなさい)の謎も同じ、彼はにこにこと転がるようにして帰って行った。

次へ

a:807 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花