巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi12

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第十二回

 我が国では、華族と云えば、何と無く重く貴い様に思われ、平民と言えば、何と無く平凡に思われるが、其の故をどうしてかと考えてみると、是は血筋の違いから来る。血筋は人の身を幸いにし、又不幸にする者である。今、若し自ら華族の血筋を受けたと思って居る人に向かい、御身は華族では無い、実は平民であった聞かせたなら、その人はどんなにか悲しく思う事だろう。

 今、お蓮が愛女(むすめ)お仙に、我が身を正しい者とのみ思い込ませ、我が母を、清い稼業を為す者とばかり思わせて居るのに、若し母の口からして、御身は私生の子であると云ったなら、其の悲しみは如何(どん)なだろう。又御身の母は、世に恥ずかしい「デミモンド」であると、打ち明けたなら、今まで阿(おめ)ず臆せず人前に出ていた身も、人に逢って自ずから顔の赤らむ事と為るだろう。

 我が愛女(むすめ)に、この様な悲しみをさせたくないと思えばこそ、今まで都を離れた田舎に預け、苦しい中から充分の仕送りをして、母の口からは、言うべきで無い偽りを言い、仕立て屋に使われる身であるなどと言って、深く素性を隠して居たのだ。其の心は誠に憐れむべきだ。

 今までは隠して来たが、今は愛女(むすめ)も物心が附いて来たので、少しの事にも疑いを抱き、疑いが高まれば、それと気付くことだろう。この様に思う度(たび)に、我と我が心を責め、人知れず涙に暮れる事も度々あるのに、今又一つ、身に余る苦労と云うのは、愛女(むすめ)が若し綾部安道に心を寄せ、許婚の約束でも結ぶ事があれば、如何したら好いだろう。彼、我が愛女(むすめ)には、最も願はしい婿夫(むこ)ではあるが、若し婚礼の儀を申し込む事になったら、娘の素性、我が身の上を隠し通す事は難しい。如何したら好いだろうかと、思案に余って、有浦に打ち向かい、

 「有浦さん、私は曲者の事より、愛女(むすめ)の事が気に成ります。若しお仙が、綾部さんと思い思われる中と成り、綾部さんから婚礼でも言い込む事に成ったら、何(ど)うしましょう。」
 (有浦)そうだな、アの様子では、既に憎からず思って居る様だから、其の時は、拒(ことわ)るか承知するか二ツに一ツさ。
 (蓮)二ツに一ツは知って居ますが、拒(ことわ)ることが出来ましょうか。

 (有)爾(そう)サネ。一旦母の口から、娘の許(もと)へ、自由に出入りして差し支え無いと許したのだから、其の上で二人が、許婚の約束でもすれば、其許(そこ)が即ち自由結婚と云う者だ。拒(ことわ)る程なら、初めから娘の側へ寄せ付け無いのが当然だ。併し何拒(こと)わるには及ばないだろう。綾部には、父も無し兄弟も無し、所得はアレでも年に二千円[約2千万円]位は有るのだから、お仙嬢の身には、言い分は無い婿夫(むこ)だ。

 (蓮)私も爾(そう)は思いますけれど、若し爾(そう)なれば、私の素性を包む事が出来ましょうか。
 有浦は容赦なく、
 「それは出来ないよ。先ず綾部がお仙を妻にしたいと思えば、第一に私に相談し、且つ其方(そなた)の身の上をも、問い合すに極まって居る。其の時私が何と返事するか、コレが若し懇意の薄い人なら、何とでもその場を言繕って置くけれど、綾部は私の親友だ。軍人の身として、親友を欺く事は出来ない故、止むを得ず、知って居るだけの事は、打ち明けなければならない。」

 (蓮)何と打ち明けます。
 (有)有りの儘(まま)を打ち明けるのサ。彼のお蓮と云う者は是々の稼業で、お仙は是々の娘だと。
 この濁り無い言葉にお蓮ハ驚き、
 「でもそれは余(あま)りですよ。」
 (有)イヤ、是が当たり前だ。一時其の場を言い繕っても、何(ど)うせ後々まで、隠し通す事は出来無い。後で露見するよりは、初めに白状するのが本当だ。

 (蓮)でも白状すれば驚くでしょう。
 (有)驚いても仕方が無い。併しナニ爾(そう)心配するには及ばない。其方(そなた)も私の親友だから、私の口から爾(そう)悪くは言われない。許(もと)より其方が、「デミモンド」に成ったのも、情実止むを得ない次第で、其方の罪と云うのでは無い。又お仙も私生の子とは云う者の、既に妹李(まりい)夫人から、花房の血筋を受けた者と見認られた上は、通例の私生の子とは違うのだ。それに花房家は、英国では伯爵だから、綾部とは其の位が同じ事だ。その様な事まで言って聞かせば、却って先は喜ぶかも知れない。今の貴族は昔と違って随分開けて居るから。

 (蓮)イエ、開けて居るのは都の貴族です。此の辺の方は、矢張り昔気質ですから、実は夫(それ)が頼もしいと思います。愛女(むすめ)も今は十万ポンドの財産が有れば、何所に出しても恥ずかしく有りませんが、只私の身の上が恥ずかしいのです。この恥ずかしい身の上を知らせては、一生娘の頭が上がりません。それが可愛そうですから、死んでもこの事許りは隠します。

 (有)成る程、それも尤(もっと)もだが、併し私も親友を欺く事は出来無いよ。好し好し、それでは斯(こう)しよう。明日にでも綾部が私の所へ来たならば、私は唯僕の口からは何とも返事は出来ないから、君、自分で蔦江女に逢って、聞き給(たま)えと、斯(こう)言おう。斯(こう)言えば、綾部は必ず其女(そなた)の所へ来て、詳しく聞くだろうから、其の時、其方の口から、何とでも気の済む様に言うが好い。私はもう、この事には一切口を出さ無いから。

と双方を思いやるこの言葉も、未だお蓮の心にはしっくり落(お)ちないが、この上言うべき言葉も無いので、唯首を垂れて我が身の儚(はかな)さを嘆くばかり。この時既に、夜の十時になったので、綾部安道は、初めて来た家に、長居するのも礼に非ずと思ったのか、お仙の傍を離れて此方(こちら)に来て、お蓮にも有浦にも、又逢うべき挨拶をして、別れを告げて帰って行った。

 有浦は後に残り、更にお蓮から、何呉れと無く相談を受け、時の過ぎるのも気が附かなかったが、頓(やが)て午前一時の鐘に驚かされ、同じくこの家を立ち出(いで)た。立ち出でて四辺(あたり)を見ると、それで無くても非常に静かな所なのに、更に夜が深(ふ)けて、空さえ曇り、朧(おぼろ)に月影を隠したので、殆ど物凄(すご)い程静かである。

 先程来た道で、一輌の馬車を雇い、帰りに乗ると言って待たせて置いたたので、未だ待って居るだろうかと思い、其所彼所(そこかしこ)見廻すと、半町ほど離れた公園の横手に、角灯の光が見えた。其の光を目当てにして、是に違いないと歩んで行く中、何者かが向うから近づいて来た。我が姿を見て、早くも元の方へ引き返している。

 今宵お蓮から、曲者が此の辺りを徘徊すると聞き、心に掛る折だったので、若しやと思い、透かして見ると、仕事から返る職人の風を装っている。さては是だなと思い、益々目を注ぐ中、件の男は横手に反れたので、知ら無い顔をして通り過ぎ、頓(やが)て馬車の所に行って、其の馬丁(べっとう)に打ち向かい、

 「今方誰か此所(ここ)を通って俺の来た方へ行っただろう。」
 (馬丁)ハイ、行きましたが、彼は泥棒ですよ。手に縄梯子を持って居ましたもの。
 (有)俺も爾(そう)思うが、彼奴(きゃつ)は、若しかしたら、今俺が出た家へ入るかも知れないから、俺が捕えて呉れる。貴様は俺の言う通りに成って居ろ。
 (馬丁)心得ました。

 (有)それでは此の馬車で、公園地の後ろまで遣って呉れ。爾(そう)すれば彼奴(きゃつ)は、誰も居無く成った積りで、必ず仕事に取り掛かるから、其の間に密(こっそ)り向う手へ廻ってやる。
 こうして公園地の後ろに廻り、馬車から下りて馬丁を引き連れながら向う側に廻った。

次(第十三回)へ

a:262 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花