巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi25

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第二十五回

  お仙は猶(なお)も言葉を継ぎ、
 「綾部さん、彼(あ)の阿母(おっか)さんが云ますには、此の頃私に二百万とやらの身代が出来たので、夫(それ)で貴方が私を捨てるのだと申します。本当に爾(そう)ですか。貴方は身代の為に私を捨てますか。私も今二年経てば二十歳と為り、法律とやらで一人前の女と為りますから、其の時には此の身代を捨てて仕舞います。貴方其の時まで待って呉れますか。」

 世間知らずの娘気に、身代を捨てて迄も身を託そうと掻き口説く、此の切なる心には綾部も答える言葉なし。
 (仙)又阿母さんは私が私生の子だから夫(それ)を貴方が嫌うのだと云いますけれど、是も阿母さんの罪では有りません。私の父は、未だ表向きの婚礼をする前に、死亡(なくな)ったと云いますが、何も阿母さんが殺したと云うのでは無し、若死にする人を愛したのは、阿母さんの不仕合せと云う者、少しも恥には成らないでしょう。

 今若し貴方が死にでもすれば、私が貴方を愛した為に、世間で私を賤しみますか。愛する男に死なれる女は幾等も有りましょう。夫(それ)が何で女の恥になりますエ。阿母さんが婚礼する前に愛する男に死なれたからと言って、夫で貴方が愛想を尽かすとは、私には合点が参りません。夫に又阿母さんは花房屋お蓮と呼ばれ、彼(あ)の様な立派な家に住んで、堅気の人には捨てられると云いましたが、是も合点が行きませぬ。花房屋お蓮と言ったら何所が悪いのです。立派な家に住めば何が汚らわしいのです。

ト訳さえ知らず問い責めるのは、猶更(なおさら)に意地らしい。アア花房屋お蓮とは、当時仏国では知らない者の無いデミモンドの名前である。故に汚らわしい。お蓮の財産は総て是、あ人の欲情を幸いとし、媚を売って集めた者である。故に汚らわしい。

 お蓮一たび花房丈次郎を愛した事は恥ではないが、其の死んだ後で、仮令(たと)え貧苦の為とは言え、操を汚してデミモンドに身を落とした故に汚らわしいのだ。今若しこの様な訳を一々に説き聞かせたなら、お仙の悲しみはどんなだろう。差しもの綾部も、これこれ斯(こ)うだとは答える事が出来ず、思案に余って俯(うつむ)くばかり。

 此の時誰やら、外から入り口の襖をを軽く叩く者があった。悪い所へ来られたと、心には思ったが、我が口から、留守だとは断る事も出来ないので、周章(あわて)てお仙を次の間に隠して置き、
 「何方です。」
と云いながら襖を開くと、誰かと思いきや、是も年若い美人である。立派に着飾ったデミモンドである。

 綾部はこの様な美人に尋ねられる心当たりがないので、呆気に取られ言葉さえ出て来なかったが、彼方(あちら)は非常に馴れ馴れしく、
 「貴方が綾部さんですネー、綾部さん、アレ、先ア、何ですネ、其の様な恐ろしい顔してサー、私は此の家の下女や給仕などじゃ有りませんから、敷居の外に立たされるのは嫌ですよ。早く内へ入れて下さいな。」

ト早や無遠慮にも、押し入ろうとする有様なので、綾部は持て余し、
 「イヤ、唯今は来客が有って、お通し申す訳には行きません。」
 (女)アレ、先(ま)、悪(にく)らしい事、空とぼけてサ、貴方、先刻(さきほど)から私の来るのを待って居たではありませんか。
 (綾)コレは怪しからん。
 (女)アア、爾々(そうそう)、初めから言は無きゃ分かりません。有浦さんから茲(ここ)まで来て呉れと、特々(わざわざ)手紙を寄越ししたンですよ。彼(あ)の大尉有浦さんから。夫(それ)で私も大急ぎで来たのです。分かりましたか。

 (綾)ナニ、有浦が貴方を呼び寄せたと。
 (女)爾(そう)ですとも、夫だから来たのですア。何(いず)れにしろ、茲(ここ)では話も出来ません。御免下さい、入りますから。
 (綾)イヤサ、来客が有ると言っているのに。
 (女)来客位が何ですネ。好い加減にして、早くお帰し成さいな。又お客もお客だ。何時までも腰を据えてさ。早く帰れば好いのに。
と益々無礼な此の言葉、若しお仙嬢の耳に入ったならば、嬢は我を何(ど)の様に思ふ事だろうと、綾部は心苦しいこと限りが無かった。

 其の中、女は早くも開げた綾部の手を潜(くぐ)って、室(へや)の中に進み入り、作法も無く長い椅子に身を投げ掛け、
 「ああ早く貴方に逢ひ度いと、大急ぎで来ましたから、もう息が切れて、綾部さん、サその様に睨んでばかり居ないで、茲(ここ)へお掛けなさい。緩々(ゆるゆる)と話しも仕ますから。」
と云いながら綾部の機嫌の悪い顔を見て、

 「オヤ、貴方は私を嫌ふのですか。夫(それ)はお気の毒さま、ナニ情婦(いろ)でも心配する事は有りません。何も私が無理に貴方の女房に成ると云うのでも有りませんから。」
と愈々出て愈々奇怪な此の言葉を、綾部も又ハ許し難いと思い、
 「余り失敬な。」
と言いながら、掴(つか)み出そうとする折も折り、

 次の間で、今まで様子を聞いて居たお仙嬢、今は聞くことでさえ、耐える事が出来ないと、合いの戸張りを掻き開き、此の室(へや)を通って、早や入り口から、出て去ろうとするので、綾部は益々周章(あわ)て、
 「お仙さん、暫く。」
と引き留めるのを振り払い、
 「イエ、通して下さいませ。此様な恥ずかしい目にあってー、貴方には最(も)う愛想が尽きました。」
と云いながら、後をも見ず、忽ち梯子段を降り、去ってしまった。

 此の時若し前に廻ってお仙嬢の顔を見たとしたなら、怒りを帯た眦(まなじり)から、悔し涙が点々と滴(したた)るのを見留める事が出来ただろう。この様に綾部に愛想を尽かせた、此の意地悪い女は何者だ。是も綾部とお仙の間を割こうとする、彼の曲者の為(なせ)る業であるとは、読む者はもう既に推測して居る事でしょう。

次(第二十六回)へ

a:266 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花