巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou111

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7.21


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百十一  愛の天国

 気絶した様に倒れる小雪を、守安は驚いて抱き留めた。小雪の身体は両手の間に落ちた。
小雪は勿論夢中である。守安の方も自分が何をして居るやら覚えて居ない程であった。覚えずに小雪を台の上に横たえ、覚えずに介抱したが、人は如何に甲弱(かよわ)くても、嬉しさの為に死ぬ者では無い。

 悲しんで死ぬ事は有っても、喜び死ぬ事は無い。小雪は死にはしなかった。イヤ気絶さえもしては居なかった。唯だ一時、気が遠くなったのだ。介抱せられて直ぐに我に返ったが、其の返った時は守安と固く手と手を握り合せて居た。

 アア此の二人は、天がこの様になれと言って、特別に繋ぎ合わせて作った者では無いだろうか。そうで無ければ、こうまで打ち解ける筈が無い。二人ともに他人と双(なら)んで居る様な気はしない。自分が自分と双(なら)んで居る様な気がして、何っ方(どっち)が自分の身であるかを知らない。

 暫(しば)しの間は世間をも人間をも時間をも、総て打ち忘れて唯語り合った。何事を語ったか人も知らない。自分も知らない。唯其の一語一語に双方の嬉しさが往き通うのみである。
愛の天国とは此の様な場合を指すのだろう。

幾時の後に小雪は初めて問うた。
 「貴方のお名は。」
 守安「守安、したが貴女は」
 小雪「小雪」



次(百十二)へ

a:21 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花