巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume88

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.29

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (八十八) 真似する者が有るよ

 蛭田江南が、演目標(プログラム)に添えた詩の本文を広げて居る間に、網守子の独唱は始まった。其の声は専門の唱歌者ほど力が強くは無いけれど、澄み渡った高調音で、素人としては類の少ないほど上達して居る。勿論客の中には耳の肥えた人が多かったけれど、どの人も全く感服して、惜し気も無く喝采を浴びせた。

 作曲はフランスの歌にある譜を、其のまま当て嵌めたのである。けれど、特に此の詩の為に作ったかと思われるほど、良く適(はま)って居たので、是にも一同は網守子の修行の充分積んで居ることを認めた。

 独唱が終わって、客一同が網守子を囲んだけれど、今度は蛭田江南が先頭第一では無かった。江南は網守子の成功を祝するには、余りに心が混雑し、流石の厚顔も暫(しば)らくは、如何なる言葉と、如何なる行いを発すべきかを知らなかった。

 其れは無理では無い。網守子の独唱した此の詩は、彼江南が自分の詩として、次号の「新芸術」の第一ページに組込んである。来たる火曜日には、其の「新芸術」が、世間の人の手に渡るのである。

 此の席に居る人の多くは、其の雑誌の読者である。来る土曜日の朝は、江南が此の詩を盗んだ、詩盗人であることが。分からずには居ない。是ばかりは、どのような知恵でも、如何とも防ぎ様が無い。

 若しも此の独唱が、前の戯曲の試演ほど長く掛かったならば、彼は其の間に自分の顔色をも整え、又場合相応のしかるべき世辞を思い附くことが出来たであろう。けれど独唱は少しの間に終わった。彼に取っては、殆ど咄嗟の間であった。彼が自分の席で演目表(プログラム)を開いた時、既に網守子の声は張り揚げられて居た。

 彼が譜に添った詩の本文を開いた時には、もう歌の半ばであって、彼が其れと気が附き、驚いた頃には、網守子が唱(うた)い終わった。全く足許から鳥が立った様な気である。  
 彼がドギマギして居る所へ、進み寄ったのは捨部竹林である。

 「蛭田君、大変な競争者が現れたではないか。」
 江南は此の言葉の意味が、分からないでは無いけれど、返事する言葉を知ら無い。
 「エ、エ、僕の競争者?何処に?誰が?」
 何事にも重々しく落ち着いて居る江南が、是ほど慌てるのは実に珍しい。

 竹里は説明する様に
 「イヤ、僕は日ごろから君の詩に心酔して居る一人で、君の詩が読み度い為に、土曜日の来るのを待ち兼ねる程である。幾度も君の詩を、レドウの誌上で批評もし、賞賛もした事は君が知って居る通りでは無いか。けれど今聞いた詩は何うだ。そっくり君の詩の風を其のままだよ。君で無ければ出来ないだろうと思う傑作が、無名の女詩人の筆で出来たのは、驚くべきでは無いか。」

 江南は漸く、
 「ナニ、僕の詩風を真似る者が、此の頃は幾等も有るよ。」


次(八十九)へ

a:98 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花