巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou113

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳 *

since 2017.7.23


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   百十三  千八百三十二年

 とは言え、世間は決して、波風の無い時節では無かった。此の時は丁度千八百三十二年の初めで、此の国に革命が起ころうとして居たのだ。守安の属して居る彼の「ABCの友」なども、折さえ有れば一揆軍を起こして、政府転覆、国王放逐の旗揚げをしようと、会員孰(いず)れも血眼に為って居た。

 守安は其れ等は知らないでは無いけれど、其の方へは見向きもしなかった。のみならず今一つ守安に、多少の関係が無いと言えないのは、彼の先頃から捕らわれて居た手鳴田の一味が、ラホースの獄を破って逃げ出した一事である。

 彼等は同類が多い為、外から助けて遣った者も有って、或る風雨の夜に乗じて脱牢を企てた。そうして旨く逃げ果(おお)せた。此の頃の新聞紙は筆を揃えて書き立てて居るけれど、守安は其の事をも良くは知らない。イヤ新聞の上で知っては居るけれど、気に留めないのだ。



次(百十四)へ

a:18 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花