巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu63

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.2.8

今までの訪問者数707人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (六十三)

 瓶造は私の言葉に応じ、夜の寒さの中でもまだ出る額の汗を拭(ぬぐ)いながら、
 「この家を出るやいなや、花里氏は拳(こぶし)を空中に振り回しながら、海岸の方に走りました。体中の血がすべて頭に昇ったものか、走る足もふらふらして、地に足が着いていないのではないかと疑われるほどでした。」

 さてはこの人、身投げでもするつもりで海岸に行くのかと心配しましたが、そうではなくて、全く腹立ちのため、夢中になり、方角を間違えたのです。やがて、四,五町(四,五百メートル)も走った頃、ああこうではなかったと叫び、立ち止まって四方を見回す様子なので、私は見つかってはならないと思い、軒下に隠れました。

 彼花里氏は歯をばりばりと噛み鳴らし、ええ人非人め、ええ薄情女め、などとこのようなことを口走っていましたが、そこへ丁度空の馬車が通りかかりました。彼はこの馬車を呼び止め、さあ、大急ぎでロウマナイ家の門前までやれと命じ、そのまま飛び乗りましたので、さては、ナイナ夫人に会いに行くのかと私もすぐにその馬車の後ろにぶら下がりました。

 三十分と経たない中に馬車はロウマナイ家の門に止まり、彼花里氏も降りましたから、私もすぐ馬車から離れ、一方の茂みに隠れましたが、彼は忙しく払いを済ませて馬車を追いやり、門の戸に近づいて、砕けるばかりに叩き始めました。およそ、六.七回も叩きましたが、中から何の返事も有りません。

 彼はますます狂いだし、今は門を押し破ると決心したか、これ皺薦、ここを明けないかと言い、ナイナ、ナイナなどと大声を上げて蹴るやら突くやら、さんざんに力を加えましたが、十五分も経ったかと思う頃、ようやく皺薦の返事が聞こえ、やがてランプを下げて出て来るその火影が見えました。もっとも、皺薦もよほど驚いたものと見え、ぶるぶる手が震え、ランプの火影が揺さぶられるかと思われるほどでした。

 彼花里は皺薦が門の戸開けるのを待ちかねて、俺はナイナに会いに来たのだ。ナイナを起こせと叫びました。皺薦は喉でも絞められたかと思うように枯れた声で咳をし、ナイナ夫人はお留守です。この家にはおりませんと答えました。

 彼花里はかっと怒り、すぐに皺薦の胸ぐらをつかみ、おのれまで笹田折葉に加担して俺を欺くのかと言い、容赦もなく振り回すので、私はよほど隠れているところから飛び出して、彼を救ってやろうかと思いましたが、貴方様の言い付けも有りますからやっとの事で思い直し、いやいや今出てはならないと元の所に控えていました。

 「おお、それは良く控えていたな。」
 「皺薦は振られながら、いえ嘘ではありません、本当ですと叫びましたが、その声は花里氏の耳に入ると彼は始めて手をゆるめ、何だ、本当だと。それなら行った先はどこだ。正直に白状しろ。

 はい、はい、何でもここから十マイル(18.5Km)ほどあるアナンジュタの修道院だと申します。なんだ修道院、俺を避けるためあの笹田めが修道院に押し込めたのかと言いながら、可愛そうに皺薦を突き飛ばしました。皺薦は遠くに倒れ、ランプまでもめちゃくちゃに壊れましたが、花里氏はなおも闇の中でさんざん皺薦を罵(ののし)り、おいぼれめ、死ぬまで倒れていろと言い、そこを駆け出しました。

 後に残った皺薦はようやく起きあがり門を閉めて戻った様子でしたが、花里は一気に林の中を通り抜け、横の方の大道に走り出ました。私もほとんどついていけないほどでしたが、大道を四,五間(約10m)も歩いたかと思ううち、彼花里は余りのぼせて目がくらんだのか、どうとそこに倒れたまま気絶してしまいました。」

 「え、魏堂が気絶した。」
 「はい、気絶しました。」
 「それからどうした。」
 「私もこのままには捨てておけないと思い、帽子を目深に引き下げて、上着の襟を巻き上げて十分に顔を隠し、静かに彼を抱き起こして、そばにあった噴水の水をすくい、彼の顔に振りかけました。」

 「彼はようやく気が付きましたが、私を真の他人と思い、言葉短く礼を言い、つい目がくらんで倒れたのだと言い訳し、それから噴水の水を一升(1.8リットル)ほども飲み、ああ、これで心持ちが直ったと言いながら、町の方に下りました。」

 「私は更にその後をつけましたが、彼は裏町の居酒屋へ入り、中から放蕩(ほうとう)に身を持ちくずしたかと思われる二人の紳士を連れて来ました。」
 「ははあ、それを介添人に頼んだな。」
 「はい、そうと見えます。言葉ははっきりと聞こえませんでしたがさも悔しそうに二人に何かを頼むと、二人ともすぐに承知したようでした。すでにただ今私が帰った時、その二人がこの家に来て、貴方様の介添人と何かを相談していました。」

 「そうか、もう相談して帰ったのか。」
 「いいえ、まだ多分相談しているのでしょう。」
 「それからどうした。」
 「それから彼花里はその二人に別れ、自分の住まいに帰りました。彼はポケットから鍵を出し、住まいの戸を開いて入りましたので、何かを捜してまた出て来るのかと思い、私は二十分ほど外で様子を見ていましたが、再び出てくる様子も見られなかったので、彼はなんでも椅子の上に沈み込んだままとみえ、窓から明かりも見えません。」

 「しばらくすると、闇の中から、泣き声が聞こえましたが、良く聞くと彼です。ええ、残念だ、笹田めにだまされたと叫び、彼は明かりも点けずに泣いています。たぶん夜が明けるまで泣き明かすことでしょう。」

 「それからどうした。」
 「これだけ見届ければもう他に見ることも有りませんので、早く貴方にこれだけのことを申し上げたいと思い帰って来ました。」
 私はこれだけのことを聞き、ますます心地よい思いをしたので、更に言葉を改めて、

 「これ、瓶造、お前も見たとおり、今夜花里氏が満座の中で私に加えた辱めは、血を持って洗い清めるほかはない。俺が死んだらお前は他に口を捜して奉公しろ。まさか殺されるとは思わないが、勝負は時の運次第なので仕方がない。それについては、先日手入れしたピストルをすぐに使えるように更に良く手入れして組み直しておいてくれ。」と言い瓶造が下げた頭が上がる間に私は寝室に下がった。


63終わり次へ

a:707 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花