巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou47

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.5.17


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   四十七  X'節(クリスマス)の夜 一

 戎瓦戎は死人の数に入って以来、音沙汰が無い。勿論音沙汰の有る筈が無い。多分は藻屑と為って海底に眠って居るのだろう。
 彼が海に落ちた年の暮れである。一年に一度のX’節《クリスマス》の夜とは為った。X'節が何の様に祝われ、全国到る所が何の様に賑(にぎわ)うかは、殊更記す迄も無い。常に彼の気に掛かって居た少女小雪の預けられて居る、モントフアメールの様な田舎の駅場さえ、見世物や夜店が出て、相当に繁昌し、普段は多く客の無い軍曹旅館も四,五組の客を得た。

 抑々(そもそ)も此のモントフアメールと言う市(まち)は、山の半腹とも言うべき所に在って、常に飲料水(のみみず)が乏しい。町を離れて二十町(約2km)も行き、崖の下にある泉を汲(く)んで来るのだ。昼間は水を売りに来る者が有って、軍曹旅館なども、それを買って使うけれど、夜に入れば水売りが来ない。桶が空になれば、馬桶(ばけつ)を提(下)げて闇の中を、二十町汲みに行かなければ成らない。

 此の水汲みが、当年僅か八歳の少女小雪の役目であるとは、読者の既に知る通り。小雪は軍曹旅館の主人手鳴田夫婦に、全く下婢(かひ)として使われて居る。取分け母親華子から、仕送りの絶えて以来は、使い方が一層激しく、非常に痩せ細った身が、全く凋(しから)びた様になり、頬も落ち眼も凹(くぼ)み、美しかった母の面影に、似も附かぬ醜い容貌とはなって居る。

 此の様な少女が、肥え太った逞しい主婦に、追い廻されて居るのだから、近所の人が、象に小鼠が使われる様な者だなどと噂するのも、無理は無い。此の夜も小雪は、台所に在る卓子(テーブル)の下へ、身を縮めて蹐(しゃ)がみ込み、一方から洩れて来る灯光(あかり)に透かして、靴下を編んで居る。此の靴下は主婦(あるじ)の娘絵穂子(イポニーヌ)が穿(は)く物で、此のテーブルの下が小雪の居所である。

 テーブルの下ならば主婦の邪魔に成らぬ。叱られて鞭(むち)うたれる時、幾等か鞭を避けることも出来る。その様な事から自然と、ここが小雪の居間と成って居るが、外の者は身体が支(つか)えてこの様な所へ、入って居ることは出来ない。是で小雪の身が、何(ど)れほど小さいかも分かり、日頃何の様に扱われているかも推量せられる。全く小鼠の境遇である。犬猫ほどの待遇は決して受けて居ないのだ。

 靴下を編みつつも、小雪は時々何事をか考え込む様子である。八歳の少女が、心に心配事を持って居るとは、余り不思議な様だけれど、年は8歳でも苦労に老いているのだ。その考えて居る事は何事だろう。
 桶に水が少ないのが心配なんだ。毎(いつ)も夜に入って汲みにやられるのが辛いから、成るべく昼間から、水の切れない様に用心はして置くけれど、今日は余計に客があって、余計に水を使った。

 何うか今夜中、足りて呉れれば好い。此の上に若し水を要する事があっては、大変だと独り気遣(づか)って、絶え間無く主婦の挙動や店先の様子に目を配るのは、小さい心に何れほどの重荷だろう。
 主人手鳴田は帳場に居て、客を相手に頻りに昔、水塿(わーてるろー)の戦争に出た手柄話しをして、

 「私が少佐本田圓(まるし)」を助けた時の危険などは、確かに勲章の価値(ねうち)が有ります。」
などと言って居る。実に嘘ばかりだ。死骸を剥ぐ様な「戦場泥坊」に、何で勲章が下がる者か。彼の妻は此の話を小耳に聞きつつ、竈(かまど)に向かい、蒸し煮(しちゅう)を拵(こしら)えて居たが、余り料理が上手では無いと見え、鍋を焦げ附かせ、
 「オヤ水を差さなければ」
と言って、コップを取って水桶の所に行き、蛇口を捻じった。

 是を見て居た少女小雪はテーブルの下で戦慄した。もう助かる道が無い。愈々(いよいよ)水汲みに行かなければ成らない時が来た。けれど蛇口からは、僅かばかり水が垂れ、女主人の持って居る盃(コップ)が、八分目ほど満ちた。女主人は
 「オヤ水が切れた。」
と呟いたが、汲んで来いとは言わない。多分は言う暇が無いのだろう。直ぐに鍋の所へ引き返して水を差し、鍋の中を掻きまぜた。

 此の時馬屋の方から、客の一人が来て、
 「何うだろう。今夜の暗さは、市(まち)は夜店の灯りが有って、さほどにも思わないが、裏へ出ると真の闇だ。馬も恐(こわ)がって歩く事が出来ないワ。」
と言った。小雪は之を聞いて又身震いした。此の上に若し一人でも客が有れば、何うしても水を汲みに行くのは逃れられない。馬さえも恐がる闇に、木の中の細道を潜り、崖の下まで行くことが出来る者か、

 今の客は又言った。
 「内儀(おかみ)さん、内儀さん、未だ俺の馬に水を遣って無いのだぜ。」
 愈々小雪の運は尽きた。





次(四十八)へ

a:43 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花