巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu60

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.2.5

今までの訪問者数731人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (六十)

 盃を私の顔に叩きつけたギドウの振る舞いは実に乱暴とも狼藉とも言いようがなかった。事情を知らない来客は口々に「これはけしからん」と叫んで総立ちになり、あわやと言う間に早ギドウを取り囲んだ。

 私はこの鼎(かなえ)が湧くような騒ぎの中にゆったりと立ったままで、まず、ハンカチで肩の辺りからしたたり落ちる酒を拭うと、第一にギドウの右の腕を砕けるほどにつかんだのはフランスの決闘家ハメル氏だった。氏はせき込んで雷のような大声で「これ、花里君、君は酔いどれたか。気が違ったか。自分の振るまいを知っているか。」と頭から怒鳴りつける。

 ギドウの怒る顔はさながら縄にかかった虎に似ていた。目の色がすさまじいだけでなく、見る見るうちに額の筋々が腫れ上がり、顔中紫色になり、ほとんど張り裂けそうに見えた。片手を捕まえられながらなお私の立っているところに迫って来て、口から吐く厚い息が、私の顔に炎のようにかかるのを感じた。

 彼はしばらくは言葉も出ず、ただきりきりと歯をならすばかりだったが、またも怒れる声で「おのれ、人非人、貴様の胸を刺し通さなければ置かないぞ。」と叫び、私に躍りかかろうとするのを、左からまた取って押さえたのは、これはフランスの決闘家、あのベダン侯爵だった。

 侯爵はあえて騒がない様子で、「まだ早い、まだ早い、こうれ、われわれ紳士は、よしんばどれほどの立腹があろうが、人殺しの罪は犯さない。決闘と言う公明な規則のない世の中じゃあるまいし。これ、花里氏、君は悪魔にでも取り付かれたか。今夜の主人公になぜそのような無礼を加える。なぜ、え、なぜ!」

 ギドウはいたずらにつかまれた両手を振りのけようともがきながら、「なぜだか彼に聞け、彼に聞け、彼自身に覚えがある。彼に聞け。」来客はこの言葉に私が何を言うかと、目を私の顔に転じた。その中にいた、あのフレシャ氏は、

 「彼に聞けと言われても、伯爵は返事に及びません。十分の返事があっても、ここは花里氏がそのわけを言うべきです。」
 私はこの言葉を聞き流し、自ら怒りを押し静めた声で、

 「いや、諸君、私に問うたところで、この方の立腹するのが何のためだかどうして私に分かりましょう。それともこの花里氏は、ただ今私が披露した夫人に対して自分で何か望みを託し、私を辱める口実でも持っているのかも知れませんが。」と言いながらギドウを見やると、彼は余りの立腹に今にも気絶しないかと心配された。

 彼はほとんど息の止まるような声で、
 「なんだ、口実でも、口実でもだと、馬鹿め、おのれの口からよくもまあそんな事が。」

 社交家マリナ男爵は穏やかに、
 「花里氏、それは、ただの罵詈雑言(ばりぞうごん)《悪口》というもの、紳士はどこまでも筋道を立てて言わなければ。これ花里氏、君は一婦人のために笹田伯爵という大事な親友を失う気か。婦人はいくらでもいる。親友はまたとないですよ。」

 私は更に胸から下の酒を拭いながら、
 「いや、もし花里氏がただ夫人に対する失望からこのように怒りを発したのなら私は深くは非難しません。年が若く血気盛んですから、これくらいのことはずいぶん有りがちです。十分に私に謝罪の言葉を述べれば、私は彼を許し、全くこの暴行を忘れてやります。」

 決闘家ハメル氏は「いや、伯爵、これほどの無礼を一片のわび言葉で許すとは前代未聞です。貴方は心が広すぎます。人を快く許すキリストさえ、ユダヤ人を許さないではありませんか。今夜の花里氏の振る舞いは許すことのできるものと全く種類が違います。」
温和なマンシニ氏さえも「全くその通りです。」と賛成した。

 ギドウはただ怒りだけ身に存在して、その他一切の感情は全て消えつくし、全身怒りのかたまりに化けたように、「何、謝罪、謝罪、あべこべだ、あべこべだ」と叫びながら、客の中に誰か自分に賛成する者は居ないかと見回すようだったが、非常な失望は非常な力を与えるとか、

 「ええ、放せ、」と高く叫んで、ハメル氏とダベン氏を払いのけ、あり合わすコップを取ってグッと一口に飲み干したのは、余りに喉が乾いて声さえ自由に出てこなかったからだ。

 こうして彼は一直線に私の所に飛んで来て、「うそつきめ、恥知らずめ、手前のような人非人がほかにいようか。夫人を盗みやがって、俺を馬鹿にしやがって。命を取らないと承知しないぞ。」

 私はここに至って少し満足の思いがした。あざける笑みが唇から浮かび来るのをくい止めて、更に真面目な様子を示して、なかば彼、なかば来客に向かいながら、

 「はい、命のやり取りも場合によっては決して避けません。笹田折葉、老体と言えどもお相手いたしましょう。けれども花里さん、貴方からそのように言われる理由が一つも私には分かりません。今申し上げた夫人は貴方に対して少しの愛情も無く、従って何の約束もしたことが無く、何の励ましも与えたことが無いのです。」

 「ひとえに自由の身であって、誰はばかることなく私と夫婦の約束をしたのです。もし、少しでも貴方に励ましを与えたような形跡が有れば、不肖折葉はすぐにこの約束を破棄し、夫人を貴方に贈りましょう。実に貴方が恨むのが奇怪です。」

 一同の客人は、私の寛大なことに感心した様子で、「花里氏は余りにひどい、いやし過ぎる」と評する人もいれば、「伯爵は実に聖人だ。」と言う人もいた。ダベン侯爵は依然として落ち着き、「実に聖人です。私ならあのように事細かな問答などしてはいません。」というと、

 「勿論です。」「私もです。」「わたしも」と言う声は残らずの口から出た。ここに至ってギドウの顔は鉛色のように青く、その目は毒蛇の目のように鋭かった。彼は更に一足私の方に迫り、「おのれは夫人が少しもこの花里を愛さないと抜かしたな。泥棒め、臆病者め、人でなしめ、そうして自分に謝罪しろと言うのか。さあ、俺の謝罪はこの通りだ。」と言うより早く、彼は、私の横顔をひどく叩いた。

 彼の指のダイヤモンドの指輪(すなわち私ハピョの指輪)は私の頬に傷を付け、点々と血を流すもとになった。一同の客人はこれを見てかっと怒り、正に、彼ギドウに向かいそうになったので、私は頬の血を拭いながら、ダベン侯爵に向かい落ち着いた声で、

 「侯爵、事ここに至っては私から花里氏への返事はただ一つしか有りません。貴方はその返事の介添人となり、決闘の準備をお運びくださらないでしょうか。」侯爵は肩をそびやかし、「進んで介添人を勤めましょう。」と言い切った。

60終わり次へ

a:731 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花