巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune15

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

            十五

 問わずに救ってくれるならば救われましょう。答え難きを答えてまで、救われる心は無し。是れが少女の決心である。如何に自分を重んじる貴夫人であっても、この少女の様な困窮に陥ったならば、ここまで気位を高く持ち続けることは出来ないだろう。

 この少女、唯その声その容貌が優れているだけでは無く、心までも天性の貴夫人である。男爵は只管(ひたすら)に感心し、更に好く考えて見れば、成程この少女、自ずから我に救いを求めたものでは無い。我の方から進んで救おうと、この宿に連れて来た者を、今更素性を聞かなければ救う事は難しいと問責めるのは、恩を餌として少女の心を強いることと同じだ。

 初めから身を卑屈にしてまで救いを求める心の無いこの少女が、立ち去ろうとするのも無理は無いと、忙しく思い廻す間に、少女は一夜の宿りを生涯の恩に思い、それを謝す印までに、宛(あたか)も父の手を取る様に、男爵の手を取り上げ、非常に静かにその甲に接吻をした。

 是が別れ、少女は早や立ち去ろうとする。男爵は茲(ここ)に至って胸に非常に強く、又異様な思いが充ち満て、少女が去ると共に我が身、我が命まで空虚となる様な心地がし、それに少女が嘆きはしないながらも、一種失望の容(さま)を隠し、再び冷たい浮世に出て軒下に飢え、石畳に倒れるのは、その身の運と断念(あきら)めて、恨む色も無く唯悄々(すごすご)と去るのを見ては、痛はしいとも情(あは)れとも、言うべき言葉も無く、我を忘れて声を発し、

 「待って」
と一言叫んだ。
 少女は戸口に立留まった。
 男「ハヤ、何の様な事が有っても、この儘(まま)何の手当てもせずには返せない。イヤ救って遣る。お前が身の上を打ち明ける事が出来ないと云うのは尤(もっと)もだ。」
 云う言葉には無量の真実が有って、慈悲の心が溢れるほどに見えたので、少女も深く感動した様に、

 「貴方のお慈悲は、お礼の云い様も無い程ですが、---、私からお救いを願いは致しません。私の今までは自分の口では、お話の出来ない程恐ろしい身の上です。罪深い人々と交わり、汚らわしい振る舞いばかり見て、ハイ、正しい人間の有様では有りません。夫でも唯自分だけは、その汚れに染まらない積りで居ますので、若し私を汚れの無い者と信じ、泥の中から救い出して呉れる人が有れば、有難く救われますが、罪の中に育ったから、その身も汚れて居はしないかなど、疑う方には救われ度く有りません。疑われると知りながら救われるのは、それだけこの身を汚す様な気が致します。」
と思いのたけを話すのは、是まで飽くまでも汚れに染まらない、その気象を見るにの充分である。

 この様な女の心こそ、火に入っても火に焼かれず、水に入っても水に濁らず、如何に罪深い境遇に陥入(おちい)っても、罪を離れて独り好く身を支へて立つこと必定なので、この女の過ぎ越し方に如何なる事が有ろうとも、その身は全く汚れていないことは明らかであると、男爵は見て取って、

 「アア、その気象は感心だ。お前の過ぎ越し方に非難する事が有ろうとは思わない。私はもう目を冥(つぶ)って救ってやる。」
 是は千歳(せんざい)復(また)と得ることが出来ない心の知己である。誰が知己の語に感じない者がいるだろうか。男爵は唯語を継ぎ、
 「シタが一事も問は無いと云う事は出来ない。唯一ツ二ツ問う。それで問答は仕舞いとしよう。」

 少女は涙ながら、
 「ハイ、お返事の出来る丈は致します。」
 男「お前の名は何と云う。」
  女「牧島園枝と申します。」
 嗚呼(ああ)、是れ嘗(かっ)て、悪人古松を父と呼び、船長立田が殺された時、その罪に耐えられず、古松の許から逃げ去った少女、古松園枝ではないか。

 父古松が、
 「恐ろしい堅意地者」
と称したその堅意地者はこの男爵に、
 「気位(きぐらい)の高い所」
と称せられた。唯古松の姓を罷(や)め、牧島と称するのは過ぎた境遇を忘れる為、きっと自ら変えた者に違いない。

 男「歳は何歳」
 園「ハイ、十八で御座います。」
 男「お前の様子と云い、言葉付きと云い、貧民の娘では無く、上流の家庭に育った者と思われるが何う云う訳けだ。」
 園枝は茲(ここ)に到って、初めてその青白い顔に僅かに血の色を現し、

 「ハイ、扶露蓮府(フロレンス)に居ます頃、母の従兄弟が寺の住職を勤めて居まして、教えて呉れました。この上は何うか、もうお問い成さらぬ様に願います。」
 扶露蓮府(フロレンス)とは伊国(イタリア)の一都会である。男爵がこの園枝の身に付いて、僅かに聞き得た確かなことは、名前のこの一語だけ。

 「オオ、是で沢山だ。園枝、後はもう何も云わない事にしよう。」
と初めて園枝の名を呼ぶと、何とやら心が融解して、浸み渡る様に思えるのは、何の為だろうか。男爵自ら怪しみもしなかった。
 総て園枝の身に就いては、「問う事が出来ない事」ばかりなので、異様なこの感じも、男爵は問うことが出来ない事の中へ数え込みながら、更に又、園枝に向い、

 「是から後々の事を相談しよう。昨夜も私が云った通り、お前は声が優れているから、その声で身を立てるのが先ず近道だが、音楽はーーー好きかエ。」
 園「ハイ」
と唯一言答えたが、嬉しそうにその顔の輝くのを見ると、生まれ得て音楽の嗜(たしな)みのある者と知られる。

 男「ピアノの稽古は。」
 園「稽古は致しませんが、聞いて少しばかり知っています。」
 男「総て音楽の教育は。」
 園「少しも受けた事は有りません。」
 男爵は、胸に悉(ことごと)く定めて置いたと見え、別に考えもせず、

 「お前の後々は音楽で世に出る者と定め、是から英国第一等の音楽教授所を探し、その塾へ入れて遣ろう。爾(そう)して二年も修行すれば、更に立派な教師を選び、教師と共に伊国(イタリア)の大音楽場に入る様に、サア是だけは私が道を開いて遣るから、その後はお前が、自分の辛抱と勉強で仕上げなければ。」

 園枝は有難さに堪(た)えられず、
 「ハイ、爾(そう)までして下さって、人に優った辛抱と勉強が出来ないと云えば、本当に罰(ばち)が当ります。この御恩は何うして返せば好い事やら、勿体無くて恐ろしいと思います。」
と初めて真心から湧き出る、血よりも温かい言葉を聞き、男爵は益々哀れを催して、

 「イヤ、何も勿体無い事は無い。私は妻も無く、子も無くて、金の使い道に困る程の身分だから、少しの費用を和女(そなた)の身に掛け、天から和女の身に賜ったその声を、充分に磨かせる事が出来れば、何よりも本望だ。」
と今までお前と呼んでいたのを、ここに至って和女(そなた)と云うのも、園枝が、益々我が身に親しくなったのを、自ずから感じた為に違いない。

 更に、
 「イヤ、是をそれほど恩と思うなら、和女が音楽社会の大立て者と成った上でその恩を返せば好い。」
 園「ハイ、早く返される身分になる様、及ぶだけ急ぎます。」
と言う事が出来なかったのは、余りの有難さに、胸も塞(ふさ)がったためだと知ることが出来る。

 男爵は察して遣って、その心を取り鎮める暇を与える為、それとは無く立ち上がって窓に到り、しばらくその顔を園枝から背けて待つのも、情けの上の情けからだった。


次(十六)へ



a:203 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花