巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

aamujyou76

噫無情(ああむじょう)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ビクトル・ユーゴ― 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2017.6.15


下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

噫無情    仏国 ユゴー先生作  日本 涙香小史 訳

   七十六  異様な先客

 此の下宿は既に読者が知って居る。曾て戎瓦戎が、手鳴田軍曹の許から少女小雪を引き取って、此の巴里へ連れて来て隠れて居た其の宿である。此の宿から彼れは蛇兵太に追われ、小雪と共に逃げて逃げて遂に尼院(あまでら)に入ったので有った。もう数年を経て居るから、其の頃とは多少様子も違い、番人も代わり、家の位も下がって、安宿同様の格と為って居る。

 丁度守安が下宿した時、異様な先客が隣の一室を占めて居た。それは五十恰好の夫婦と、少々年頃の娘二人、都合四人の一家族で、外に男の子が一人、是は娘の弟だとやら言う事だけれど、外へ乞食に出、多くは軒下などに寝ると見え、一月に一度帰って来る事も有り、来ない事も有る。尤も偶(たま)に帰っても、母が意地悪で直ぐに追い出す程にするので、母の心よりも大通りの敷石の方が柔らかで温かいと言い、直ぐに外へ寝に行くのだ。

 此の様な家族は何所の安宿にも珍しい訳では無いが、主人の様子が何だか薄気味悪い。彼は初めて来た時、入口の番人に向かい、
 「若し誰かが、此の家に伊国(イタリア)人は居ないかと言って尋ねて来たら、それは私だよ。
 又波国人(ポーランド人)はと言って尋ねて来ても私だよ。西班(スペイン)人はと言って来ても私だから。総て私へ取り次いでお呉れ。」
と言った。

 一人の身が伊国(イタリア)人で有って波国(ポーランド)人で有って、西班(スペイン)人であるとは、余りに不思議では無いか。何う見ても正直に世を渡る人では無い。そうして言葉と容体とは全く此の国の人てある。



次(七十七)へ

a:32 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花