巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou7

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.4.7


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

    噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史訳

       七  社会の罪

 戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)の目を醒(さ)ましたのは、夜中の二時であった。彼は寺の時計の音を聞いた。僅かに四時間許かりしか寝なかったけれど、少しの間にぐっすり眠る癖が、牢の中で附いて居ると見える。もう昼間の疲れも無く成って居る。再び眠ろうとしても眠られない。彼には余り寝床が柔らか過ぎるのだ。

 十九年の間、板の間に寝た者には、却(かえ)って寝心の快(よ)く無い所がある。彼は黙然として考えた。無論この家の主人の親切から、食物の旨(うま)かった事まで思い出した。「兄弟」とまで言われて、其の親切を感ぜずに居られようか。

 戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)が、それよりも更に明らかに彼の心に残って居るのは、六枚の銀の皿である。老女が匆々(そうそう)《あわただしく》に之を仕舞った様子をも見た。その仕舞った所をも知って居る。六枚を残らずならば、捨て売りにしても二百法(フラン)以上の物は有る。

 牢の中で十九年稼ぎ溜めた工賃よりも、一夜の間に二倍の稼ぎが出来るのだ。彼は此の様な事を考え、胸の中で計算した。初めは真逆(まさか)に実行しようとは思わなかったが、考えるに従い、益々欲が募った。けれど彼は自分の欲心に抵抗した。簡単には決する事が出来なかった。

 考えて又考え、ついに一時間を過ごした。三時の鐘が又聞こえた。その音が彼の耳に、「働くのは今だ。」と言う様に聞こえた。
 彼は靴のまま寝て居たが、靴を脱いで自分の衣嚢(かくし)に入れた。荷物の革袋から鑿(のみ)の様な物を取り出した。是れは僧正の部屋と自分の部屋との間の、戸を開けるのに用いる積りなんだろう。

 そうして袋は背に負い、全く立ち去る用意を定めて寝台を降りた。先ず忍び足で窓の所へ行き、庭の様子を見ると、薄月の明かりに、塀の何(ど)の辺が、最も乗り越えて逃げ去るのに、都合が好いかとの見当も分かる、彼は再び考えたけれど、もうこうなっては「働く」と言うより外の思案は出ない。

 ソッと僧正の部屋の戸の所に進み、耳を澄ました。彼方に何の物音も無い。確かに主人は眠って居る。彼は先ず戸を押して見た。きっと鑿(のみ)を用いなければ開かない程の錠でも降りて居るかと思ったら、以外にも締まりが無い。戸を押すに従って、音もせずに開いた。彼の身は直ぐに僧正の居間に入った。
  *      *       *   *       *
     *      *      *    *
 抑(そもそ)もこの戎・瓦戎は、何者だろう。彼はこの国の都、巴里府より遠くもない、プライという山里の樵(きこり)の息子で、幼い時に父母を失い、近村へ縁付て居る自分の姉の家へ引き取られて育てられた。所が姉の夫と言うのが又死んで、姉は7人の子供を残されて、寡婦(ごけ)となった。

 子供は上が八歳で、末が当歳の乳呑み子であった。此の時、戎・瓦戎は二十五歳、姉の家は貧しいのだから、自分が稼いで、姉と七人の子を養わなければ成らない事に成った。随分彼は働いた。日傭(ひやとい)にも出れば、道路工事にも雇われ、木挽(こび)きをすれば猟にも出ると言う様な状態で、本当に夜の目も寝ない程に稼だけれど、悲しいかな、資本の無い者には、生活を許さないのが文明と言う、この恐ろしい制度である。日一日に彼れ及び姉の一家は貧苦に迫られた。

 世の常の男ならば、最早多少は村の娘達にも、彼れ是れ言われ、苦しい間にも、又笑ったり楽しんだりする事の有る年頃なのに、彼にはその様な時が無い。暇が無い。女の愛が何かと言う事は彼れの未だ知らない所である。その代わりに彼は七人の子を愛せねば成らない。実の所良くその子等を愛した。

 随分姉が叱る場合などに、影に日向に、庇(かば)いもし、気を附けもした。彼れは陰気な無口な質では有るけれど、多少は深い愛の心を持って生まれた者と見える。
 次の年の冬、甚(ひど)く雪が降り、日庸(ひやとい)に雇って呉れる人も無く、その外の手間仕事も全く絶えて、彼は一家九人と共に飢え、凍えなければ成らない様な有様に陥(おちい)った。

 真にその日稼ぎの人に、悪い天気や不景気の続くほど残酷な者は無い。全く天道が人を殺すのだ。
 或る夜の事、その村に在る其某(なにがし)と言う麪(パン)屋の主人が、昼間売れ残った麪(パン)の片(きれ)などを片付けて居ると、外から窓のガラスを叩き破った者がある。主人は驚いて振り向くと、その破った間から、人の片手が出て、台の上に在る一個の麪(パン)を取るより早く逃げ去った。

 直ぐに主人は飛んで出で、追い掛けて取り押さえたが、泥坊は早やパンを投げ捨て、何にも持って居ないけれど、片手にガラスで切った傷が有って、血が流れて居る。
 勿論弁解の余地は無い。直ぐに警察へ引き渡された。

 是が戎・瓦戎(ぢゃん・ばるぢゃん)である。彼は七人の子の飢えに泣くのを見かね、聞きかね、終に一片の麪(パン)を盗む気に成ったのだ。彼が盗んだのだろうか。将(は)たまた社会が彼に盗ませたのだろうか。

 若し彼にして、麪(パン)屋の主人に打ち明けて、麪(パン)一つ下さいと云ったなら、必ず呉れる所だったのだろう。けれど彼の気質はそれが出来ない。そう打ち明ける質(たち)で無く、又そう口が軽くなかった。

 それが為に到頭正式の裁判に附せられた。取り調べの結果、彼れの家に一丁の猟銃が有った。猟銃は有るけれど鑑札が無い、鑑札が無ければ盗猟者である。盗猟する位の奴ならば、外にも盗罪の有る筈だと認められた。

 元来、鑑札を持たない猟師は、世に幾等も有るけれど、盗猟と為ると甚(ひど)く上の方から憎まれる。それは貴族の猟場や山林を荒らすとの懸念の為である。彼は様々に弁解したけれど通らない。盗んだ麪(パン)も直ぐ投げ捨てたけれど、戸締りの有る家へ乱入して、盗みを働いたと言う箇条に当てられた。

 未遂(みすい)では無い。既に遂げた上に投げ捨てたのだ。遂に懲役五年の刑に処せられた。そうして腰縄で巴里に引かれ、他の多くの罪人と共に数珠繋(つな)ぎに成って、馬車に載せられ、27日の長い道中を経て、ツーロンの獄に送られた。

 その後で姉の一家は何(ど)う成っただろう。それは良く分らないけれど、外に何うも成り様が無い。通例この様な境涯の人達が、成る様に、一家離散して、乞食にもなれば養育院にも入り、尋ねる跡方も無く成ったのだろう。不幸な人を無慈悲に滅ぼすのが、社会の仕組みであるのだから。

 尤(もっと)も母の方は、末の乳飲み子を抱き、巴里に上って下等な製本屋へ雇われ、乞食同様の有様に成って居るのを見受けた人も有るとの事が、風の便りで獄中の瓦戎(ばるぢゃん)に聞こえたけれど、それ切りの事で、後は分からない。この後にも、又とこの話の上へは現れない。

 今でも巴里の牢番を勤めた人で、戎・瓦戎が初めて都に引かれて来た時の様子を覚えて居る者がある。それは戎の様子が、他の囚人と違って居たから、特に目に着いたのだろう。その人の直話に依ると、五十人数珠の様になり、監獄の庭に並んで腰を掛けさせられた中程に、髪の毛の長く延びた男が、身を悶えて泣いて居た。
 
 「アア俺は猟師だ。親の代から山の物を採って、正直に食って居たのだ。この様な重い仕置きに遭(あ)う様な悪人では無い。」
と言い、やがて泣き止むと手を差し延べ、宛(あたか)も背丈の揃って居ない七人の子供の頭を、撫でる様に段々とその手を低くし、口の中で何やら呟(つぶや)いて居たので。扨(さ)ては子供に未練が残って居るのかと、この牢番の慣れた眼には察せられたとの事である。

 だから戎は入獄の後も、罪に合わせて自分の罰が重過ぎるとの念が絶えず、服役の苦しさに付け、次第に人を憎み、社会を恨む心とは成り、機会さえ有れば、牢を出ようと企てた。それが為に、段々刑期が永くなった。

 初めは四年目に逃げ出して二日目に捕らえられ、三年の刑期を増されて八年と為り、その翌年又逃げたが、今度は捕まる時に役人に抵抗したとの罪まで加わって、五年を増され十有三年と為り、次ぎは十年目に又逃げ掛けて又三年を増された。都合で十六年とは成った。

 十三年目に又隙が有ったので最後の逃亡を企てたが、その結果は又三年を附け加えられ、十九年の刑期と為るに終わった。誠に愚かな次第では有るが、憤慨に憤慨が重なって、終には利害など考える事の出来ない様な場合の有る、捻(ね)じけた頑(かたく)なな心に成ってしまったのだ。境遇が人を損なうのだ。

 兎に角も、飢えに迫る子供の為に、一片の麪(パン)を盗み損なった罪が本で、十九年の刑に服した。


次(八)へ

a:47 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花