巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

鉄仮面104

鉄仮面

ボアゴベ 著  黒岩涙香 訳  トシ 口語訳 

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2009.8.17

今までの訪問者数839人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者数0人

                 第九十四回

    
 抱き合って泣き伏す二人は、バイシンとバンダだった。片方はナアローに捕らわれ怪物と一緒に牢につながれ、もう片方は毒薬審問廷で死刑の宣告を受けたのに、二人とも八年後の今日まで生きながらえ、変わった姿で対面するとは奇中の奇とも言うべきか、しばらくしてバイシンは先ず顔を上げ、「バンダさん、貴方にここで会うとは夢にも思っていませんでした。どうしてまあ無事でいました?」

 バンダもようやく涙を納め、「私より貴方の方こそ先年恐ろしい死刑に処され、その場から逃げ去ったと、この辺までもその噂は聞こえてきましたが、それにしても今のお姿、どうしてパルマ国の貴高夫人に」「これには色々と訳が有ります。しかしそれは後にして、貴方の行方はコフスキーさんも気使って、今だに諸国を遍歴して捜しているほどですから、それを先に聞きましょう。」

 「え、コフスキーが今でも私を捜して諸国を遍歴しているとおっしゃいますか。私も彼の事は一日として忘れたことは有りません。先年家臣のブリカンベールに別れてからは、頼りに出来るのはコフスキーだけで、何かに付けてこの様なときコフスキーがいたらなあーと思わない日は有りませんでした。貴方がパリにいないとなるともはや手紙の宛先もなく、もう会いないものと諦めておりました。それで彼は今何処におりますか。」

 「彼のいるところを知っているのは、ただ私だけです。彼も私の死刑を救うために、ナアローに麻薬を飲まされ、ひどい目に会いましたが、それでも命だけは助かりました。この上は自分の一生を鉄仮面の捜索に当て、彼が何処の牢につながれているかを、突き止める以外に生きる目的はないと言い、フランス中の牢屋と言う牢屋を片端から調べているのです。もっとも、今は私の夫アントインも荒武者アイスネーも、私を救うために大勢の護衛を相手にして戦い、命を落としてしまったので。」

 「えっ、えっ」「はい、二人とも私を逃がそうとして政府の護衛を食い止めたために、ラ・クレーブの刑場で切り殺され、生き残ったのはその時魔薬で眠っていたコフスキー一人、我が党と名の付くのは私と二人だけですから、何処にいても互いに居所だけは知らせ会っているのです。」これだけ聞いてあるいは悲しみあるいは驚き、ほとんど例えようもないくらい心がせわしく動いたが、中でもコフスキーの居所が分かっていると聞いて、夢かと思うくらいうれしがり、「コフスキーは何処にいますか。早く呼び寄せて下さい。」

 「今はブロホンの方から、スペインの国境まで行っています。しかし、私がここに来るとき、どうやら鉄仮面がピネロルの砦に居そうだから、すぐにピネロルにやって来いと手紙を出して置きましたから、まだ届かないかも知れないが、届きさえすればここにやって来るでしょう。はい、今から一月と経たない中に貴方と顔を合わせるでしょう。」

 バンダは有難さに我慢できないように、バイシンの手を取って接吻し、「本当に貴方のご恩です。それにしても貴方はまあ、これほど出世されてもまだ鉄仮面のことを忘れず、コフスキーをこの土地に呼び寄せていたのですか。」と言うとバイシンは少し恨めしそうに「バンダさん、夫を失った女に幸せが有ると思いますか。」この一言にバンダは深く、バイシンが夫に別れたその不幸を察し、口ごもりながら返事して「それはそうでもこのご出世は・・・」

 「何が出世なものですか。心にもない人の機嫌を取りながら、自分の名前を隠し、身分を隠し、風の音にも耳を澄ます、世を忍ぶ落人(うど)ですよ。貴方と違い、私の身はルーボアの取調べが厳しく、七年経った今でさえ、このカスタルバー夫人が昔のバイシンだと分かったら、すぐに捕らわれて殺されます。」

 「隠れ隠れて他にどうしようもないので、今はこの様にしていますが、他国の土地には足も踏み入れられない体です。」と現在の状況を説明しながら言う言葉に、いちいち納得は行かないが「それがどうしてこの土地に、」「はい、ここは今でこそフランスの領土になっていますが、元はサボーイ候国の領土で、1632年に戦に負けてフランスに取られたのです。」

 「そのため土地の人の心は今でもイタリヤ本国を慕い、フランス政府を憎んで止まず、ややもすると謀反の旗を翻(ひるがえす)す兆(きざし)しがあるので、この土地ならば同じフランスの領土でも幾らか心が許せると思い、それにパルマー国の宮廷で聞くと、ここの砦に鉄仮面をかぶった囚人が、八年前から閉じ込められていると言うことですから、出来るならその事実関係をハッキリさせ、本当なら救いだしたいと思って。

 「え、えっ、鉄仮面を救い出すため身の危険もかえりみずに、わざわざおいで下さったとは、貴方の他には真似の出来ないご親切です。」「なに、それほどの親切では有りません。お聞きなさい。バンダさん、一度泥棒をした者は一生その味が忘れられず、又しても泥棒をしてしまうと言うように、生半価に国事に手を出して政府を敵に戦った者には、一生国事犯が止められません。私の身にとってルーボアを相手に戦うこと以外に、何の生き甲斐が有りましょう。」

 「今は自分の名前さえ出されぬ身で、味方もなく、同志もなくこれでルーボアに立ち向かうのは、「蟷螂(とうろう)の斧」とやらで、身のほども知らないわけですけれど、ただ幸いに鉄仮面救い出しのことは、コフスキーさんさえ居れば、他に味方が居なくても出来そうなので、いよいよ救い出した時に、それがモーリスさんなら又共に相談する相手が出来、たとえそれがオービリヤのフィリップだったにしろ、ルーボアを驚かせ、失望させることには変わりは有りません。」

 「どちらにしろ今の身で、ルーボアを苦しめるのは、ただ鉄仮面を救い出すことだけです。どうにかして彼を苦しめてやりたいと、実は貴方への親切だけではなく、自分の仇を討つつもりで来たのです。来てみたら天の助けか、馬車に乗るときちらりと貴方の姿を見、一目でそれと悟りましたから、人をやってお呼びしたのです。貴方がここに居るのを見たら、貴方もどうにかしてここに鉄仮面が居ることを悟り、それを救うために身をやつしているのでしょう。」

 「こう分かったらなおのことです。今まではただルーボアへの復讐の積もりでしたが、これからは貴方への親切を兼ね、なおさら鉄仮面の救出に骨を折りましょう。それにしても貴方の貞節と辛抱には感心しました。きっと一人でこの大望を計画しているのでしょうね。「いえ、バイシンさん、私の他にもう一人、私を助けてくれる男がいるのです。それと力を会わせております。」「えっ、力を会わせる男とは誰です。」バイシンが怪しみ聞くのも無理はなかった。今はコフスキーも居らず、ブリカンベールも居ないし、バンダを助ける男は、一人も居ないはずだからであった。

つづきはここから

a:839 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花