巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume205

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.24

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百五) 愚かな空騒ぎを

 実に網守子は大胆である。何が何でも是より江南の許に行き、彼を責め立てて、白状させる積りである。
 彼が果たして白状するか否やなどと云う疑念は、網守子の心には毛ほども無い。唯白状させなければ置かないとの決心のみである。

 「谷川さん、若し私に用が有れば、従妹藤子の家へ電話をお掛け下さい。今日明日は藤子の許に居ますから。」
とのみ云って、小笛と共に立ち去った。
 真逆(まさか)に、谷川は網守子が直接に蛭田江南を責めに行こうとは思わなかった。けれど網守子の去った後で独り考え込んだ。

 網守子が江南を疑うのは、妙に筋道が立って居る。二十歳に成るか成らないかの少女に、何してああまで辻褄の合った考えが出来るだろうかと、殆ど怪しいほどに思った。取分け蛭田江南が、丁度那(あ)の時、ワルシー市へ行ったのも不思議である。自分は彼がワルシー市へ行くのを確かに認めたけれど、其れを忘れて居た。

 網守子の方は何の根拠も無く唯疑って、其の疑いが当たっている。今時の少女は実に恐ろしいとさえ思った。けれど谷川は、何う考えても、到底江南を疑うことは出来ない。其れは江南が、紅宝石(ルビー)を辞退したと云う、大なる事実が有る為である。のみならず竹子を、古江田利八の三女だと云い出したのも江南である。

 彼が自分で言わなければ、誰も知る者は無かったのだ。たとえ路田梨英が、二女梅子の孫であると云って出た所で、此の自分が採用しない所であった。是で見ると、何しても江南は戸籍を切り取る筈が無い。
 如何にしても江南を疑うことは出来ない。

 爾(そ)うすれば路田梨英が仕たので有ろうか。爾うだ、江南を疑わないとすると、路田梨英を疑う外は無い。とは云え、梨英も、其の様な悪事を企み相な男とは、思われない。考えては考え、殆ど時の移るのを知らない程で有ったけれど、谷川の思案は終に定まらい。

 「何が何でも江南では無い。と云って梨英でも無い。」
と只同じ疑惑の間を、何時までも迷うのみであった。
 此の様に迷うより、早く金庫の中の紅宝石を見れば好いのに。紅宝石が、何時の間にか贋物に替わって居ると分かれば、谷川も合点が行こう。けれど谷川の心に、此の様な疑いは毛頭起こらない。

 是で見ると人間のすることは実に馬鹿げた場合が多い。多くの人が悶(もが)いたり疑ったりして居る間に、肝心の宝は既に紛失して居る。其れを確かめようともせずに、此の様に騒いだからと言って何になるか。実に愚かなる空騒ぎでは無いか。

 空騒ぎと知らずに、泣いたり笑ったり怒ったり。
若し之を神様の目から見れば、余りの事に、気の毒で仕方が無いであろう。


次(二百六)へ

a:100 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花