巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu31

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.1.6

今までの訪問者数834人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (三十一)

 ナイナと顔を合わせて立ち、私はただあっとのぼせた。太陽を見てもまばゆくないほどのサングラスもナイナの顔には通用しなかった。目がくらむのは愚かなこと、気も魂も転倒しあたかも、頭を釣り鐘の中に入れて、外から急に突き鳴らされたかというような気持ちで、しばらくの間は自分か他人かの区別もつかなかった。

 ああ、読者よ、ナイナはどうしてここまで美しいのだろう。真の美人は見れば見るほど愛らしく、見るたびごとに深く美しさがまさって行くと聞いたが、ナイナは実にそのたぐいだ。彼女の美しいことは前から知っている(勿論私の妻だから)、だが、百日見なかった私の目にはほとんど初めて見た美人のように見えた。

 覆面と共に背後に投げた金髪は桜色の顔をむきだし、これに黒い喪服がよく似合う様子は何とも言うことができない。女を嫌っていたハピョが、昔、一目でうつつを抜かしたのはもっともなことだ。今はその時よりもまた幾倍かきれいになっていて、世界にまたとない若未亡人だ。

 そうは言っても、私がのぼせたのは、ただ彼女が美しいためだけではない。欺かれた、過去の場面が一時に私の心に迫ってきたため、私はどうして良いか分からず、私がとまどっている間、ナイナは敷居の上に立ち、すぐには進んでは来ず、愛らしい中の最も愛らしい笑みを浮かべながら、又うやうやしげに私を眺め、私の方から手を伸ばして、進んで行くのを待っている様子だが私は進むことができず、退くことも動くこともしなかったので、彼女は少し恥じらって歩みだし、間違ったらどうしようと気遣うような頼りない言葉で、
 
「貴方が笹田・・・伯爵・・・・ですか。」聞いた。
 私は必死の思いで返事しようともがいたが、舌ががこわばり喉(のど)が渇いて声は胸の中でふさがり、我ながら我が不甲斐(ふがい)なさを恥じた。まごつく様子を隠すため、ようやく頭を下げると、先はこれを見て「はい」と言う返事と見てとったのか、うれしそうに又一歩進んで来た。

 私は実に自分の不甲斐なさに愛想が尽きた。ナイナは自ら類(たぐい)まれな美人であることを知っており、どんな男も自分の目の前には平伏する事を知っているので、人をゴミ芥(あくた)のようにしか見ていない。その恥じらう様子も頼りなげで、口のきき方もすべて自分の愛らしさを深くする手段で、腹の中では何とも思っていないことは、私は良く知っている。知っていながらもこれに逆らう事はできず、戸惑うとは何としたことだろう。

 しかし、まずまず下げた頭が返事となり、別に言葉を発しなくても、事が足りたことは、この上ない幸せだったが、ようやく安心するのに従い、ふさがっていた喉もやっと開き、今までつかえていた「はい」の一声が、われ知らず非常に高く口から出て、非常にきまりが悪かった。出すときに出ず、出さなくて良いときに出る、平静さをなくすと物事がこのように不手際になるものか。

 ナイナの後ろに控えていた魏奴もなるほど伯爵は女の前に出たことの無い人と見て取って、笑っていることだろう。私の目には彼の姿は見えず、ほとんど全ての物が見えない。ナイナもあるいはおかしさに耐えられなかったのかも知れないが、彼女は少しもその気を見せず、ただうれしそうに微笑んで、

 「ああ、さようですか、私はロウマナイ伯爵夫人ですが、実は今日貴方がこのアトリエにお出でになると聞き、少しでも早くお目にかかり、直々にお礼を申し上げなければ済まないと思いまして。いえもう、あれほどの立派な品は拝見したのさえ初めてです。」と言いながら、細い手をさしのべ私に握らせようとする。

 私はここに来て自分の心の余りの弱さ、我が身の余りの意気地(いくじ)なさに腹が立ち、ええ悔しいと言う考えから不作法にその手を取り、砕けるほどにその手を握りしめた。きっと指輪が左右の肉に深く食い込み痛かっただろうと思われたが、さすがに痛いとは口に出さなかった。私はこれでようやく度胸がきまり、人心がついたので、もうつまらない失策で大事を誤ってはならないと心を腹の底に沈め、前から練習してきた声音で、

 「いや、夫人、そこまでお礼を仰(おっしゃ)られては恐縮します。とくにご不幸の後、間もないところへ、あのような飾り物などを贈るのは余りに場をわきまえない行動で、さだめし情けないとお思いでしょう。いやもう、貴方のご不幸を思いやらないわけでは有りません。」

 「どうにかして悲しみが分けられるものなら、少しでも私が分かち合って、貴方の心を少しでも軽くしたいと思いまして。もし、ハピョが生きていましたら、今頃はハピョの手から貴方に渡されていただろうと思いますから、それで花里氏にもそう言ってお贈り申したのです。悲しい時に不似合いな贈り物とお叱りを受けないのはかえって私からお礼を申さなければなりません。」

 声は作り声だが言葉はどれも一句一句全て社交界の選りすぐりなので、魏奴がもしここにいてこれを聞いたら、私が貴婦人の前では口をきくことさえできないと言ったその言葉と全く違うことに不思議がり、ほとんど目を丸くしてあきれることだろう。

 しかし、彼は茶菓子などを運ぶため下りて行ってここにはいない。ナイナもいくらか私が初めの言い方の不器用さと違って来たことに気がついたのか、それとも、ほかに疑うところを見つけたのか、私の話の中頃から、少し顔色を青くし、ほとんど気味が悪いとでも言うように、私のめがねを見た。

 私はますます大胆になり、少しも臆せずナイナの顔を見返すと、ナイナは握られた手をそろそろとと引いたので、私はさらにソファーの方に導くと、ナイナははいと平然としてあたかも朝廷から下がって、私室に入った女王のように、これにもたれかかり、更に何かを考えながら、私の顔を眺めていた。このようなところに、魏奴が入ってきて、満足な様子で笑いながら、
 
 「どうです伯爵、とうとう計略に掛かりましたね。貴方の意のままにしていたら、いつまで貴方が夫人の所に訪ねて行かないか分かりませんので、私と夫人が相談して、今日は貴方の意外なこの面会を仕組んだのです」と言う。

 読者よ、これから奸夫、姦婦と騙(だま)されたその夫との3人の交際はどのような方向へ進んで行ったら好いのだろうか。それはまだ分からない。

次へ

a:834 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花