巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume143

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.23

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十三)愈々一段落

 第二女の子孫に与えると聞いた時、江南が異様に驚いたのは、何の為であろう。
 彼は確かに竹子の孫であるから、何も驚くには及ばない筈である。けれど頓(やが)て谷川から、此の上の調査はしないと聞くに及び、幾分か自分の心を取り鎮(しず)め得た様である。

 其れで彼は更に問うた。
 「全く此の上の調査はしないのですか。」
 谷「松子と竹子と梅子、君はこの三女の中、竹子の孫では無いか。」
 江「ハイ、竹子の孫です。」
 谷「其れならば勿論、此の上の調査の必要は無いのさ。所有者網守嬢の目的が達したのだから。」

 江「其れでは他日若し、他の子孫が現れて来れば、何しましょう。」
 谷川は感心した様に、
 「オオ、此の様な際に念を押すのは、見上げた者だ。通例の人ならば、他の血族を押し退けても、受け取ろうと言う所だのに、君は其の様に躊躇する。勿論他の子孫と言えば、第三女梅子の子孫だが、現れて来た所で、何にも関係は無いよ。僕は特に此の点を研究したが、此の宝は遺産では無く、随意の贈り物である為、寒村網守嬢の目指した、第二女の子孫の外は、誰も受け取る権利が無い。

 江南は追々に安心して、追々に落ち着き、
 「分かりました。けれど若し網守嬢が、其の竹子の孫が私と知れば、取り消す様な事は無いでしょうか。」
 谷「その様な事が有る者か。網守嬢は受け取る人の名など聞いて、若し恩に着せる様な心を起してはなら無いと云い、名を聞くことさえ辞して居るのだ。是ほど心の美しい嬢が、何うして取り消しなどする者ぞ。」

 江南は初めて嬉しそうにホッと息した。
 谷「サア話が極まったたから、実物を見せよう。」
と言い、金庫の戸を開いて取り出したのは、古い鰐革の嚢(ふくろ)である。其の中に満ちて居るのは、既に読者の知る通り、小石の様な紅宝石(ルビー)である。中には一部分を磨り切って、紅の様な美しい光の現れて居るのもあるが、大部分は未だ磨かない璞玉(あらたま)の儘(まま)である。

 江南はブルブルと身を震わせ、
 「オオ、是が五十万圓以上百萬圓もーーーー。」
 谷「そうだよ。サア渡すから、持って帰り給え。」
 江「イイエ、大切の品ですから受け取るだけの用意をして、改めて受け取りに上がります。其の時まで何うか彼方の金庫へ大事に納(しま)って置いて下さい。」

 谷「オオ君は実に注意が深い。何しろ五十萬圓以上の貴重品だから、自動車に乗ってでも受け取りに来るのが好かろう。ではこの儘納(しま)って置こう。」
と云い、谷川は再び宝を金庫の中に納めた。是で先ず、今まで読者に幾多の心配を掛けた鰐革の嚢も、一段落を告げた様な者だ。

 暫くの後に江南は、分かれを告げて谷川の事務所を出で、我が家を指して帰ったが、まだ身体がブルブルと震えて、踏む足さえも定まら無い様子であった。


次(百四十四)へ

a:106 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花