巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume19

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.7.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

               十九

 呪う言葉を後に残し、イリーンは立ち去った。春人(はるんど)は首を上げて見回したが、イリーンの姿は見えない。唯あの言葉だけが耳に残っている。
 彼れ必ずこの仇を復(かえ)すと言い、仇を復(か)えす為に、残る生涯を費やすと言った。まさかに女の力で、我が身に復讐が出来得るとは思わないが、まだどことやら気に掛かり、心穏かで居ることはできなかった。

 その後を追い、連れて来て慰めようと思い、今しがたイリーンが出て去ったその戸を開き、次の間を見渡したが、その姿は無く、又次の間にも姿は無かった。彼は何処に去ったのだろう。去ると言っても、別に行き先の無い身、今にも自ら機嫌を直し、此処(ここ)に帰って来るだろうと思い、凡そ一時間ほども又元の部屋に帰り待っていたが、イリーンは帰って来なかった。

 益々不思議に思われるので、或いは寝間にでも入って未だ一人泣き鎮めて居るのではないかと、又立って寝間に行き、次には化粧の間にも入ったが、衣服その外少しも何時もと変わることなく、着替えなどして遠くへ出て行った跡も無い。更に書斎に入って見ると、白紙の真ん中に何やら、認(したた)めてテーブルの上に在る。取り上げて見ると、確かにイリーンの書いたもので、墨もまだ鮮やかに光っていて、書いて一時間と経って居ないものだ。その文句は唯の五文字だった。

 「血を見る敵(かたき)」
 唯短い一句ではあるが、何か物凄い意味がある様に思われた。血を見るまでは恨みを忘れない敵であると言う意味か、我れ、春人を刺し殺して血を見なければ、復讐の念を断念しないとの意か。いずれにしても穏かならない心にして、深い恨みをこの句のうちに含めていることは疑い無いので、春人は我にもあらず、ゾッと身震いするのを覚えたが、

 「ナニ、女などいう者は、一時の情に心眩(くら)み、泣く時は我を忘れて泣き、怒る時は前後も知らずに怒るけれど、その代わり又打ち解けるのも早いものだ。今に帰って来るだろう。」
と又この様に自ずから思い直し、出て行って下僕(しもべ)の居る所に行き、もしやイリーンを見なかったかと問うと、
 「イヤ、もう一時間も前に裏口から出て、川の方へお出でになりました。」

 川と聞いては、もしや身投げではないかと危ぶむ心も出たけれど、血を見る敵と名乗る程の恨みを以って身を投げる筈も無く、川と言っても橋があって、橋を越えれば何処までも行かれるので、又強いて自ら慰め、今に帰って来るに違いない。今に、今にと、言いながら日を暮らしていたが、終に帰らなかった。

 二日を経、三日を経て、更に何の音ずれも無かったので、春人は漸(ようや)く真面目に心配する事と為り、血を見る敵という言葉が、益々容易ならなく思われるに至ったが、今更何と言っても仕方がない事だった。唯一つ何より辛く感じられるのは、今迄この家の内を照らし、我が身の上を照らしていた、非常に美しいその顔を見ようと思っても、復(ま)た見ることが出来ない一事である。

 今まではイリーンの顔は、何時でも見られると思っていた。どれほどその顔が我が身を慰めていたことか計り知れない。我が身は何時もこの様に晴れやかで、この家は何時もこの様に楽しい所とばかり思っていたが、唯イリーンの笑顔が見えないだけで、この家は何となく火が消えた様で、我が一身は味の無いこと蝋(ろう)を噛むようだ。

 アア我が身はこれ程までにイリーンを愛して居たのか。イリーンはこれ程まで我が身に大切だったのかと、思うほど益々物足らない心地して、果ては食う物さえも味がしなかった。
 さては、さては、イリーンが願った通り、辛くとも、李羅嬢と破断して、イリーンを生涯の我が妻と定めることが我が身の幸いであるか。李羅嬢とは会わなくても我が身は何の苦痛とも思わないのに、イリーン無くてはこの後の永の年月をどうして送ったよいのだろうと、急に浮世の苦労を感じたが、是もまた、思ってもどうしようないことだ。

 いっそのことこの家を畳(たた)もうか。この家はイリーンのために借りたもの。彼が居なければ、家ばかり置いて何になるなど、一人考えは考えても、猶(なお)その心に、イヤイヤ、イリーンが何時帰ることがあるも知れない。帰れば直ちに本の様に、この家の主人となるのだから、兎に角も今一年は此の儘(まま)に、下女をも下男をも置いて残して置こうと、漸く決心し、是より一年ほど此の儘にして置いたが、終にイリーンは帰って来なかった。嗚呼イリーンは如何したのだろう。

 「血を見る敵」、如何(どの)ようにして血を見るのだろう。



次(二十)へ

a:384 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花