巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou64

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.6.3


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   六十四  何者の屋敷 一

 小雪が見上げて居る間に戎(ぢゃん)は、攀(よ)じ登って、また攀じ登り、何やらこうやら塀の絶頂に上った。
 塀の内には何の様な運命が待って居るのだろう。塀の外は、蛇兵太の引き連れる一隊の捕吏(とりて)が一歩一歩近づくのみだ。
 「小雪、小雪」
と戎は塀の上から囁いた。
 「サア、此の縄を両手で確(しっか)と持て、そうだ。そうして顔を外の方へ向けるのだよ。」

 小雪は命ぜられるままに縄に縋(すが)った。直ぐに其の身は空中に吊り上げられた。縋る手の力は弱くとも、脇の下を縛られて居るのだから、落ちはしない。先ず無事に塀の上に達した。
 戎は小雪を抱いて塀の内側を見降ろしたが、ここは外側よりも地が低く、塀の頂辺(てっぺん)が二丈に余る高さと為って居るから到底飛び降りる事は出来ない。けれど幸いに塀に沿って高い木が茂っている。戎は直ぐに塀から木の枝に移った。

 真に際どい所であった。二人の体が木の葉の茂みへ隠れると殆ど同時に、蛇兵太が塀の外に来た。彼が部下を叱る声が雷の様に聞こえる。
 「ナニ、此の町の出口出口に番卒を立たせて有るのだから、外へ出る筈は無い。必ず路地の中へ潜んで居るのだろう。サア捜せ、捜せ、路地は皆行き止まりだから、袋の中も同じ事だ。」

 戎は此の声を聞きつつ樹の枝を伝い、遂に大地へ辷り下った。
 抑(そもそ)も此の塀の内は、何者の屋敷だろう。荒れ果てた様な広い地面に、幾棟か古い大きな家が立って居る。けれど四辺(あたり)が寂(ひっそり)と静まって、人の住む所とは思われない。聞えるのは、唯塀の外の捕吏(とりて)の足音だ。時々は剣が塀に触れる様な音もする。

 大勢がソレ右、ソレ左と叫ぶ様な声もする。勿論聞き分ける事は出来ないけれど、その声の中で、最も高いのは蛇兵太のである。戎は未だ生きた心地はしない。小雪を背に負い、塀の下の樹の影を徘徊したが、少し離れた所に物置かと思われる建物が有る。先ずその中にでも入らなければ、小雪がさぞ寒いだろうと、やがてその所へ行って見ると、壁さえも無い吹き払いの荒れた小屋である。

 ここまで来ると、塀の外の物音は最早聞こえない。此の先を何するかとの思案は、少しも定まらないけれど、先ず小雪を背から下ろして、大地の上に立たせた。折りも折とは此の事だろう。恐ろしい蛇兵太の声の代わりに、何処からか知らないが、戎と小雪とをして、思わずも首垂れて地上に平伏させる様な声が聞こえた。雲の間からでも洩れて来るのだろうか。譬(たと)え様も無いほど優しい声で、天帝の徳を頌(しょう)《文章に綴って褒め讃える》する讃美歌である。

 幾人か幾十人のか、節を揃えて合唱して居る。たとえ天津乙女《天女》の歌でも、こうまで美しくは聞こえないだろう。確かに年若な女達が唱(うた)うのである。遠磯に打つ波の様に空中に響いて、縹渺(ひょうぼう)《ぼんやりとしてかすかな様》の余韻が、疲れ果てた戎の胸に溶けて入る様に感ぜられた。
 真に天楽月中に聞ゆとは是である。

 戎は少しの間平伏したまま、恍惚として身辺一切の事を忘れて仕舞った。唯此の短い幾時の間が、戎に取っての救いである。彼は心の底から、神と交通する様な嬉しさが湧き出でて、身の危うさなど思わなかった。その中に歌は雲の中に入って消えてしまった。
 戎は静かに首を上げて辺りを見廻した。全く目の覚めた心地である。

 今の歌が夢で有ったか真事であったか、それとも疲れた我が神経の業であったか、自ら判断することが出来ない。唯感じるのは、汗の冷たく乾いた身に、寒く夜風の吹いて居るのみである。見れば小雪は早や地の上に眠って居る。オオさぞ寒かろうと、直ぐに自分の外被(うわぎ)を脱ぎ、小雪の身を覆(おお)って、そうして自分は身震いした。

 何が何でも此の様な所には居られない。切めて風の来ない様な、隠れ場所は無いだろうかと、彼は立って捜しに出た。何しろ広い屋敷で、小屋とか物置とか言うべき古い建物が、幾等も有り相に見えるので、其処此処を見廻る中に、重なる建物の後ろに出た。見ると一方の窓から薄明りが洩れて居る。扨(さ)てはここには誰か居るのだ。

 何の様な人かしらと、彼は忍び寄って中を覗いた。中には奥の方に、薄暗く硝燈(ランプ)が点(つ)いて居るけれど、その光が弱いので良くは見えないが、見て居るうちに茫(ぼん)やりと床のうえに異様な姿が見えた。彼はそれを見詰めて、しばらくは眼を離すことが出来ないほどに驚いた。



次(六十五)へ

a:38 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花