巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume37

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.8.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

               三十七

 イリーンはこの様にして、この様に春人(ハルンド)を見下す事出来たので、心密かに喜んだけれど、これに引き代え春人は不快の思いに耐えられなかったが、だからと言って又イリーンの心を動かし、昔の恨みを忘れさせることは殆(ほとん)ど不可能なので、今は如何し様も無かった。

 彼女が我に余所余所しければ、我も又彼女に余所余所しくしよう。客と女主(あるじ)の間に於いて、角を立てる事は出来ないが、我打ち鬱(ふさ)いては彼女は益々勝ち誇る道理なので、我も唯彼女を度外に置き、彼女から何と仕向けられても、我は痛いとも痒いとも思わず、彼女を取るに足りない小児の如く見做して置けば、彼女も心に楽しさを得ることは出来ないだろうと、こう思い定めて、これからは二度とイリーンの機嫌は取らず、時々は言葉など交わす事は有るだろうが、それも唯一通りの挨拶にして、なるべく我が心の平気であることだけを示す事にすると、

イリーンは女心に早くもそれと悟り、春人を憎む心が、又一層強くなり、何とかして充分彼の心を苦しめ、我が復讐を仕果せる工夫は無いかと、寝ても醒めても、そればかりを考える程となったが、心無い人の心を苦しめるのは、目の無い人の目を潰そうとする様なもので、その工夫の浮かばないも仕方が無い。

 その中に早や一週間の余りを経て、客の逗留する期限も尽き、春人夫婦も他の客と共にサクソン宮より帰り去ったが、是から凡そ一月の後、朝廷で例年の大宴を催される事と為り、イリーンは公爵夫人としてその夫と共に、第一に参会を仰せ付けられたので、一画家の娘でありながらこれ程まで出世したかと、我ながら夢の様で、ここを晴れの舞台として着飾って、朝廷に出て行った。

 この時再び春人夫婦と同席したが、宴会の盛んなのに紛れ、互いに嫉(ねた)みを現し合う暇も無く済んだが、これ以後公爵夫人イリーンの名は、英国の上下に響き渡り、交際場裏第一の美人として女王の様に崇められ、イリーンの臨む宴会に招待される人は、身に余る誉れとし、争って出席し、イリーンが公爵と共に芝居見物に行くと言えば、前々から上流の新聞に披露されて、その夜は必ず木戸に大入りの札を掛け、遅れた人を謝絶する程の勢いと為った。

 ある夜の芝居見物に、イリーンは何げ無く場中を見回すうち、一方の桟敷に当たり、我が眼に何とやら物恐ろしく覚えている一人の顔を認めた。是は何者だろうと自ら疑うまでも無く、イリーンは直ちに思い出だした。是こそ、かって春人が偽りの婚礼を以って我身を欺いた時、春人を助けて、我が身に夫婦の誓いを言い渡した偽僧である。その名前が、馬淵春介と言うことはその後春人に問い、知っていたが、今も猶その怖はらしき顔とと共に我が心に鮮やかであった。

 その時の僧服を被った彼の姿と、今の紳士風にしている彼の姿と、一方ならない相違はあるが、その悪相は見違がえるはずは無い。イリーンは意外な所で廻り逢ったものだと、一時は我が顔色を制す事が出来ないほど驚いたが、彼も敵の片割れで、報復すべき恨みがある。今逢ったのは幸なりと、我が驚きの静まるのを待って、それとは無しに傍にいる夫に問うと、

 「オオ彼か、彼は先年是蘭(ゼランド)伯爵が春人に頼まれたから、何かに取り立てて遣って呉れと言い、私の所へ頼んで来たから、私が領地の租税局へ雇ってやり、一年八百ポンドほどの俸給を遣ってある。今も猶喜んでその役を勤めている様子だが、何でも春人の学校友達か何かで有ろう。」

 と公爵は答えた。さては我が身を欺いた褒美として春人が彼を是蘭(ゼランド)伯爵に頼み、伯より公爵に周旋して位置を得させたものに違いない。彼を相手として、恨みを報えるのは、身分として大人気無い仕方ではあるが、彼の様な悪人を許して置いては、この後に又如何の様な禍を人に加えるかも知れないので、充分に懲らしめてやらなければと、イリーンは早くも思い定め、

 「貴方にお願いが有りますが、訳を聞かずに叶えて下されましょうか。」
と囁くに、イリーンの言うところは細大と無く、言うが儘(まま)に聞き従う公爵なので、
 「何なりと」
と熱心に答えた。
 「貴方が彼にその位置を与えたならば、貴方の力で又その位置を取り上げる事も出来ましょう。」
 「出来るとも」
と公爵は言い掛けたが、夫人の身に似ない異様な言葉なので、忽ち一種の疑いが催し来て、

 「では何か、彼奴(きゃつ)がその昔和女(そなた)の身を」
と問わんとするのを、イリーンは笑顔で制し留め、
 「ナニそうでは無いのですよ。唯私の知っている或る人に、彼はかって害を加え、その人が彼を悪人として深く恨み、如何か罰して遣りたいと言ったことを、私が知っていますから、それでこの様に申すのです。」

と非常に軽く言い消したが、公爵は益々眉を顰(ひそ)め、
 「害とはどの様な害を加えた、それだけ聞かせては呉れまいか。」
 「他人の秘密を、私の口で言うことは出来ないでは有りませんか。」
 公爵はそんな奴だったのかという眼で、馬渕春介の顔を見詰めると、彼は偶然にもこちらを向き、恭(うやうや)しく公爵に黙礼したけれど、彼は勿論数年前に、自分が偽って婚礼させたその田舎娘が、この英国第一の貴夫人であるとは思いも寄らず、その婚礼の事すら既に忘れた程と見え、唯恭しい様子だけで、その外に何の色も何の気合も現さなかったので、公爵は全く我が妻に関した事ではないと納得し、少しの間でも、妻に根問した我が心を恥じた様に、

 「イヤ、彼奴(きゃつ)等が和女(そなた)に恨まれる値打ちは勿論無い。私は和女が不意に変な事を言ったから、ツイ気を回して済まなかった、尤も慈悲深い和女がそう言うからは、きっと彼は根性の良くない奴だろう。なるほど顔付きも何だか悪人じみて居る。彼のような奴に租税のことを扱わせるのは第一私が気に入らない。好し、誰が何と言おうとも早速その位置を取り上げる。」
と言い切った。

 その結果は是より数日の後、馬渕春介は単に、
 「今日限り解雇」
と言う味も素っ気も無い、言い渡し書を上役より受け取って、宛(あたか)も我が立って居る足跡(あそもと)が急に千尋の谷となり、我が身がこれに陥いろうとするような心地して、これはとばかりに驚いたが、早や後の祭りとなった。


次(三十八)へ

a:366 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花