巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku5

活地獄(いきじごく)(一名大金の争ひ)(扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.5


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

      活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

      第五回 珈琲店の先客  

 前に記した様に、此の頃は国王再び巴里(パリ)に帰ろうとし、英国の兵に助けられて、市街の外で戦っている時であるので、紳士柳條は其の友町川に分かれてからも、空しく我が家に帰るより、新聞紙を読んで、今日の戦争の模様を見るに越したことは無いと、直ぐに伹(と)ある珈琲店に入って行くと、ここには唯二人の客があった。

 一人は年六十にも近いと思われる老紳士で、給仕を相手として何事をか語らっている。今一人は毎夕新聞を取り上げて、余年もなく読んで居るので、其の顔は新聞紙に隠れて見えない。更に四辺(あたり)を見廻すと、此の外には一枚の新聞紙もない。依って柳條は明き次第毎夕新聞を借り受けようと思い、其の人の向かいに腰を下ろし、凡そ二十分ほど待っていたが、其の人はまだ読み終わらない。

 若しや読み掛けて、居眠りしているのではないかと柳條は指でテーブルの上を三つ四つ弾(はじ)くと、其の人は初めて新聞紙を下に置き、
 「何か私に御用ですか。」
と尋ねた。
 
 柳條は先ず其の人の容貌を見ると、髪の毛は長く延びて肩まで垂れ、それ加え、肉痩せて頬骨出て、眼に深い光があって、奥の方から人を射る様子は、わざと我を愚弄するかと疑われる。血気に早る柳條なので、早やムッと癪(しゃく)に障り、目に角立てて再び其の人の顔を見詰めた。其の人は柳條が唯己(おのれ)の顔ばかり眺めるのを見て、宛も嘲(あざ)笑う様な調子で、

「是は可笑しい。騒々しくテーブルを叩くから、きっと用事だろうと思えば、唯人の顔を見る丈の事か。」
と失敬な語を放ち、又も新聞紙を取り上げようとする。柳條は少し迫込(せきこ)み、貴方は何時まで其の新聞を読むのです。私の待って居るのが分かりませんか。」
と鋭く問うと、

 其の人、
 「イヤ分からない事もないが、今し方読み始めた所だから、未だ貴方には貸せません。雑報から広告まで残らず読んで仕舞うのが私の癖ですから、読み度いとならば、邪魔せずに静かにお待ちなさい。」

 此の口振りは、充分柳條を怒らせたけれど、だからと言って深く咎める理由もないので、空しく気を燥(苛)らだてて控えるばかり。其の人は益々図に乗った様に、面白そうに声を発して芝居見世物などの広告を読み始め、果ては独り言を発して、

 「アア流石は巴里の人民だ。町の外で戦争があるのに、それには少しも気にかけず、芝居だの見世物などを騒いで居る。実に浮世は斯(こ)う行き度いものだ。国の為だの自由の為などと、固い理屈を吐いて世を騒がせる奴等の気が知れない。」
と言ったので、柳條は最早や耐え兼ね、容赦もなく手を差し延べて其の新聞紙を掴(つか)み取り、

 「貴方は何者か知らないが、当て付けにも程がある、国の為だの自由の為だのとは誰の事です。」
と問詰めると、彼は充分に落ち着いて、
 「ハハア、貴方も気の知れない一人と見えますな。」
 柳「コレは益々聞捨てられない。」

 其の人「是は可笑しい。他人の一人言を一々聞き咎め、それを喧嘩の種にしては。」
と言い掛けて打ち笑った。
 柳條は何で此の無礼を許すだろう。火ッと怒って我名刺を取り出し、之を其の人の前に差し附けた。この様な場合に名札を与えるのは、決闘を言い掛ける徴(しるし)である。

 其の人は静かに名札を取り上げ、柳條の名を見て宛(あたか)も非常に驚いたものの様に、眼をピカピカと光らせていたが、忽(たちま)ち何食わぬ色を粧(よそお)い、
 「フム非役陸軍中尉柳條健児か。中々好い名前だ。」
と云って名札を己(おのれ)が衣嚢(かくし)に収(おさ)めた。

 先ほどから室(へや)の一隅に在って、給仕と語らって居た老人は、此の喧嘩が始められようとした時から、様子ありげに頻(しき)りに此方を眺めて居るのは何故だろう。しかしながら柳條はそれには気も附かず、更に件(くだん)の相手に向かい、

 「サア貴方の名札をお出しなさい。」
 其の人は更に落ち着き、
 「イヤ物騒な此の節柄の事だから、簡単には名札は渡されません。」
 柳「とは又卑怯な。明朝此方(こっち)から介添人を差し向ける故、宿所姓名を聞いて置かなければ。」

 其の人「貴方の方から介添人を送るとは順序が違う。実は貴方が私を辱めた事だから、介添人は此方から送ります。貴方の宿所姓名さへ分かって居ればそれで好い。」
 柳「では明朝間違いなく私の宿まで介添人を寄越しますか。」
 其の人「爾(そう)だな、それは此方の都合次第サ、随分忙しい身分だから、明日送るか明後日送るかは、その時が来なければ分からない。」

 此の人、若し一通りの紳士ならば、この様な卑劣は言葉を吐く筈はない。恥じもなく、名誉も知らず、徒(いたずら)に人の挙動を探ろうとする其の筋の探偵に相違ないと、柳條は初めて気付いたので、又一層の怒りを加え、容赦もなく此の場で打ち懲らして呉れよう、と突然長杖(ステッキ)を振り上げて、唯一打ちに彼が眉間を打ち砕こうとすると、彼は敏速(すばや)いこと飛鳥の様で、肩に垂れた長い髪を振りながら、身を返せて空を打たせ、其の儘(まま)テーブルの間を潜って戸外(おもて)の方へ飛び去ったので、柳條健児は其の後を追掛けて、続けて戸外に躍り出で、十間(18m)余りも行ったけれど、其の姿さえ見えなかったので、

 「エエ残念な事をした。」
と呟(つぶや)いたけれど、根が訳も無い喧嘩なので、直ぐに又思い返し、遠からず瀬浪嬢と結納をも取り交わすべき身で、此の様な事に我命を賭けるべきではないと、元来た方へ一足踏み返ろうとすると、此の時忽ち我前に立ち留まる人があった。誰かと見ると、たった今まで珈琲店の隅に居た、彼の老人であった。

 柳條は是も又探偵の片割れで、我が後を追って来た者ではないかと思うので、言葉さえ荒々しく、
 「何故俺の後を尾(つ)けて来る。失敬な事をすると叩き殺すぞ。」
と杖を上げて罵(ののし)ると、老人は周章(あわて)て飛び退き、
 「イヤ待った、実はお前に言い聞かせる事があって態々(わざわざ)ここまで尾いて来たのじゃ。」
と言う。其の様子は訳(わけ)がありそうに思われた。



次(第六回)へ

a:54 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花