巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou42

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.12


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   四十二   入獄と逃亡 二

 老女は戎瓦戎(ぢゃんばるぢゃん)の顔を見て、
 「旦那様は今朝からーーーー」
と言い掛けたが、その後の語は余りに失礼に当たると思って控えたのか、口から出なかった。戎(ぢゃん)は自らその語を補足して、

 「オオ私は今朝から牢の中に居たのだよ。今夜牢の窓の鉄の棒を取り外して、其所(そこ)から忍び出て、屋根を飛び降り、そうして此の通り帰って来たのさ。」
 全く彼は、昔ツーロンで四回まで逃亡を企てた、その得意の手段を以て、牢を破って出て来たのだ。けれど彼は落ち着いて居る。その言葉の静かさが、直ぐに背後から捕吏に追跡せられて居る人とは見えない。彼は余程の決心を持って居るに違い無い。

 彼は更に老女に言った。
 「直ぐに尼さんを呼んで来てお呉れ。多分尼さんは、今朝亡くなった女の死骸の傍にまだ祈って居られるだろう。」
 尼さんとは、彼の看護婦長だ。死骸とは華子を指すのだ。老女は畏(かしこ)まって、無言で去った。後に戎は鍵と手燭とを取り、火を点(とも)して二階の自分の部屋に登った。

 先ず燭台に火を移し、そうして窓から町を眺めた。町には多分追っ手の役人が駈け廻って居ることだろう。もう戎瓦戎の脱牢と言うことが、彼の蛇兵太の耳にも入ったに違い無い。戎は更に、灯光(あかり)が外に洩れない様に窓の戸を締め、自分は手燭を持ったままで、奥の間に入った。ここは一昨夜、彼が自首の決心を起こす前に、徹夜して煩悶した所である。彼が昔ツーロンの獄を出てダインの高僧の家に入った時に着た着物も、野原で子供から奪った銀貨も、ここに在るのだ。

 彼は紙を展(の)べ、筆を取って、
 「此の品々は、私戎瓦戎が昔身に着けていた者にして、銀貨はダインの野にて、子供から奪ったその銀貨に御座候。」
と書いた。こうして置けば、今ここへ捕り手が来て、没収して行って、其々(それぞれ)法律通りに処分して呉れるのだ。

 書き終わった所へ足音がして、下から誰か上って来た。別人で無い。今しも老女が迎えに行った尼御である。此の人は、憂世の人の情を捨ててから、既に何十年、読経と苦行とに心を練り、身を神に捧げて、慈善の業に従事し、今は人にして人の弱点を脱し、唯神の道をのみ守る身の上では有るけれど、憐れむべき戎瓦戎の、今の境遇を察しては、古木の様な心にも、無限の悲しさ、哀れさが湧き出たと見え、顔も青く目も重い。そうして震える声で、

 「もう一度、彼(あ)の女に逢ってお上げ成されますか。」
と問うた。彼(あ)の女とは無論華子の死骸なんだ。戎は手早く次の書類を認め掛けて居たが、立ち上がって、
 「イイエ」、彼(あ)の部屋へ行けば、又捕縛せられる許かりです。死骸の傍で騒動するのは罪ですからもう行きません。」
と言い、更に今書いた書類を差し出し、

 「私の居無くなった後で、之を教会の主にお渡し下さい。」
 一種の書き置きの様な者だろう。尼御は無言で受け取った。
 戎「何うか貴女が、一応読んでお置き下さい。」
 尼御は非常に従順に、開いて読んだ。その文は、
 「此の家屋及び付属する財物一切、恭(うやうや)しく教会へ寄付致し候(そうろう)間、私の裁判の費用と、今朝死去せし華子と言う女の葬式を支払い、その残りは悉(ことごと)く貧民へ御施(ほどこ)し下され度(た)く候。」
とある。

 僅かに読み終わる時しも、下の部屋から尋常(ただ)ならぬ人の声と、物音とが聞こえた。戎は手燭を持ったまま。何事かと階段の傍まで行った。尼御も其の後に従った。
 聞けば是れ捕吏(とりて)が来たので、声の立つのは、老女がそれを遮って争っているのである。
 「イイエ此の二階には、イイエその様な人は、ここへは来ませんよ。」
 捕吏「来て居るか居ないかを、尋ねるのでは無い。法律上の御用を以て、此の二階を検めると言うのだ。居るか居ないかは、検めれば分かる事だ。」

 厳めしく言い切る声は、紛(まぎ)れも無い蛇兵太である。
 全くその通りである。居るか居ないかは検めれば分かるのだ。階段の一個しか無い二階だから、下から捕吏(とりて)が上って来れば、戎は袋の中に入った様な者だ。けれど彼は慌てもしない。先ず持って居る手燭を吹き消し、暖炉の棚の上に置き、尼御に向かって、
 「不幸な者の為にお祈り下さい。」
と云へば、尼御は其の意に従って、燭台の前に俯向き、祈りを始めた。

 戎自らは、袋の奥にも均しい、奥の部屋の闇に入った。入るが早いか靴音高く上って来たのは蛇兵太である。彼は燭台の前に祈れる神妙な尼御の姿を見、一方ならず意外の感を為した。定めし手に負(お)えない戎瓦戎が、必死と為って抵抗する覚悟だろうと思ったのに、唯優しい一老尼が、非常に平和な姿で、余念も無く祈って居るので、全く張り合いが弛んだ様な者だ。

 本来此の蛇兵太は、法律を敬う様に神を敬い、神と法律とには少しでも不敬を加えては成らない者と信じて居る。その外には情けも容赦も何も無い。彼は神の前に拝跪して居る尼御を見て、その祈りを妨げることさえ恐れ多い様に思い、そのまま無言で立ち去ろうかとも身構えたが、それでは法律に対する義務が済まない。

 特に彼は日頃から、此の尼御の道徳堅固な事を知り、取分けて嘘を吐(つ)かないその操守に感服して居る。此の尼御の祈る熱誠の影に、戎瓦戎の様な悪人が潜んで居ようとは、彼の信じる事が出来ない所である。けれど彼は遂に問うた。
 「尼御よ、法律の為に止むを得ずお妨げを致しますが、此の部屋に貴女はお一人ですか。全くのお一人で。」

 尼御は少しも躊躇しない。
 「ハイ一人です。」
 成ほど一人に違い無い。蛇兵太は当惑気に室中を見廻して、次の間の闇ににも目を注ぎ、
 「実は今夜脱牢した者が有りますので、私共は捜索して居るのです。若しや貴女はその者をお見受けには成りませんでしたか。その者は戎瓦戎ですが。」
 尼御は、
 「イイエ」
 殆ど神聖な言葉を吐く様に、続けて二度まで事実にあらぬ言葉を吐いた。吁(嗚呼)此の尼御は、世捨て人と為って何十年、此の二言の偽りほど、深い帰依の言葉が有るだらうか。此の言葉こそは、却って天国にも尼御の功徳として永く記録せられるだろう。余り確かな言葉だから、流石の蛇兵太も、その上を問わずに退いた。暖炉の上には、今吹き消した許かりの手燭が、猶だ煙を吐いて居るのに、彼はそれさえ怪しむ事が出来なかった。

 此の夜の真夜中に、此の土地から巴里へ行く街道を、風呂敷包みを持った職工風の男が闇を潜って急ぎ去った。此の男は即ち戎瓦戎である。職工風の衣服はきっと自分の建てた工場の中に在ったのだろう。風呂敷包みは兼ねて銀行に預けて有った、七十萬の大金であることが後で合点せられた。此の翌日、華子の死骸は教会の引き受けで、共同墓地へ質素に葬られた。

 この様にして華子の生涯は終わったが、その恩人戎瓦戎は未だ終わらない。娘小雪も未だ終わらない。是からが又新しい幕である。





次(四十三)へ

a:39 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花