巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou45

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.15


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   四十五  獄中の苦役

 何所に大金を隠したかは、分かる時が来るまでは分からない者として置いて、それにしても、まあ戎瓦戎は、再びツーロンの獄へ、今度は終身囚として入れられ、終身囚である印しに、その真っ白な白髪頭へ青い帽子を被(かぶ)せられ、赤い着る物の襟には、九千四百三十号と言う番号札を縫い付けられた。時は千八百二十三年の八月であった。

 序(ついで)にここで言って置くが、此の戎瓦戎の捕縛と共に、あれほど繁昌したモントリウルの市(まち)は全く繁昌を失った。丁度亞歴山(アレキサンドル)の死と共に、その王国が瓦解した様な者だ。王の下に附いて居た大将達が、銘々権威を争った様に、斑井父老の使って居た職長どもが、銘々に利益争いを競争して、高大な製造所も少しの間に閉場する事に成った。

 戎が斑井父老と言い、斑井市長とまで言われて居た頃は、製造の目的が、唯だ良い品物を作るのに在ったけれど、戎が去って後は、その目的が利益を得ると言う方へ傾いた。それだから段々と品が悪くなった。評判が落ちた。買い手が減った。注文が杜絶(とだ)えた。もう繁昌する筈が無い。

 憐れ一時に栄華を極めたモントリウル市は、元の通り海岸の淋しい駅場とは為って、大蔵大臣が租税を取り立てるのに、他の駅と同じように、骨の折れるに立ち至った。是れで、偉人の有る無しが、何れほど社会の幸不幸に関するかと言う事とが分かる。
  *   *   *   *   *   *   *
    *   *   *   *   *   *
 戎がツーロンの獄に戻ってから三月の後、即ち千八百二十三年の十月の末に、地中海艦隊の軍艦オリオン号が、修繕の為にツーロンの港に入ったが、軍艦を見ると言う事は、此の土地の人々が最も好む所で、毎日波止場の辺へ、人の黒山を築いた。紳士貴婦人までも出かけて行った。或る日の昼頃、大帆柱の頂辺(てっぺん)へ上って働いて居た老水兵が、猿も木から落ちると言う通り、激しい風に吹き飛ばされ、その頂辺から落ちて、漸くに帆柱の綱に握(つか)まって、空中に身を支えた。

 身を支えたとは言う者の、縄一筋の端を捕らえて、空中へぶら下がって居るのだから、何時まで支えて居られる者では無い。手の力が疲れて来れば、直ぐに逆巻く波の中へ落ちて、身体が砕けて巻き込まれる。彼は何うかその縄を手繰(たぐ)り、帆桁(げた)の上まで攀(よ)じ登ろうとするけれど、風が吹き捲(まく)って、綱が右左に分銅の様に揺れ動き、身体が或時は海の上に行き、在る時は甲板の上に来たりなど、少しも定まらない程だから、攀じ登ることが出来ない。

 その中に段々と力が尽き、必死に悶(もが)く苦しさが、下から見る人の胸へ犇々(ひしひし)と感ぜられた。
 アレよアレよと叫ぶ声が、岸辺の群衆からも起こり、付近の船からも起こった。
 「何うか助けてやる工夫は無いか。」
との声が人々の口から出たけれど、何うにも助け様が無い。

 こうなると当人の辛さは勿論だけれど、身て居る人も実に辛い。代われる者なら代わってやり度いとの同情が、誰の胸にも湧いて出る。けれどその実見殺しにする外は無いとは、余(あんま)り情け無い次第である。

 その中に当人の力が次第に尽きて行く事が良く分る。若し助けるなら、此の咄嗟の間である。此のままで今五分と経れば、たとえ助ける工夫が有ったとにしても、もう遅いのだ。実に危機一髪とはここである。此の一髪の危機に当たり、誰やら一人、猿の様に身軽に帆柱に登った者がある。アア勇士、彼の空中の人を助けに行くのだ。助けようとして、却(かえ)って自分も共に死ぬかも知れない。

 迚(とて)も一人の力で助けられる筈が無い。けれど彼はその様な事には頓着しない様子である。人一人を見殺しにするよりも、自分も共に死ぬのが、まだ忍び易いと思って居るのだろう。彼は危険を危険とも感じない。真に勇士の本性である。

 海陸両側の人々から、
 「危ない、危ない」
との声が、殆ど泣き声の様に湧き起こった。此の声に送られて上って行く彼勇士は、抑(そもそ)も何者だろう。身には赤い服を着け、頭に青い帽子を被(かぶ)って居る。アア彼は懲役人である。しかも終身囚である。此の様な者が軍艦の中に何うして居た。彼は同囚の数人と共に、腰に鉄鎖を付けたまま、朝の程から此の軍艦へ、人足同様に手伝いに雇われて、来て居たのだ。ツーロンの囚人は、毎(いつ)も港へ雇われるのである。

 彼は多くの人々と同じく、空中に懸かれる人の苦しむ様を見るに忍びず、艦長が、
 「誰か助けてやる者は無いか。」
と呟(つぶや)くのを聞いて、直ぐに、
 「私が助けます。」
と断言した。

 そうして艦長の頷(うなづ)くのを見るや否や、彼は工事用の手斧を取るより早く、自分の腰の鎖を叩き切った。その力の強い事は、宛(まる)で腐れ縄をでも切る様に見えたけれど、此の時は誰も気が附かなかった。実際その様な事などに気を附けて居る場合で無かった。けれど後では心附いて噂し合ったと言う事だ。

 彼は上り上って帆桁の所に行き、その上に立って、先ず四辺を見廻したのは、前線の老将が、戦場に立って、先ず遠近高低を見る様な者でも有ろうか。此の時又吹いて来る一陣の風が、彼の終身囚である印しとする、青い帽子を吹き飛ばした。下から現れたのは、真っ白な白髪頭である。  
 見る人は見な驚いた。
 「アレ老人だよ。若者では無いのだよ。」
と。





次(四十六)へ

a:30 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花