巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ningaikyou77

人外境(にんがいきょう)(明文館書店 発行より)(転載禁止)

アドルフ・ペロー 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

アドルフ・ペローの「黒きビーナス」の訳です。

since 2020.6.28

a:4 t:1 y:0

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         
        第七十七回 白女とは私の事

 芽蘭(ゲラン)夫人を指して、先ず茂林の妻であるかと問う魔雲坐王の心中には、何か一物有るのではないか。
 茂林はそうと迄も疑わず、
 「否、我は未だ妻を持って居ない。」
と答う。

 此の返事は実に並み居る蛮人等を驚かせた。此の国の様に男子二十歳以前に妻を持ち、しかも妻帯を人間第一の目的と心得て、百人二百人の妻を一人で携える王さえ有る土地の者共、卅歳を過ごし、男子が未だ無妻であると聞いては、殆ど理解する事が出来ない。

 全くに開いた口が塞がらない有様なのに、先程君主と見違えられて辛(やっ)と安心した彼の與助は、一同の開けた口に輝いている白い歯を見て、若しも此の歯に噛まれてはト又顔色を失った。

 王は押し返して、
 「然らば此の美しい女は誰の妻だ。」
 茂「誰の妻でも無い。吾々の妹である。」
 此の返事も又、王に非常な不審の念を起こさせた。此の国においては、妻が夫に従って旅行する事は有っても、妹が兄と共に旅するなどは絶えて無い事柄である。

 兄弟は他人の初めと云う諺もあ有るが、此の国においては、兄弟姉妹は全くの他人である。その間に何の愛(いつくし)みも存することは無い。
 「妹ならば、遥々御身等と旅する事は不思議では無いか。その訳を聞かされよ。」
 茂林は四辺を見回し、

 「サアその訳とは、この様な大勢の人の前では言う事は出来ない。だからこそ唯今も王に秘密の面会を求めたのだ。明日の夕涼(ゆうすぎ)に来て、廷人を退けられた後で、弛々(ゆるゆる)とお話し致しましょう。」
 「好し、その時に聞こう。」
 是で初の面会は終わった。

 王は自ずから身を起こし、廷人達に送られて、数百の妻を待たせてある後宮の方に去り、一同は彼の式部長官に送られ、更に王の厚意で命じられたと思しき、五十人ほどの黒兵に護られて小屋に帰った。

 夕刻になって、王から数斤《数kg》の獣肉を贈って来たので、数月以来、旨い鮮肉を口にしていない一行は、何よりの馳走と喜び、直ちにその料理を命じ、王には更に返礼として、小形の楽器を送って、やがて打ち寛いで夕飯の卓を囲むと、独り與助だけは顔の色が非常に悪(あし)く、毎(いつ)に無く鬱(ふさ)ぐ様子なので、人々は左右から其の仔細を問うと、

 「ハイ私は先程見た廷人等の白い大きな歯が、未だ目に附いて消えません。此の様な肉を贈り、我々を肥やして置いて、其の上で捕らえて喰う積りでは無かろうかと気掛かりです。」
と益々打ち萎れて答えるので、一同はその臆病なのに驚いてドッと笑った。

 中でも茂林は、
 「貴様の様な臆病者が何して先アアラビアから、此の国のバヒャウダの沙漠まで独りで旅行ができたのだろう。」
と叱り懲(こ)らしめると、
 「ナニあの時は独りで旅行したのでは無く、奴隷商人に捕まって、無理に連れて来られたのです。」
と真面目に実際の事を告白するのもおかし。

 この様な中にも一同が気に掛かるのは、果たして芽蘭男爵が此の辺を通ったのかどうかの疑いである。王はドイツ人シユ氏の事を何度も話したけれど、男爵の事は絶えて口に出さない。男爵はシユ氏より後に来た事になるので、王が若し男爵を見たとすれば、シユ氏の事から男爵の事を更に詳しく記憶していて、余計に言い出す筈である。

 それが一言も云わないのは何の為だろう。男爵が或いはここを通らなかったからか。それとも王が男爵に何か秘密の処分を施した為、意図的に隠しているからなのか。それも是も、明日夕涼みの面会には分かるに違いないと、只管(ひたす)らその時を待っていたが、今は既にして翌日と為り、約束の時刻も来たので、又も昨日と同じ同勢で、茂林を先に立てて王宮に行くと、今日はヒッソリと静かにして、一同を迎えるための用意が整って居るとも見えない。

 さては初対面と違うため、一切の式を略したのだろうなどと思って、先づ例の式部長に意を通ずると、式部長は退き、数刻の後に出て来て、王の言葉を伝えて、
 「昨日白人が伴って居た、彼の美しい女一人に面会する。彼女のみを奥へ通すように。」
と云う。

 是は意外な言方である。何の為め王はこの様な心を起こし、又何の為一同を芽蘭夫人から分かとうとするのか。礼儀を知らない蛮王とは云え、余り無礼な言い方なので、気短い茂林は第一に赫(くわっ)と怒り、

 「失敬な奴だ。踏み込んで舌の根を引っこ抜いて呉れようか。」
と云い、腰に着けた短銃を探り試む。平洲も同じく立腹し、
 「此の様な言葉に応じられる者か。」
と云い悪い事にも立ち到りそうな剣幕である。

 芽蘭夫人は二人を制し、
 「ナニ王の言葉に応じさえしなければ、何もそうお腹立ちには及びません。先ず静かに相談しましょう。たとえ私が唯独りで、王の前へ行った所で、別に危い事などは有ろうとも思われませんが、唯だ蛮人と云う者は、少し此方(こちら)が甘く出れば、図に乗って何処までまでも無理を言い募りますから、ここで王の我儘(わがまま)な言い分に従えば、此の次は又更に何の様な事を言い出すか分かりません。

 白人ははその様な我儘(わがまま)には従わないぞとの意を示す為め、此のままここを退きましょう。ハイ退いて王がその非を悟るまで、小屋に帰って居るとしましょう。」
 此の穏やかな言い分には、寺森医師が第一に賛成し、続いて平洲も茂林も実にその通りだと悟ったので、威儀を正して退りぞこうとすると、何と思ったのか、独り彼の帆浦女は周章(あわて)て、両の手に平洲と茂林との手を捕らえ、一生懸命に引き留めながら、

 「お待ちなさい。お待ちなさい。貴方方のお考えは、大いに誤解の恐れが有ります。」
 何事だろうと両人は帆浦女の顔を見詰めると、帆浦女は躍起の有様で、
 「王が白人の女、唯一人寄越せと云うのは、芽蘭夫人を指したのでは無いでしょう。」

 アア夫人を指さずして誰を指すことがあろうか。誠に異様な事を云う者かなと両人(二人)が未だ納得する事が出来ずに居ると、
 「白人の女とは夫人一人で有りません。私も確かに白人の女です。取り分けて王は昨日私に老いた女と云い、敬称をまで加えた事は、寺森さんが良く御存じです。ネエ寺森さん。王が逢おうと云う白人の女とは、多分私の事だろうと思います。」

 平洲と茂林は呆れ返り、暫しが程は返事も出なかった。



次(第七十八回)へ

a:4 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花