巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou33

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.3


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳      

   三十三    傍聴席 一

 運命とは何であろう。目には見えないけれど、目に見える縄の様に、人を金縛りに縛ってしまう。一旦之れに縛られたら、自分で自分の心に従う事が出来ない。唯だ運命の為すがままに弄(もてあそ)ばれる許(ばか)りだ。今彼斑井市長の様な状況が、即ち運命に縛られて居るのだ。十重にも二十重にも。

 彼は合議室から公判廷に入る戸一枚を開く事が出来ない。開こうとして、却(かえ)って逃げ去った。そうして又も廊下を、狂う獣の様に馳せ廻った。此の様に逃げたからと言って、逃げ果(おお)せる事は出来ない。矢張り運命に縛られて居る。馳せて、馳せて、殆んど魂が尽きたのは、稍々(やや)半時も立って後である。

 彼は冷たい壁に靠(もた)れ、声を出さずに叫んで、悔しがった。自分の身に降り下る運命の余りに意地悪なのを恨んだ。けれどその意地悪に従う外に、何の道も無い。彼は身も心も全く頽(くず)れた。力が尽きて悄(しょ)げ返って、今度は蹌踉(よろめ)きながら、又も合議室の方へ引き返した。宛(あたか)も警官に抵抗して、力尽きて遂に捕らえられた罪人が、仕方無く引き立てられて行く様な者である。

 彼は運命に抵抗したのだ。到頭力が尽きたのだ。そうして厭々(いやいや)引き立てられて行くのだ。運命の手は、人の心の中に入って技をするのだから、目には見え無いが力が強い。本当に恐るべしだ。
 再び合議室に彼は入った。今度はもう躊躇しない筈であるけれど、彼の真鍮(しんちゅう)の引手が目に光ると共に躊躇した。身震いした。此の引き手に手を掛けるのが、即ち地獄の戸を開くのだと思うと、何うしても手が延びない。

 宛も狼に睨まれた小羊が、睨む狼の目から眼を離す事が出来ない様に、彼は引手を見詰めたまま立った。この様にして又幾時を空しく過ごす事やらと、気遣われたが、その中に恐れをも何事をも忘れた様に、引手に手を掛けた。運命が彼を駆るのだろう。恐らく彼は、自分が引手を握った事さえ知らないだろう。この様にして、その戸を引き開けて中に入った。

 中は広い広い公判廷である。もうここに入る以上は、悶(もが)いても仕方が無い。実は悶(もが)く余地も無いのだ。
 彼は我が後の戸を閉めた後、初めて自分が最後の修羅場に入ったことに気付いた。彼れの身は機械の様だ。心あって動くのでは無く、動く外は無い様に押し付けられて動くのだ。彼は立ったまま傍聴席を眺めたが、満目唯だ靄(もや)の籠めた様に、満耳(まじ)唯だ響きに埋められた様に、視(み)ても見え無い。聴いても聞こえ無い。

 渾々(こんこん)とし漠々として闇の様な景色が横たわるのみだ。立つ中に靄は次第に人の顔と成り、響きは個々の声と為った。アア判事も居る。検事も居る。弁護士も警吏も傍聴人も、居るは居るけれど、単に総体が一団と為って人間の最も無情な法律と言う者と、天道の最も厳格な裁判と言う者を、実物の上に描き出して居る。是ほどの物凄い感動が又と有ろうか。

 彼は又機械的に腰を卸し、見廻して又見廻したが、此の総体の大感動が、場中の唯だ一点に集中して居る。判事の下、横木の前に、左右から二人の憲兵に挟まれて、一人の男がが立って居る。満場の中心は是だ。
 此の男が彼の男である。

 市長は此の男を見はしない。此の男が直ぐに市長の目に見えた。市長の目には前以て此の男の立つ所を知って居たかの様に、一直線にその所を射てその所に定まった。市長は他人を見る心地がしない。自分で自分が裁判官の前に引き出されて居るのを見る様だ。

 成るほど姿と容(かたち)とが自分と同じ事である。但し今の自分は、富貴の為に立派である。彼れは窶(やつ)れて居る。自分は若やいで居る。彼は老いて居る。自分は髪の毛も撫で附けて居るけれど、蓬々(ぼうぼう)たる彼の頭髪は自分が苦労して居た頃と、何の相違も無い。彼の垢(あか)の付いた襤褸(ぼろ)の着物は、今から八年前、自分が十有九年の獄中で、深く心に刻み込んだ人間に対する恨みと憎しみとを以て、ダインの市(まち)に入り込み、宿屋の戸を叩いた時と殆ど同じ者である。

 こうう思うと市長の身には、ゾッとする様な厭(いま)わしい念が頭の上から足の爪先まで満ち渡った。アア私は、再び此の男と同じ境遇に立ち返らなければ成らないだろうか。此の男は最早六十歳以上にも見える。顔が粗末で、遅鈍で、そうして非常に恐れを帯びて居る。人間の耐える事が出来る境遇とは思われない。

 裁判官は斑井市長の入って来たのを知った。恭(うやうや)しく黙礼をした。中に検察官は一両度フアーメルへ出張して、市長と言葉をも交えた事が有る。恭しさの中に、是見よがしの親しさをも加味して黙礼した、市長の方は是等の歓迎が、充分には心に移らず、何事も唯だ夢やら現(うつつ)やら分からない様に感じた。

 是れ夢か。是れ現か。裁判官の様子、書記の様子、憲兵の様子、傍聴人一同が物知りたそうに、被告の顔を差し窺(のぞ)く様子、総て私が昔引き出された法廷の有様の通りである。アア夢で無い。自分の身が、現実に此の有様に立ち返らなければ成らないのだ。自分の罪を自首する為に此の裁判所へ出たのだから。再び法廷に立つ外は無い。法廷に立つ其の次は宣告されるのだ。

 その次は牢に入るのだ。その次は、アアその次は、次第に心の移り行くに連れ、殆んど全く忘れ掛けて居た、二十七年前より以来の物事が、目(ま)の当たりに見る様に、目の前に浮かび出た。彼は見たくないと思って目を閉じて、そうして本心の底の底の目(ま)の当たりから打ち叫んだ。
 「決して、決して」
と。

 決してとは、決して再び此の有様には、立ち返らないと決心したのである。何してその恐ろしい境遇へ、此の年に成って立ち返る事が出来る者か。決して決して、それは出来ない。自首と言う事はもう根こそぎ取り消した。
 とは言え、彼は物狂わしい程に心が苦しい。

 彼の目の前には、彼自身とも言うべき者が、彼の恐れるその境遇に立って居て、その境遇へ押落される所である。その者は彼の本名を以て、戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)と呼ばれて居る。自分の生涯の最暗黒な歴史が、自分の影身に依り、再び実演せられるとは、是が運命の悪戯(いたずら)と言う者だろうか。悪戯(いたずら)としては又余りに無情である。





次(三十四)へ

a:38 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花