巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou107

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7.17


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百七  愛 三

 守安に逢った頃の小雪の心は、実を言えば同情に飢えて居た。
 此の上無く戎瓦戎に愛せられて、何不足無い身の上とは言え、人も毎(いつ)も同じ。年頃の人が恋しい。若い者は若い者に交じり度い。

 何故と問えば、自分でも説き明かす事は出来ないが、只だ何と無く物足りない。浮いた心では無いけれど、同じ年頃の人を見れば、自然に自分の心が開き、目に見えない糸で引き寄せられる様に、又引き寄せ度い様に感ずるのだ。

 小雪の守安を見たのはこの様な時で有った。小雪の容貌が育ったのみで無く、心も此の様に育ったのだ。今までは父と思って居る戎(じゃん)の傍にさえ居れば、外に誰の顔を見たいとも思わなかった。今はそうで無い。誰かの顔を見たい。誰か年頃の人に逢い、打ち解けて語り度い。こうなるのが天性である。

 天性が此の様に傾き掛けて居る所へ、守安の姿が投じたのだ。丁度露を待って居る花の蕾に、春雨の注いだ様な者だ。開かずに居られる筈は無い。守安の心が動いた様に、小雪の心も動いた。小雪の姿を見なければ守安の心が打ち鬱(ふさ)ぐ様に、小雪の心も守安の姿が見えなければ打ち鬱(ふさ)ぐ事になった。

 そうして一たび眼と眼を見交わした後は、丁度守安自らが小雪の心を、こうだろうと察する事の出来る様に、小雪も守安の心を読む事が出来る如く感じた。詰まる所、心と心とが全く往き通い、照らし合う事に成ったのだ。
 戎の方はそうと迄では思う事が出来ない。けれど何だか書生風の男が、小雪に附き纏(まと)って居た。

 そうで無くても、小雪が日増しに美しく成り行くのを恐ろしい事の様に思い、非常に心配して居た際だから、若しや此の男が後々小雪の心を奪う事に成りはしないかと疑った。既に奪われて居ることまでは知らないのが、彼の切めてもの幸いだ。イヤ却(かえ)って不幸かも知れない。

 それから気を付けて見ると、その男が単に小雪を見る為にのみ公園へ来る事も分かり、更に小雪の後を尾けて、宿の辺まで来て徘徊して居る事も分かった。
 此の時は戎が、第二の住居とする下宿屋に居る頃であった。其れから何の様に宿を引き払い、守安を失望させたかは読者の知って居る所である。

  *      *      *      *      *      *      *      *
     *      *      *      *      *      *      *
 戎と小雪との間は、此の後も此の前も上部(うわべ)には大して変わった所は無い。相変わらず親密な親子である。けれど内心はそうは行かない。小雪の心には父よりも心引かれる人が出来た。唯だ隠して居るに止まるのだ。戎の心には一種の疑いが兆した。是も只だ隠して居る。

 けれど隠すだけ益々辛い。小雪は何と無く陰気になった。戎が機嫌を取れば今までの通りに笑いはするけれど、その笑いの何所かに誠の嬉しさで無い所が有る。小雪が笑えば戎は喜ぶ。全く心底から喜ぶのだ。唯だその喜びが長く続かない。今まで彼は余り打ち鬱(ふさ)ぐなどと言う事は無かったのに、今はそれが有る。時々は自分で自分の心を慰めることが出来ない様子で、独り散歩に出て、夜の更けるまで帰らない事も有る。

 彼の此の様な心中は誰も察する者が無い。打ち明ける相手も無い。
 唯だ小雪の手を引いて外へ出るのは、朝の間だけだ。ヂャック寺の朝の説教を聞きに行き、其の途中で貧民に金を遣るのだ。是だけは彼が何の様な事が有っても止める事が出来ない所である。

 此の様にして居る中に、彼の手鳴田の「陥穽(おとしあな)」の一条が起こった。戎は全く九死の中に一生を得、蛇兵太にも捕まらずに帰る事が出来た。
 其の翌日から彼は、腕の火傷の為に病人の状態と為り、伏し床に就いた。何して火傷したかは小雪にも語らない。彼の全快までには凡そ三十日ほど掛かったが、其の間小雪が戎を介抱したことは、余ほどの孝女で無ければ真似も出来ない程であった。

 薬から食事から包帯までも自分で引き受け、時々は歌をも歌い、楽をも奏して戎を慰めた。戎は自ら呟(つぶや)いた。
 「アア傷のお陰でこの様な嬉しい日を送る事が出来る。手鳴田は恩人だ。」

 真に病臥の三十日の間が彼に取っては、今までに無い天国であった。彼は飽くまで小雪の顔を眺め、小雪の親切を受け、小雪の優しい言葉を聞いた。けれど此の傷が直れば何うしようとの、心配が折々は心に浮かんだ。彼は小雪の此の親切を受けて居る間に、死に度い。小雪の介抱の中に死ぬことが出来れば、過ぎ去った幾十年の辛苦も、充分の果報を得たと言う者だ。

 併し天が此の果報を彼に許さなかった。彼の生得健全な体格は僅かに三十日にして、彼を無病の人とした。のみならず彼の知らない所に、彼の最も心を痛める事柄が熟しつつあった。彼は到底不幸の人だ。



次(百八)へ

a:19 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花